ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

インプラント周囲炎

2017年05月15日

今回は、インプラント周囲炎について説明させてもらいます。

インプラントはチタンなどでできているため、むし歯にはなりませんが、歯周病のようなものにはなる可能性があります。

インプラントで言う歯周病がインプラント周囲炎といいます。インプラント周囲炎にならないように、ご自身の歯と同じように日々の歯ブラシと定期的な健診が必要になってきます。

それでもなってしまうことがあるためその対応をした患者さんを紹介します。


 

この患者さんは、レントゲン写真の青点線のように骨が溶けてきています。

実際の口の中です。

手術の時の写真なので、真ん中にある丸いもインプラントになります。


 

骨が溶けて、インプラントの上下と右側にスペースがあるのが見られると思います。

この日は、人工の骨を使い再生手術をしました。

 

 


術後1年6か月のレントゲン写真です。

インプラントの後ろ側にあった骨の欠損がなくなっていることが認められます。

1年以上経過したので、このまま骨として安定していくと考えています。

 

 

咬み合わせの再構築を行った症例

2017年03月6日

今回はお口の中の、咬み合わせの再構築をおこなったケースです。

 

初診でお越しいただいたときの写真です。

全ての歯にセラミックが被せてあるのですが、それぞれ割れていたり、つぎはぎの状態になっていたら、またゴールドの被せ物の上にセラミックがくっつけてありそれが割れていたり・・・

患者様のお話では、顎の関節の治療で行ってきたそうですが、全体的にいい状態とは言えない事態になっていました。

こちらが初診時のレントゲン写真です。

既に4本のインプラントも入っています。

全体的な治療が必要だったので、細かい資料をとり歯周病の状態も整え、右下の歯のない部分と、右上の5番目の抜歯が必要な部分にはインプラント治療を行っていくことにしました。

治療中は、仮歯を入れて、本当にこの咬み合わせで問題がないどうか確認しながら進めていきました。

前院において、顎関節の治療で被せ物をしてきたということだったので、仮歯の状態で使用してもらい顎関節に症状が出ないことも確認しました。

治療は、決して短い期間で終わるものではありませんでしたが、患者様もしっかりと病態を分かっていただき、熱心に治療に通っていただき、治療を終えることが出来ました。

 

こちらが、治療後の写真です。

安定した咬み合わせを得ることができました。

咬み合わせの再構築といって、咬み合わせを全て作り直すので、非常に治療期間も長く大きなケースでした。

治療は終了ですが、今後はこの状態をできるだけ保てるように、メインテナンスに移っていきます。定期的なチェックをクリーニングをしながら、長く健康なお口の状態を保てるよう精一杯サポートさせて頂こうと思います。

ピンク色の歯ぐきに  ガムピーリング

2017年01月23日

今日のお話は歯ぐきの色を美しいピンク色にできる治療についてです。

お肌のピーリングってお聞きになったことありますか?古い角質を一層薬液で溶かしてお肌のきめを整え、健康な新陳代謝を促す方法です。

実はこれ、歯ぐきでも同じことができるんです。

歯ぐきの黒ずみを気になさっていた患者様。

黒ずみの原因はメラニン色素です。

この黒ずみはほくろができやすいなど先天的な要因を持つ方やご自身で喫煙なさる方によく見受けられますが、最近では副流煙の影響によっても発生するといわれています。

せっかく白い歯でにっこり笑っても歯ぐきの黒ずみにより口元の印象は暗いものとなってしまいますよね。

そこで歯科医院で行うガムピーリング!

ガム(GUM)とは英語で歯ぐきのこと、それを薬液で一層生まれ変わらせることで健康的な美しい歯ぐきにすることができます。

今回は上の顎の歯ぐきのみをピーリングされ大変満足されました。

今後また下の歯ぐきもきれいにしたいと楽しみにされていました。

歯の小矯正

2016年12月19日

患者様が治療を希望しておみえになり、お口の中を拝見すると何かしらの原因があって歯の位置が本来の場所から移動してしまっていることが多々あります。

歯と歯の間が虫歯になって一部が欠け、気付かずに放置して手前の歯に後ろの歯が寄ってきてしまったり、かぶせ物が入る前に長期間放置してしまったり、歯が抜けたところに速やかに処置をしなかったりと原因は様々です。

矯正で歯並びをよくすることができるのは歯が移動する力を利用してのことですが、逆に移動してほしくない動きも病気を放置することで起こしてしまいます。

今回は歯のかぶせ物(ブリッジ)を作成する前に仮歯に特殊な筒状の突起をつけてその中に縮むタイプのバネを入れて寄ってきてしまった歯を元の位置に後送りした症例です。

2016-12-19-1

歯と歯の距離より若干長く切ったバネを入れることでバネは伸びようとします。

その力によって歯は少しずつ後ろに動いていきます。

2週間に一度バネを交換し、1か月半ほどかけて歯を動かしていきました。

2016-12-19-3

レントゲンで確認すると右端の歯が斜めになっていたのがまっすぐになったのがわかります。

2016-12-19-22016-12-19-4

このように歯を移動させることで本来の歯の軸の方向に噛み合わせる力がかかるので、かぶせ物とご自身の歯を長持ちさせることができ、さらには清掃しやすい口腔環境にすることができます。

このひと手間が大切なエッセンスなんです!

セラミック治療

2016年12月12日

こんにちは

今回はセラミックによる被せ物の紹介です。

この方は向かって左側の下の奥歯

(奥から3つ目の部分的に白く写っている歯)の治療を希望されていました。

まだ神経が部分的にしかとられていなかったため

まず根っこの治療を行いました。(その後親知らずは抜歯)

 

そして問題ないことを確認し

セラミックの被せ物をセットしました。

こちらが削った状態です。

セット後です(下の写真の右から2番目の歯になります)

このように見た目も自然で

その後虫歯になりにくいセラミックをお勧めしております。

 

セラミック治療

2016年12月5日

こんにちは!

今回はセラミックを用いて銀歯を治療した症例です。

20161205-1

このように左右に銀歯が入っています。

銀歯のデメリットとして、

治療をしても虫歯になりやすい

金属アレルギーの心配がある、などがあります。

順番に治療をしていきました。

20161205-2 20161205-3

治療が終了しました。

セラミック治療は銀歯と比較して虫歯になりにくいのが

最大のメリットだと思います。

是非一度ご相談ください。

重度歯周病

2016年11月28日

今回は、重度歯周病の患者さんを紹介します。

20161128-1 20161128-2

初診時の下の歯の写真とレントゲンです。

上の歯は歯周病が進行しすぎていて残すことができず、最終的には全ての歯を抜歯することになりました。

しかし、下の歯は本院の衛生士の力によって、右下以外は残すことができました。

20161128-4 20161128-5

歯周病治療が終わったところの写真です。

先ほども話しましたが、上の歯と下の歯の右側は抜歯となってしまったため、インプラントに置き換わっていますが、残すことができた歯も多かったと思います。

しっかり治療に通って頂ければ、きちっと治っていきます。

 

今後は、この状態を維持して頂くために、定期健診でメインテナンスをしていきます。

お薬と歯周病

2016年11月14日

今回は重度歯周病の方で高血圧の薬を服用してみえる方のケースのお話です。

50代男性で歯ぐきの腫れを訴えて来院されました。

全身的な疾患として高血圧症があり、内科で処方された降圧剤を数年間に渡って服用されていたとのことでした。

歯ブラシをするたびに歯ぐきから血が出るとのことで、お口の中を拝見すると歯ぐきがブヨブヨと腫れあがり、歯と歯の隙間を埋めてしまうくらいになっていました。

歯ぐきは赤みを帯びていて少し触るだけですぐに出血してしまう状態でした。

2016-11-14-1

歯周病ではこのような症状が認められますが、もう一つこの方の場合は大きな問題が潜んでいました。

降圧剤はいろいろな種類が存在しますが、服用されていたものがカルシウム拮抗薬という種類の降圧剤で、この種類のお薬には歯肉増殖という副作用が見られることがあります。必要以上に歯ぐきが腫れあがり、お口の中の清掃性を悪くしてしまうのです。

すべての方で認められるわけではありませんが、副作用による歯肉増殖は歯周治療を困難にし、治療効果も減弱させてしまいます。

2016-11-14-2

この患者さまの内科主治医と相談の結果降圧剤の種類を変えていただき、ナディア式最新歯周治療を受けていただくことでここまで歯ぐきが改善しました。

降圧剤だけでなく、抗てんかん薬、免疫抑制剤でも同じような副作用が認められることが知られています。

 

上あご総入れ歯(義歯)の作製~名古屋市中区の歯医者・歯科

2015年12月21日

今回は、上の総入れ歯が割れて来院され、新しく作製した症例です。

20151221-1 20151221-2

このように真ん中で二つに割れており、入れ歯の歯の部分もかなりすり減っています。

まずはこの入れ歯修理して、新しく作製させていただくこととなりました。

20151221-3

20151221-4

お口の中は上あごが総入れ歯、下あごにはご自身の歯が残っている状態です。

下図の上あごの模型では、入れ歯を支えている骨がかなり吸収していることが分かります。

また、上あごの前歯の部分の歯ぐき柔らかい状態です。

こういった、上だけ総入れ歯、骨が少ない、前歯の歯ぐきが柔らかい、といった条件では

総入れ歯を安定させることがかなり難しくなります。

 

まずは上下の型取りをして模型を作製し、上下の咬み合わせを決定します。

こういった症例では、咬みあわせを決定し、どこに入れ歯の歯を並べるかがとても重要となります。

20151221-5

20151221-6

入れ歯の試適(仮合わせ)を行っています。

上図が修正前、下図が修正後です。時には、上図のように油性マジックで線を引いて歯の位置の修正を行います。

また、入れ歯の奥歯を内側に入れて、入れ歯が安定するようにしています。

20151221-7

20151221-8

上図が修理した古い入れ歯、下図が作製した新しい入れ歯です。

入れ歯は作製完了した時点で6割完成、あとの4割は使いながらの微調整です。

このように、入れ歯を作製するといっても、画一的に出来るものではなく、

それぞれ口の中の状態に合わせた入れ歯の作製が必要です。

入れ歯でお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。

矯正後にインプラント治療を行った症例 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2009年10月19日

今回は 矯正後にインプラント治療を行ったケースを紹介します

初診時年齢24歳の女性の方です。小学生の時から、前歯が出ていることが気になっていましたが、

装置が全面に出ることが嫌で治療を迷っていたそうです。今回は裏側からの矯正法を知って来院されました。

下の写真が、初診時の写真です。上の顎に2本乳歯が残っていて 上の前歯が出っ歯になっています。

下の顎にも1本乳歯が残っています。(下の写真の緑の矢印が乳歯です)

このように、乳歯が永久歯に置き換わらず、残っている方がいらっしゃいます。

(後にはえてくるはずの永久歯が存在しなかった等の理由で)

この方のように、乳歯の生え変わりの時期を超えていてもある程度長くもつのですが、やはり乳歯はもともと「抜ける運命」にある歯なので、歯の根が短く、恐らく一生はもちません。

このようなことを考慮して、矯正の診断を行った結果、

上の顎の左右の乳歯を抜き、そのスペースを使って前歯を引っ込めることとしました。

(矯正では、スペースを作るために永久歯を何本か抜く場合がありますが、今回はその代わりに乳歯を抜くことにしました)

下の顎の乳歯も、やはりこれ以上もつ状態ではなかったため、矯正後にインプラント治療を行うこととしました。

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例インプラント 矯正歯科 名古屋 症例インプラント 矯正歯科 名古屋 症例インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

下の写真は矯正中(インプラント埋入直後)の写真です。

上の顎に残っていた乳歯のスペースは閉じて前歯の出っ張り感はなくなっています。

下の顎では、乳歯を抜いたスペースに、インプラントを植えました。

写真はその後のものです。(下の写真、矢印部分がインプラント部です)

見えているのはインプラントのキャップの部分で、インプラントに粘膜が被らないようにしています。

幅はその後の歯の大きさを考えて約7ミリ以上を保つよう、矯正のワイヤーにオープンコイルというコイルを入れ、隙間が閉じないようにします

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例 インプラント 名古屋 症例

下の写真は同じく矯正中で インプラント部は仮歯になっています。

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例 インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

インプラントの部分は仮歯の状態で矯正治療を終了しました。

下の写真は矯正終了後の写真です。矯正治療期間は2年2ヶ月でした。

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例 インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例 インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

さて、矯正治療が終わり、ここからはインプラントの最終仕上げです。

インプラント部分を最終的なかぶせ物に替えていきます

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例 インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

上の写真は、インプラントの部分の写真です。

真ん中に見えているのが、インプラント体です。(チタン製のスクリューが入っています)

右の写真は、内冠といわれる接合部を入れたところ

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

そしてこれがインプラントの最終のかぶせ物を入れた後の写真です。

インプラント部にセラミックの被せものが入りました。

下の写真が、全ての治療が終わったときの写真です。

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例 インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

インプラント 矯正歯科 名古屋 症例

 

1本のインプラントを用いましたが、残っていた乳歯を抜いたスペースで歯並びを整えたことにより、永久歯だけの予知性の高い安定したお口の中となりました。

矯正治療にインプラント治療を併用したことにより、最小限の侵襲で、このような結果を得ることがでしました。

矯正だけではなく、インプラント、一般治療、一人の患者さんのお口の中には、たくさんの種類の治療が必要になる場合があります。

それらを担当する、ドクター同士が密に連携をとることが重要だと感じさせられる、一例でもありました。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る