ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

インプラント周囲炎

2017年05月15日

今回は、インプラント周囲炎について説明させてもらいます。

インプラントはチタンなどでできているため、むし歯にはなりませんが、歯周病のようなものにはなる可能性があります。

インプラントで言う歯周病がインプラント周囲炎といいます。インプラント周囲炎にならないように、ご自身の歯と同じように日々の歯ブラシと定期的な健診が必要になってきます。

それでもなってしまうことがあるためその対応をした患者さんを紹介します。


 

この患者さんは、レントゲン写真の青点線のように骨が溶けてきています。

実際の口の中です。

手術の時の写真なので、真ん中にある丸いもインプラントになります。


 

骨が溶けて、インプラントの上下と右側にスペースがあるのが見られると思います。

この日は、人工の骨を使い再生手術をしました。

 

 


術後1年6か月のレントゲン写真です。

インプラントの後ろ側にあった骨の欠損がなくなっていることが認められます。

1年以上経過したので、このまま骨として安定していくと考えています。

 

 

骨を作る(骨造成)

2017年04月17日

こんにちは!

今回は、インプラント手術のために骨を作った患者を紹介します。

青まるで囲った部分の歯が歯周病でグラグラになったということを主訴として来院されました。

ここを拡大すると、

こんな感じで、青ラインを引いた所が骨のラインになりますので、歯が完全に浮いているのが分かると思います。

抜歯をしたところです。

ごっそりと骨が無いのが分かると思います。

人工の骨を入れて、これで治るのを待ちます。

患者さんの都合もあり1年後には立派な骨ができていました。

手術の際に写真です。

歯ぐきを開けてみるとしっかりとした骨ができていました。

このまま、余計なことをすることなくインプラント埋入手術を行いました。

 

咬み合わせの再構築を行った症例

2017年03月6日

今回はお口の中の、咬み合わせの再構築をおこなったケースです。

 

初診でお越しいただいたときの写真です。

全ての歯にセラミックが被せてあるのですが、それぞれ割れていたり、つぎはぎの状態になっていたら、またゴールドの被せ物の上にセラミックがくっつけてありそれが割れていたり・・・

患者様のお話では、顎の関節の治療で行ってきたそうですが、全体的にいい状態とは言えない事態になっていました。

こちらが初診時のレントゲン写真です。

既に4本のインプラントも入っています。

全体的な治療が必要だったので、細かい資料をとり歯周病の状態も整え、右下の歯のない部分と、右上の5番目の抜歯が必要な部分にはインプラント治療を行っていくことにしました。

治療中は、仮歯を入れて、本当にこの咬み合わせで問題がないどうか確認しながら進めていきました。

前院において、顎関節の治療で被せ物をしてきたということだったので、仮歯の状態で使用してもらい顎関節に症状が出ないことも確認しました。

治療は、決して短い期間で終わるものではありませんでしたが、患者様もしっかりと病態を分かっていただき、熱心に治療に通っていただき、治療を終えることが出来ました。

 

こちらが、治療後の写真です。

安定した咬み合わせを得ることができました。

咬み合わせの再構築といって、咬み合わせを全て作り直すので、非常に治療期間も長く大きなケースでした。

治療は終了ですが、今後はこの状態をできるだけ保てるように、メインテナンスに移っていきます。定期的なチェックをクリーニングをしながら、長く健康なお口の状態を保てるよう精一杯サポートさせて頂こうと思います。

インプラント治療の前の歯周病

2016年10月24日

今回は、インプラントが脱離してきた患者さんの話です。

患者さんはインプラントの所の歯がグラグラするということで来院されました。

20161024-1

単純にインプラントとネジで止めてある土台のネジが緩んだだけだと思い、ねじを締めるために土台を外させてもらいましたが、なんと骨の中のインプラントもグラグラしていました。

 

初診の時には、仮歯の用意もない為、グラグラしたインプラントと土台をネジで止めて終了としました。

 

が、、

数日後に「インプラントがとれた。」という連絡があり来院してただくと、

インプラントと土台と歯の部分が、一塊となり取れていました。

20161024-2

 

この方は、インプラントをしたところとは別の歯に重度の歯周病を起こしており、インプラントの脱離も歯周病が関係しているかもしれません。

 

今年の報告で、インプラントが歯周病の様な病気になってしまうリスクとして、「過去に歯周病にかかったことがあるかないかということが、重いウェイトを占める。」という報告が出ています。

インプラント治療を見越して歯周病治療をするわけではないですが、

インプラント治療をするにしてもインプラント治療にならないようにするにしても、

歯周病の治療というのが大切だということです。

インプラント治療

2016年08月14日

20160814-120160814-220160814-3

 

今回は、奥歯が無い方の紹介です。

写真で見ると咬む力が強そうな方です。

そのような方は、奥歯から順番に壊れていく(歯が割れたりして抜歯となる)ことが多いです。

この方も、奥歯から順番に壊れていっていることが診断できます。

そこで今回は、そんな奥歯に部分入れ歯ではなくインプラント治療を選択しました。

部分入れ歯では、残っている歯にバネを引っ掛けないといけないので、

バネを引っ掛けた歯に部分入れ歯の負担の一部がかかってきてしまいます。

そのような意味でもインプラント治療を選択していただきました。

治療期間は上下左右の奥歯を治療した関係で1年6か月かかりましたが、しっかり咬んでいただける歯ができました。

20160814-420160814-5

長い時間をかけて壊れてきたものを治すということも、また長い治療期間がかかってしまいます。

なので、今後はそうならないようにメインテナンスでしっかりお付き合いをさせていただきたいと思います。

インプラント治療の選択

2016年07月11日

こんにちは、今回はインプラント治療を紹介します。

歯が1本無くなったとき、どのように無くなった歯を補いますか?

ブリッジ、部分入歯、インプラント

どの方法でも無くなった所に歯を補うという目的は達成させれますが、全ての方法で利欠点があります。

歯が無くなったらすべてインプラントが良いわけではないですし、全てブリッジが良いわけでもないです。

そのような説明をしたうえで、今回はインプラントのほうが有利と考え、患者さんもそれに同意して頂けたのでインプラント治療を進めました。

20160711-1

上の写真は、1本歯がないだけではなく、奥の歯には亀裂が入っていたりします。

また、ブリッジの場合にはぐるっと全周を削らなければいけないです。

20160711-2

インプラント手術をしたところです。

今回の術式では、腫れる事も無く、痛みも出なかったと言っていただけました。

20160711-3

最終的な人工の歯が入ったところです。

今後は、上手くインプラントと付き合っていってもらえるように、

病院として関わっていきます。

部分矯正とインプラント治療

2016年05月30日

20160530-1

こんにちは。

今回は、部分矯正とインプラント治療を行った方を紹介します。

矢印の部分は約10年前に本院でブリッジ治療をしています。

今回、ブリッジの脚の部分として支えてきた前後の歯が両方とも虫歯になってしまったため、上記のような治療プランを提案しました。

 

20160530-220160530-3

まずは、ねじれていた歯をねじれを取るように部分矯正で治療していきます。

20160530-420160530-5

矯正をするためには、綱引きの原理がいるのですが、今回は後ろに1本歯がないため、この部位にインプラント治療をさせてもらい、このインプラントを使ってさらに部分矯正を進めていきます。

20160530-620160530-7

部分矯正とインプラント治療が終了したところです。

上の歯とのかみ合わせのため、ゆがんだ歯の列で終わっています。

20160530-8

奥歯のインプラント治療+部分矯正~名古屋市中村区の歯医者・歯科

2015年12月25日

今回はインプラントによって治療を行った患者さんを紹介します。

13806_240402

上の写真の患者さんは何年も前に虫歯が原因で奥歯がなくなり、来院されるまでそのままの状態でした。

長期間この状態で放置されていた影響で歯を入れるスペースが不足していたため、インプラント治療を行うにあたり部分的な矯正治療も一緒に進めていくこととしました。

まずインプラントの土台を骨に埋める手術をおこなった後、

13806_240410

部分的に矯正治療を行い、

13806_262663

最終的な被せ物を入れて治療を終了しました。

IMG_4154

歯を失った場合の治療法はいくつかあります。

そのなかで今回選択したインプラント治療は、費用・期間がかかりますが様々なメリットが得られます。

歯を失ってお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

インプラント治療の流れ ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年05月11日

インプラント治療の流れについて紹介します。

 

歯を抜いて6ヶ月が経ったところです。

これからインプラントの手術。

手術用ガイドがあるため、手術時間は30分。

以前に比べてとっても手術時間が短くなりました。

手術後2ヶ月経ったところ。

まずは、インプラント体にコネクトする形の仮歯を作り、日常生活で使ってもらう。

この時点で、不都合なところなどは修正して、最終的な被せ物へ移行していく。

インプラント仮歯といわれるもの。

インプラント仮歯が問題なければ、最終的な歯を作っていく。

上の写真は、被せ物をするための土台をインプラント体にネジ止めしたところ。

最終的な被せ物が入ったところ。

セラミックの被せ物をセメントで土台にくっつけています。

 

今回は、インプラントの流れについて紹介しました。

インプラント治療は時間がかかります。

別の治療を上手く組み込む事によって、時間的ロスを少なくすることができます。

インプラント治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年04月20日

こんにちは

今回はインプラント治療を受けたい、全体的に診て欲しい

ということを主訴に来院された方の紹介です。

初診時の状態はこのような状態。

歯が抜けているところがところどころあり、被せ物の状態もあまりよくありません

歯周病も深刻だったのでまずは歯周病の治療を行いました。

そして残せない歯を抜き、合いの悪い被せ物を取り

仮歯をつけて根っこの治療のやり変えを行っていきました。

その後上顎にインプラントを埋入していき、その際骨の厚みを増やすため

上顎洞底挙上術という特殊な手術も並行で行いました。

その様子はこちらです。

それからインプラント部は仮歯を作ってかみ合わせ等を作っていきます

上の前歯部、左下の奥はGBRという骨を作る手術を行い

半年ほど待って左下の奥からインプラントを埋入。

こちらも仮歯をいれていきます。

そして同様に前歯もGBRを行った部分にインプラントを埋入し仮歯を入れていきました。

そしてかみ合わせの状態を評価しながら

残った下の前歯にセラミックの被せものを入れ

インプラント部の仮歯を最終的な被せ物にして治療終了としました。

約4年でここまで変わりました。

患者様は見た目も良いししっかり咬めますととても満足されていました。

このように全体的に診て欲しいということがありましたら

是非ご相談下さい

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る