ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

咬み合わせの再構築を行った症例

2017年03月6日

今回はお口の中の、咬み合わせの再構築をおこなったケースです。

 

初診でお越しいただいたときの写真です。

全ての歯にセラミックが被せてあるのですが、それぞれ割れていたり、つぎはぎの状態になっていたら、またゴールドの被せ物の上にセラミックがくっつけてありそれが割れていたり・・・

患者様のお話では、顎の関節の治療で行ってきたそうですが、全体的にいい状態とは言えない事態になっていました。

こちらが初診時のレントゲン写真です。

既に4本のインプラントも入っています。

全体的な治療が必要だったので、細かい資料をとり歯周病の状態も整え、右下の歯のない部分と、右上の5番目の抜歯が必要な部分にはインプラント治療を行っていくことにしました。

治療中は、仮歯を入れて、本当にこの咬み合わせで問題がないどうか確認しながら進めていきました。

前院において、顎関節の治療で被せ物をしてきたということだったので、仮歯の状態で使用してもらい顎関節に症状が出ないことも確認しました。

治療は、決して短い期間で終わるものではありませんでしたが、患者様もしっかりと病態を分かっていただき、熱心に治療に通っていただき、治療を終えることが出来ました。

 

こちらが、治療後の写真です。

安定した咬み合わせを得ることができました。

咬み合わせの再構築といって、咬み合わせを全て作り直すので、非常に治療期間も長く大きなケースでした。

治療は終了ですが、今後はこの状態をできるだけ保てるように、メインテナンスに移っていきます。定期的なチェックをクリーニングをしながら、長く健康なお口の状態を保てるよう精一杯サポートさせて頂こうと思います。

マイクロスコープによる精密再根管治療|ラバーダム|名古屋・栄の歯医者・歯科

2016年03月22日

今回は自費での根管治療を行った患者さんを紹介します。

当院へは、他院で治療が困難といわれた鈍痛のある奥歯の根の治療を希望して来院されました。

ブログ用テンプレート横1

CTやレントゲン写真の診査の結果、神経のない奥歯2本の根の先に膿が溜まっている状態でした。

当院では根管治療(根っこの治療)の成功率を上げるため、保険治療では用いない様々な器具や薬剤を使用した自費根管治療も行っています。

まずマイクロスコープという顕微鏡を使って根の中の状態を診査します。

ブログ用テンプレート横2

今回の患者さんは、レントゲンではわからなかった未治療の管が存在しました。マイクロスコ―プにて治療を進め、レントゲンで再度根の形態を確認しました。

ブログ用テンプレート横3

ブログ用テンプレート横6

症状がなくなったことを確認した後、バイオセラミックという再感染のリスクが少ない材料で根の中を緊密に詰めて根管治療を終了しました。

ブログ用テンプレート横5

当院では根管治療に関しての資料もお渡ししていますので、興味のある方はお声かけ下さい。

 

セラミック治療

2016年02月8日

 

今回紹介する患者さんは、奥歯の10年以上前に治療した銀歯に虫歯で穴が空いている状態でした。下の写真の矢印の箇所です。

20170215

現在歯科の治療では、以前にはなかった様々な新しい材料が使用されています。しかし、保険の銀歯は何十年も前から変わらない材料が使われており、この銀歯の再治療がとても多いのが現実です。

この再治療を極力減らすため、現在虫歯の治療でおすすめしている材料がセラミックです。

自費での治療となりますが、保険の制約がないため詰め物をする際に必要な接着材も今ある材料で最も優れたものを使用することが出来ます。

今回の患者さんはセラミックによる治療を選択されました。

まず古い金属を外し、虫歯を削って形を整えます。

20160215-2

その後型どりを行い、出来上がったセラミックを装着しました。

20160215-3

セラミックを用いた治療に興味のある方は一度お問い合わせ下さい。

セレック(CAD/CAM)セラミックの詰め物(作製編)~名古屋栄の歯科・歯医者

2016年02月1日

こんにちは!

今回はセラミックの詰め物がどのように作られているかをご紹介します。

2015_2_1_1

口の中の型取り後に模型を作製し、それをコンピュータで3Dスキャンし、

コンピュータ上で詰め物の設計を行います。

2015_2_1_2

今回はe-maxと呼ばれるセラミックのブロックを

2015_2_1_3

こちらの機械にセットすると、あとは設計した詰め物になるように自動的に削ってくれます。

2015_2_1_4

削った詰め物に色を塗り、研磨をして完成です。

最近は3Dプリンタの精度も向上してきて、

設計したものがプリンタのように印刷されて出てくる!ようになるかもしれませんね。

賀正

2016年01月1日

20160101-1 20160101-2

あけましておめでとうございます。

旧年中は、数ある歯科医院の中から、本院を選んで治療に通って頂きありがとうございました。

写真の方も、しっかり通院して頂けた結果、とても喜んでいただけました。

本年も、患者様に喜んで頂ける治療を目指して、チームナディア一丸となり邁進してまいります。

本年も、宜しくお願い致します。

前歯の部分矯正とセラミック治療~名古屋の歯医者

2015年11月30日

前歯の被せものをきれいにやり替えたいとのことでご来院された患者様のご紹介です。

写真のように向かって左側の前歯に金属に陶器(セラミック)を焼き付けた被せものが入っており、歯茎の際には金属色が見えてきており色調も調和していない状態でした。

20151130-2

さらに下の前歯の並びが不整なことで上の前歯との当たりが強く、せっかく上の前歯の被せものの治療をしてもそれを割ってしまうような力がかかる可能性が考えられました。

20151130-3

 

そこで下の歯を前歯のみ矯正し、凸凹を無くし、上の被せものを行う治療計画となりました。

矯正は数本といえどもあまり強い力でぐいぐい動かしてしまうと、歯や周りの骨に大きな負担がかかる上、かえってスムーズに動かなくなってしまいます。矯正治療を進める4~6か月の間に上の被せものの神経の治療のやり直しを行い、歯の色を明るくするためのホワイトニングも行っていきました。

20151130-220151130-620151130-5

治療前と治療後の比較です。

下の前歯の歯列不整がなくなり、上の前歯も向かって右上の健康な歯との色調、形、大きさも調和が取れ美しい口元になりました。

オールセラミックで治療しているので歯茎の周りに金属色がでることもありません。

装着から4年、見た目も変わらず患者様は大変喜んで下さいました。

 

 

ナディアパークデンタルセンター治療症例集を新設致しました。 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年02月26日

ナディアパークデンタルセンター治療症例集を新設致しました。
今後ともよろしくお願い致します。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る