症例集

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

ラバーダム防湿でおこなうCADインレー

2020年03月27日

自由診療費用(税別)と治療回数(参考)

削って型採り(1回)、セット(1回)

合計 自由診療費用 5万円 治療回数2回・1週間程度

 

左上4番のエンプレスCADインレーです。
ラバーダム防湿をすることで、唾液と呼気中の酸素と水分を排除しています。
そうすることで、確実な接着を行うことが可能です。


ラバーダムで防湿をして形成


 完成

歯の裏側の歯石・着色

2020年02月28日

 

見えない裏側も思った以上に汚れているときがあります。

自分では気づきにくいので歯科医院への定期的な検診が必要になります。
汚れならいいですが、時に虫歯があることもあります。

虫歯や着色もすぐにはおきませんが、やはり定期的な管理として数か月~半年の受診をおススメします。

誤嚥性肺炎

2020年02月14日

誤嚥性肺炎をご存知ですか。

誤嚥性肺炎とは、食べ物や唾液が、食道ではなく気管に入りそれが原因となって引き起こされる肺炎のことです。

近年、70歳代後半から肺炎による死亡率が急増しています。

要介護高齢者における死因第一位の疾患が肺炎で、肺炎の原因は多くが誤嚥です。

誤嚥性肺炎を起こすのは、高齢の人や、脳梗塞の後遺症やパーキンソン病などの神経疾患を抱えている人が多いです。

また、口腔内に存在している細菌が原因であることが多いとされており、口腔内が十分清潔に保たれていない場合、肺炎の原因となる細菌がますます繁殖し、発症するリスクがさらに高まります。

誤嚥性肺炎の予防法として、お口のクリーニングが有効です。

看護・介護者による毎日の口腔清掃と歯科医師・歯科衛生士による週1〜2回専門的清掃を行った場合、専門的清掃を行わない場合と比べると肺炎の発症が半分になったという調査結果もあります。

お口の中をきれいに保つことが重要であることが分かります。

そして、お口のクリーニングの他にも誤嚥の予防として、食事の工夫やお口のトレーニング(摂食訓練)があります。

歯科医院への通院が困難な方、歯科医師・歯科衛生士が伺います。(訪問診療)

前歯の審美障害〜セラミック治療〜

2020年01月24日

自由診療費用(税別)と治療回数(参考)

仮歯の型採り 千円(1回)

仮歯のセット 3千円(1回)

マイクロスコープ根管治療 8万円(3回)

ファイバーコア築造2万5千円(1回)

シリコン印象1万5千円(1回)

イーマックスクラウン20万円(1回)

合計 自由診療費用 32万4千円 治療回数8回・約半年

 

来院時

左上前歯の変色・審美障害と右上前歯が欠けていることを悩まれて来院されました。左上は元々他院で根管治療済、神経がないため変色してしまっている状態です。

 

治療後

 

右上の欠けていた部分は保険治療内(コンポジットレジン修復)にて治療し、人前で笑うのが恥ずかしくなくなったと喜んでいただけました。特に上の前歯は大きく目立つので、周りの歯との協調が大切と考えています。

来院日時に制限のある方だったため、合計8回でしたが半年以上の期間がかかってしまいました。セラミックの被せ物がはいる前の治療期間中は、最初に型採りをしてセットした仮歯の状態で過ごしていただいています。

ナディアパークデンタルセンターでは、仮歯で最終的な被せ物の形や機能を確認しながら調整し、納得していただいてからセラミックの被せ物を作ります。

 

正中離開のダイレクトボンディング

2019年04月15日

今回は上の前歯の間が空いている、正中離開に対してダイレクトボンディングを行いました。

上の前歯の真ん中に隙間があります。

治療方法としては歯削らず樹脂を詰めるダイクレクトボンディングか、歯を削ってセラミックを貼り付けるラミネートべニアがあります。

今回は樹脂を詰めるダイレクトボンディングを行いました。

術後です。歯を削らずに終える事ができるのが最大のメリットです。

治療費は保険外で10万円(税別)、治療回数は2回です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約10万円。

ダイレクトボンディングによる治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯根破折

2019年01月21日

インプラントを数本入れている患者様ですが、今回はインプラントではなく自分の歯を保存するように治療しました。

インプラントのように長く持つという保証は出来ませんが、自分の歯で食べていけるという事と骨吸収を起こしてしまった部分の骨の回復を待つのには十分もたすことが出来ると思い、このような治療を選択しました。

 

患者さまは、数年前に当院で根管治療をしております。

とてもまじめな方できちんとメンテナンスに通って頂いていた方ですが、左上の歯が腫れてきたという事で急患で来院されました。

レントゲンで歯根を取り囲むような黒い像が認められたため、抜歯を前提に話を進めていましたが、最終判断は実際に歯根を見てから決めるという同意を得て手術に臨みました。

実際の手術の写真は載せられませんが、歯根破折を起こしていたのは、3本あるうちの1本だけでしたので、プランBへ治療方針を変え、歯根を1本だけ抜去することにしました。

歯茎が治癒し型取りをする前の写真です。

土台となる歯がいびつな形をしているので、被せ物を作る技工士と相談しながら進めました。

 

被せ物が入ったところです。

まだ被せ物が入って時間が経っていないので、この先どのようになるのかを慎重に見守っていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。

セラミックインレーによる症例。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セラミック治療後の痛み

2017年11月13日

今回はセラミック治療後の痛みについてです。

 

本院でも、神経のある歯のセラミック治療後の痛みというのがたまに出ます。

原因としては、着ける時に使ったセメントの問題か歯に入っている細かい亀裂が原因となります。

今回は、調べてみたら後者の方が原因だった患者様を紹介します。

本院で本年の3月に少し大きめのセラミック詰め物をしたのですが、痛みが出たようで半年ほど経過を診ていたようです。

 

最近、痛みが生活に影響するようになったようで、原因を調べ治療をしていくことになりました。

まずは、この痛みが着けた時のセメントの問題なのか?

今回は、調べた結果セメントでは無く、亀裂が原因だということが判明しました。

 

歯に細かい亀裂が入っている場合は、時間が長くたっていれば、見えるようになりますが、新しい場合には見えません。

そこで、すぐに仮歯を作りはめてみました。

 

そうすると、次の日から痛みが無くなったということでしたので、亀裂が原因だったということの確定診断としました。

 

次に、仮歯を最終的な被せ物にしないといけないのですが、今回は1回の治療で被せ物を作るという計画にしました。

 

 

セラミックの被せ物の適合を確認しているところです。

この後、高温度で焼くことにより白い被せ物になります。

 

 

1日で最終的な被せ物を入れたところです。

この時には麻酔をしているので、後日麻酔が覚めたところで、再度来院していただき、咬み合わせや最初にあった痛みなどがない事を確認し定期検診に戻っていただきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。
セラミックを使用した症例。
リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥歯のブリッジ

2017年05月29日

 

不幸にして、歯を抜かなければならなくなった型で、前回は前歯のブリッジを紹介させてもらいましたが、

今回は、奥歯でも同じようにブリッジを行った方を紹介します。

上の写真は、歯を抜いてから仮歯を調整し、ダミー部分の形を作っていっている途中経過です。

最終形態を仮歯でつめて、型どりをしたところです。

この型を歯を作る専門職(技工士)のスタッフが石膏模型にして、セラミックを作ってくれます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
(セラミックを利用した)ブリッジによる症例。
デメリットとして、ブリッジの土台形成のために健康な歯を削る必要がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のセラミック治療

2017年04月3日

今回は前歯の見た目を気になさってご来院された患者様です。

真ん中の前歯2本の中央に白斑が見られます。これはホワイトスポットといい、むし歯ではないのですが歯の一番表層のエナメル質が軽い形成不全の状態のときに認められます。

患者様はこのホワイトスポット、向かって左の歯の黒っぽい歯の変色、向かって右の歯との間の隙間を何とかできないかとご相談にいらっしゃいました。

向かって左の変色歯は神経の治療をやり直し、表面を一層削ってかぶせるオールセラミッククラウン、その他の3本は表側の表面を一層だけ薄く削り、そこに付け爪のようなセラミックのシェルを張り付けるラミネートべニアという方法で治療することになりました。

いずれも歯面と強力に接着することができるセラミック用のセメントで強固につけていきますので簡単に取れることはありません。

歯ぐきとの調和もとれ美しい口元になり、喜んでいただけました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約36万円。

ラミネートベニアを使用した症例。

リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のCR  審美レジン充填

2017年02月27日

今日は前歯の詰め物の色の変色を気になさっていた患者様の症例のご紹介です。

下の真ん中の歯の一部に詰め物がしてあり、もともとの歯の色との調和が取れていません。

白い色で詰めてはあるものの、歯の色は肌の色同様、人によって個性がありなかなかぴったりの色に合わせるのは困難です。

この白い詰め物はコンポジットレジンと呼ばれるもので簡単に言うと光で固まるプラスチックです。

保険の範囲では使用できるメーカーや色の種類などが限られています。

この患者様はより美しくご自身の歯に調和した詰め物へとやり替えたいとのことで、審美レジン修復をご希望されました。

詰め直して磨いた後です。

色のムラがなくなり、隣の歯との色の調和が回復されました。

ちょっとした色の違いも一度気になりだすと何とかしたいと思いますよね。

ナディアパークデンタルクリニックでは小さな悩みにもお応えできるようスタッフ一同研鑽を続けています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約3万円。

コンポジットレジンによる治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る