ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミック治療

2019年04月1日

今回は、治療途中の歯に、根の治療を行なった後に、セラミック修復治療を行なった症例です。

治療前の写真です。

向かって一番左のねじのようなものが見える歯と、左から3番目の歯の治療を行ないました。

2本とも、神経を取っていたため、このまま放置しておくと、虫歯になりやすかったり、歯が欠けてしまいやすいため、セラミック修復を行うこととなりました。セラミック治療の利点として、汚れがつきにくく虫歯になりにくい、見た目がきれいなどがあげられます。

むかって一番左と、左から3本目の根の治療を行なった後のレントゲン写真です。

セラミック修復後の写真です。

費用は、セラミック冠1本15万円(税別)で、治療回数は根の治療も併せて1本7~10回程度です。

歯髄保護(バイオセラミックス)、セラミック修復(神経取らない、神経残す治療)

2019年03月18日

誘発痛、自発痛で来院された患者様です。カリエスが神経近くに及びます。処置として抜髄(神経を取る)可能性がありました。

ですが、今回は神経を極力残す治療を選択しました。

神経を一部除去し、生体親和性の高い「バイオセラミックス」をおくことで歯髄保護を行います。

結果、症状はなくなり、のちの神経の反応も良好なため、セラミックス修復を行いました。

上記治療は歯髄保護は3万円、セラミックス修復は8万円になります。

ダイレクトボンディング

2019年02月25日

こんにちは。

今回は前歯の見た目が悪いということで来院された方を紹介します。

この場合は、虫歯ではないのですべて自費治療で行っております。

 

このまま、ダイレクトボンディングを行えば最終形態のイメージがわかないため、型どりをして模型上で最終形態のイメージを作ります。

 

以前ついていたCRを除去したところです。

元々は、すきっ歯だったようで、その治療のために前回は保険でCR治療をしたという事でした。

 

何か変わったのか分かりにくいですが、患者さんには喜んでいただけました。

 

自費での費用は1本5万円からとなっております。

型どりをして模型でシミュレーションするので、回数は2回くらいかかります。

正中離開 ポーセレンラミネートべニア

2019年02月18日

前歯が欠けたということで来院されましたが、お話を伺うと長年前歯の隙間が気になっていたとのこと。

大きな虫歯はなかったので、歯の表面を一層削って薄いセラミックを張り付ける、ラミネートべニア法で見た目の回復を行いました。

他の歯との調和もとれて歯ぐきの状態も良好です。

ポーセレンラミネートべニア 1本  12,000円(税抜き)  治療回数  3回

適応できない場合もあるので一度、ご相談ください。

唾液検査(予防歯科)

2019年02月12日

唾液検査を御存知でしょうか?

虫歯予防は食事や歯磨きも重要ですが、虫歯菌や唾液の質も重要です。

「よく磨いているけど虫歯になりやすい」と感じている方は、もしかしたら虫歯の菌や唾液の質が関係しているかもしれません。

当院では様々な検査を行っておりますが、簡易的な検査としてスポットケムというものを採用しております。

お時間は10分程度、1,500円で行っております。ご希望の方はお申しつけください。

マイクロスコープを用いた根管治療(後編)

2019年02月4日

前編に引き続き、マイクロスコープを用いた根管治療の後編です。

治療後の経過をご紹介します。

このように黒くなっていたところですが、

術後数か月たったところのCT画像です。

黒かったところが白く骨ができていることが確認できました。

術後の経過が良好と判断し、最終的な被せ物を作製していきます。

セラミック治療

2019年01月28日

今回の症例は、保険治療のコンポジットレジン修復と歯の間からむし歯が進んでしまったところを、セラミックにて修復した症例です。

向かって右から2本目の部分です。

見た目では虫歯になっていませんが、レントゲンで虫歯が認められたため、詰め物を外し、虫歯を除去しました。

どこにセラミックがはいっているか写真上ではわからなくなりました。費用は1本8万円~(税別)となっています。治療回数は2回となっています。

セラミック治療のメリットとして、修復物に汚れが付きにくい、歯と修復物の境目に段差ができにくいなどの利点があります。

歯根破折

2019年01月21日

インプラントを数本入れている患者様ですが、今回はインプラントではなく自分の歯を保存するように治療しました。

インプラントのように長く持つという保証は出来ませんが、自分の歯で食べていけるという事と骨吸収を起こしてしまった部分の骨の回復を待つのには十分もたすことが出来ると思い、このような治療を選択しました。

 

患者さまは、数年前に当院で根管治療をしております。

とてもまじめな方できちんとメンテナンスに通って頂いていた方ですが、左上の歯が腫れてきたという事で急患で来院されました。

レントゲンで歯根を取り囲むような黒い像が認められたため、抜歯を前提に話を進めていましたが、最終判断は実際に歯根を見てから決めるという同意を得て手術に臨みました。

実際の手術の写真は載せられませんが、歯根破折を起こしていたのは、3本あるうちの1本だけでしたので、プランBへ治療方針を変え、歯根を1本だけ抜去することにしました。

歯茎が治癒し型取りをする前の写真です。

土台となる歯がいびつな形をしているので、被せ物を作る技工士と相談しながら進めました。

 

被せ物が入ったところです。

まだ被せ物が入って時間が経っていないので、この先どのようになるのかを慎重に見守っていきたいと思います。

マイクロスコープを用いた根管治療(前編)

2019年01月14日

今回はマイクロスコープを用いた根管治療のご紹介です。

歯の神経が死んでしまい、骨が溶けて黒くなった像が、レントゲンで見られます。

ラバーダム防湿を行い、削っていくと神経の管がみえてきました。

根管内を綺麗にして

根の中に最終的な薬を詰めました。

その後どうなっていくのかは、次回後編に続きます。

今回のマイクロスコープを用いた根管治療は、

保険外診療で行い、12万でした。

セラミック治療

2019年01月7日

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

2019年最初の症例は、白い保険の詰め物が2本つながっていた歯をそれぞれ1本ずつセラミックにて治療しました。

治療前のレントゲン画像です。一番左の歯に白い詰め物の下が虫歯になっていることがわかります。

右から2本目と3本目がつながっており、間の歯肉が常に炎症を起こしている状態です。

自費治療のセラミックを選択して1本1本詰め物を入れました。

そうすることで、フロスでの清掃が可能となり、虫歯になりにくいだけでなく、健康な歯肉を維持しやすくなります。

1本、8万円(税別)となっています。ぜひ、御相談ください。

このページの先頭に戻る