ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

部分矯正とインプラント治療

2016年05月30日

20160530-1

こんにちは。

今回は、部分矯正とインプラント治療を行った方を紹介します。

矢印の部分は約10年前に本院でブリッジ治療をしています。

今回、ブリッジの脚の部分として支えてきた前後の歯が両方とも虫歯になってしまったため、上記のような治療プランを提案しました。

 

20160530-220160530-3

まずは、ねじれていた歯をねじれを取るように部分矯正で治療していきます。

20160530-420160530-5

矯正をするためには、綱引きの原理がいるのですが、今回は後ろに1本歯がないため、この部位にインプラント治療をさせてもらい、このインプラントを使ってさらに部分矯正を進めていきます。

20160530-620160530-7

部分矯正とインプラント治療が終了したところです。

上の歯とのかみ合わせのため、ゆがんだ歯の列で終わっています。

20160530-8

セラミック治療

2016年05月23日

今回は、下のレントゲン写真のむし歯をセラミックで治療した症例です。

下の写真の矢印で示した歯は、黒く透けている部分がむし歯になってしまっていました。

この部分のむし歯を取り詰め物で治療していくのですが、詰め物の種類として、大きく分けて保険治療でできる銀の詰め物と、保険外治療となるセラミックの詰め物があります。

セラミックの詰め物は、銀の詰め物に比べて、汚れがつきにくく、また装着方法も違いがあり、むし歯になりにくいという利点があります。また、また歯の色も、自然な歯の色になるので治療をしていることがわかりません。

20160523-1

 

20160523-2

こちらが治療後の写真です。ぱっとお口を開けただけだと、ここが治療している歯という事がわからないと思います。

歯科治療には、多くの材料があります。それぞれメリットデメリットがあり、患者様ごとにしっかりとカウンセリングをして材料を選んでいきます。

どんな治療・材料があるのか、興味があるかたはスタッフまでお尋ねください。

歯列矯正治療(ハーフリンガル)からセラミック治療(差し歯)へ|名古屋栄の歯医者

2016年05月16日

この男性の患者様は歯並びの悪さを訴えて3年前に当院へお越しになりました。

顎が小さく、歯の並びきるスペースがなかったため、上下4本の第一小臼歯と呼ばれる前から4番目の歯を抜歯し、矯正治療をスタートさせました。

この患者様は、上の歯の裏と下の歯の表に矯正装置を装着するハーフリンガル(半分が舌側)という方法を選択されました。

上が裏に装置があるので目立たなく、下は表に装置があるので、舌感が良く、話したり食べたりに支障の少ない矯正方法です。

この患者様の向かって左の上の2番目の歯はもともとの歯の形が反対の歯より一回り小さい矮小歯(わいしょうし)だったので、最終的に必要なスペースを確保して、つけ爪のようなセラミックのラミネートべニアと呼ばれる方法で見た目の調和を取る治療を行うこととしました。

2016.05.16-12016.05.16-9  2016.05.16-3

矯正治療が終わり、

2016.05.16-5

ホワイトニングをして歯の色調を明るくしました。

治療予定の所が人工物で埋められているのでそこだけ色が変わっていないのが分かります。

2016.05.16-6

以下が治療後の写真です。がたがたしていた歯並びは、きれいになり、前歯も左右のバランスが取れ、患者様にも大変満足していただけました。

 

2016.05.16-4 2016.05.16-82016.05.16-7

セラミック治療

2016年05月14日

こんにちは

セラミックの治療について紹介します

この方は向かって右側の前から4番目の歯の歯ぐきが

腫れているとのことでした。

既に金属の被せ物の上に陶材が盛られている

白い被せ物が装着されていましたが

20160514-1

見てみると頬側の歯ぐきにできもの(サイナストラクト)

ができていたので

被せ物をとり、根っこの治療をしなおしました。

その後できものが治まったのを確認して

セラミックの被せ物をしました。

これが横から見た図です。

20160514-3

 

 

20160514-4

この写真だと写真中央、下から数えて3番目の歯です。

このようにセラミックは自然に見え、

そして金属などと比べるとむし歯になりにくいです。

セラミック治療

2016年05月2日

今回はセラミックを用いた虫歯治療を紹介します。

下の写真の患者さんは、保険の樹脂の材料で詰め物がされていた奥歯にしみる症状があったため、レントゲン診査の後古い詰め物を削って見てみると…

20160507-1

中は虫歯の進行によって空洞になっている状態でした。

虫歯の範囲が広く、今までと同じ樹脂の詰め物では将来的に様々な問題を引き起こす可能性があります。患者さんと相談した結果、今回はセラミックによって詰め物を行いました。

20160507-2

セラミックを用いた治療は自費診療となりますが、金属に比べ様々なメリットがあります。詰め物を作製する際はそれぞれの材質の特性を理解してもらった上で、患者さんに選択してもらって作製します。

資料もお渡ししています、興味のある方はお声かけ下さい。

「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

「栄」が近い方

ナディアパークデンタルセンター
ロフト名古屋があるビル8F
ロフト名古屋外観写真
「栄」医院 0120-84-4618

「名駅」が近い方

名駅ナディア歯科
スパイラルタワーズB2F
スパイラルタワーズ外観写真
「名駅」医院フリーダイヤル0120-446-185

このページの先頭に戻る