ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯の小矯正

2016年12月19日

患者様が治療を希望しておみえになり、お口の中を拝見すると何かしらの原因があって歯の位置が本来の場所から移動してしまっていることが多々あります。

歯と歯の間が虫歯になって一部が欠け、気付かずに放置して手前の歯に後ろの歯が寄ってきてしまったり、かぶせ物が入る前に長期間放置してしまったり、歯が抜けたところに速やかに処置をしなかったりと原因は様々です。

矯正で歯並びをよくすることができるのは歯が移動する力を利用してのことですが、逆に移動してほしくない動きも病気を放置することで起こしてしまいます。

今回は歯のかぶせ物(ブリッジ)を作成する前に仮歯に特殊な筒状の突起をつけてその中に縮むタイプのバネを入れて寄ってきてしまった歯を元の位置に後送りした症例です。

2016-12-19-1

歯と歯の距離より若干長く切ったバネを入れることでバネは伸びようとします。

その力によって歯は少しずつ後ろに動いていきます。

2週間に一度バネを交換し、1か月半ほどかけて歯を動かしていきました。

2016-12-19-3

レントゲンで確認すると右端の歯が斜めになっていたのがまっすぐになったのがわかります。

2016-12-19-22016-12-19-4

このように歯を移動させることで本来の歯の軸の方向に噛み合わせる力がかかるので、かぶせ物とご自身の歯を長持ちさせることができ、さらには清掃しやすい口腔環境にすることができます。

このひと手間が大切なエッセンスなんです!

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る