ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミック治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年04月28日

今回は、下の写真にある、銀の歯をセラミックに変えたいということでお越しになられた患者様の症例です。

下の左の写真、矢印が付いた3本の歯が、今回治療を計画した歯です。

矢印の歯の奥、写真の中で一番奥にある親知らずは虫歯になっていたので、抜歯をさせて頂き、その前の金属の被せものは根の治療をしました。そしてその上にメタルボンドという金属にセラミックを焼き付けた被せものを入れました。

2本の歯は、CERECというシステムを用いてこちらもセラミック治療を行いました。

(CERECも、当院では溝の部分に色を付け、艶出しの工程を行ってより美しく仕上げるようにしています)

少し、撮り方が違うので、分かりにくいかもしれませんが、右が術後の写真です。

セラミックでの修復は、主に使うセメントが違う事から、虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

それだけでなく、見た目も自然な歯の色になるので、とても明るく清潔感のある印象になりますね。

患者様もとてもよろこんでみえました。

興味がある方は、どう気軽にお尋ねください。

 

オールセラミック治療(アルミナ)ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年04月27日

この患者様は左上の前から2番目の歯(矢印の歯)の変色が気になるとのことで来院されました。

歯の変色を改善する方法としては、ホワイトニング、漂白、被せもの等の方法がありますが、今回のケースでは被せものによる治療が適応です。相談の結果、オールセラミックのよる治療を行うこととなりました。

今回用いたのは、アルミナという酸化アルミニウムを主成分とするセラミックを使用しました。

アルミナは比較的透過性が良いため、セレック・e.maxと並んで前歯の治療で用いられることが多いです。

セラミックにも多様な種類があるため、それぞれの性質をよく考慮して選択していきます。

審美CR(コンポジットレジン) ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年04月16日

今回は、前歯の治療を紹介します。

 

「以前、前歯の治療をした部分が周りと合わなくなり見た目が汚く見える」と言う事で治療をする事になりました。

 

この歯の形も一緒に変更するような治療プランを立てました。

 

 

1回目の治療では、虫歯になっている個所を取り除き下地の色のCR(コンポジットレジン)でのみで歯の形を整えてあります。

この状態で、患者さんと歯の形について相談の上、形を修正し2回目のCRでの色合わせに進んでいきます。

歯は治療をしているうちに乾燥してきてしまい、本当の歯の色よりも白くなってきてしまうので、

2回目の治療は後日再予約を取っていただきました。

 

2回目の治療時には、来院されたらすぐに参考になる歯の色を見させていただき、

上記の写真とは別に、色見本と一緒に写真を撮ったものを参考にCRにて色を作っていきます。

 

  

左が1回目の治療終了時で、右が2回目の治療終了時です。

 

下の写真が、治療前後の正面から見たところです。

  

この治療の利点は、ほとんど歯を削らないという事ですが、

逆に欠点は、時間経過とともに変色してきてしまいます。

変色したところは、研磨や再治療にて対応していきます。

オールセラミック治療(ジルコニア・セレック)ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年04月9日

今回は、古くなって合いが悪くなった金属の被せものを、セラミックを用いて再治療を行った症例です。

下の写真は、術前の写真です。

この患者様は、歯周病治療をメインに行ってきました。

上の歯の金属の入った部分、ここに段差があり、いつも汚れが溜まりやすい状況になっていました。

これでは、いくら歯石を時間をかけて取らせていただいても、すぐに汚れが溜まってしまい、なかなか歯周病が改善しません。

そこで患者様にご相談させていただき、被せものを清掃性の高い被せものにやる変えることにしました。

カウンセリングの結果、被せものはセラミックで行っていくこととなりました。

セラミックの治療は、現在のところ、保険適応外となってしまうちりょうなのですが、そのメリットは大きく、

セラミック自体がとても安定した材料のため、周りの歯茎などに対してとても優しい材料です。

また、金属等に比べると、表面がとても滑らかなため、汚れが付きにくく、その点からも歯周病をお持ちの方には

とても適した材料と言えます。

 

 

上の写真が、セット後の写真です。

左の写真で、矢印で示した3本がセラミックの治療をした歯です。

右の写真がかみ合わせの面を撮った写真です。

一番奥の(画面で左)の歯は、セレックという部分的な詰め物で、その他の2本に関しては、歯ぎしり傾向の強い方でしたのでジルコニアという物を用いたせたミック治療を行いました。

治療後、この部分は、もちろん段差が無くなってお掃除がしやすくなっただけでなく、汚れも溜まりにくくなりました。

歯周病治療もおわり、今はしっかりとメインテナンスに通って頂いております。

今後も健康なお口の中が保てるよう、全力でサポートさせていただきたいと思います。

セレック・e.max サンプル ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年04月5日

今回は、以前ブログの記事で紹介したセレック、e.max のサンプルについてです。

下の写真は、セレック、e.maxとも、削り出しの工程順に並べたものです。

これは、受付前の棚に提示してありますので、手に取ってご覧いただけます。

また、セレックによる治療・ヒアルロンサン治療の紹介の映像をモニターにて放送していますので、こちらもご覧下さい。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る