ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

ホワイトニング ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年12月26日

今回は、ホワイトニングをご紹介します。

ホワイトニングは、その名の通り、歯を白くしていく方法です。

患者様それぞれの歯に合わせたマウスピースを作り、そこにホワイトニングの薬剤を入れ

2週間、自宅でホワイトニングを行う方法です。

下の二枚の写真を比べて下さい。

左がホワイトニング前、右がホワイトニング後です。

パッとお口元が明るいイメージになります。

ホワイトニングは歯を削ることなく、白くする方法なので、歯にも優しい治療です。

年末年始人に会う機会が多いので、ホワイトニングで明るい印象を手に入れてはどうでしょう??

 

 

 

矯正で歯を残す!! ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年12月22日

 

今回は、いきなり写真からです。

銀歯が取れたということで来院されました。

青矢印の所から虫歯になっており、虫歯を取っていくと歯が歯ぐきに埋まってしまいました。

 

この場合、

①体の生理的ルールは考えずに、無理やり型どりをして被せものを作る

②歯の保存をあきらめて、歯を抜く

③歯を保存するために、矯正したり外科的なことをしたりする

 

上記のどの治療方針が正解で、どの治療方針が不正解ということはないので、患者様との相談によって治療方針が決められます。

 

今回は、反対側の同じところにインプラントを使った関係で、『こちらサイドは可能であれば歯を保存していきましょう』ということで治療がスタートしました。

 

 

上の写真は、矯正で歯を引っ張り上げているところです。

 

矯正で歯を引っ張り上げておいてから、外科で歯茎のラインを整えて、最終的な被せものをしていきます。

 

   

 

上の写真の左側は外科をする前の状態です。右側は外科処置後になります。

 

この外科処置後、歯茎がしっかり治癒するのを待ってから、最終的な被せものの型どりをしました。

 

 

 

上の写真は、2年経ったころの写真です。

最初来院された時は、虫歯になっていた青矢印の所も、被せものをきれいに入れることができたことによって、

被せものの周りの歯茎の健康も維持されています。

 

歯を適正に残すことによって、歯の周りの健康も維持されます。

インプラント VS ブリッジ ② ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年12月5日

  

 

こんにちは、今回は写真から見ていただこうと思います。

 

昔に入れた金のブリッジが入っています。

金は軟らかく、現在でも優れた歯科材料の一つだと思いますが、

現在では金属を使わない『メタルフリー』治療が可能になっています。

 

ブリッジなどの強度が必要なものでも、金属を使わずに歯を作ることができます。

 

上記の患者様は、金のブリッジからインプラントを使用するか?再度ブリッジにするか?

治療方針は大きく2つ考えました。

ただ、どうしても時間との関係で「インプラントではできない」ということになり、

今回はオールセラミックブリッジで治療をさせてもらうことになりました。

 

オールセラミックブリッジに変えるにあたって、ダミー部分の歯茎との接触部分を

あたかも普通の歯のように歯茎から生えているように見せようと

何度も仮歯で調整した後に、型どりをしております。

 

    

 

左右の写真の青矢印の部分がダミー部分になります。

 

このような形態にすることによって、見た目というよりも清掃性の向上が期待できます。

 

     

     

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る