症例集

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

親知らず、そのままで大丈夫ですか?

2020年12月10日

親知らずを抜くか迷われることがあるかと思います。状態によっては必ずしも抜く必要があるわけではありません。しかし、顎の小さな方が増えている現在では、親知らずが斜めから横向きに生えている方が多く、この場合、抜歯する必要が出てきます。このような親知らずだと、手前の歯が虫歯や歯周病になるリスクが非常に上がるからです。

 

おそらくネットの記事ではこのような記載が見受けられると思います。

親知らずや手前の歯が虫歯になってから治療すればいいのではと疑問が出るはずです。

今回、親知らずの一つ前の歯「第二大臼歯」の特徴から親知らずの抜歯の必要性をご説明します。

 

 

この第二大臼歯は、日本人の場合、約40%に樋状根といわれる奇妙な歯根の形をしています。根の断面が「C」のような形をしており、内部の神経の入り方がかなり複雑です。隣の根の形とは異なることがお分かりいただけるでしょうか。

深い虫歯で根管治療が必要になると、特に樋状根は治療成績が非常に悪く、根管治療を正確に行わないと、高確率で将来抜歯になると報告されています。

 

親知らずが横に生えた状態で虫歯になると、ちょうど歯の神経に一番近い部位で虫歯になるため、虫歯が小さくても根管治療が必要となる場合が多いです。

この症例は、右下の第二大臼歯が親知らずの虫歯と歯周病によって神経を伝って顎骨まで感染が広がり、右側の顔面が腫脹してしまいました(レントゲン写真で「R」と記載された方が右側です)。

もともとは大きくない虫歯にもかかわらず、歯周病、顎骨への感染、そして樋状根という最悪の状態がそろってしまったため、根管治療だけでなく、親知らずと第二大臼歯を抜歯して上の親知らずを移植する、もしくはインプラント治療治療の選択肢として挙がりました。虫歯の大きさとは比例しない大がかりな治療ですよね。

 

患者さまの希望で精密根管治療で歯の保存を図りました。

 

術中写真です。

根の中がCの形をしていることがわかります。

術後の写真です。

参考までに第一大臼歯の術後の写真を提示します。

樋状根では根の詰め物で歯が真っ白になります。違いがおわかりいただけたでしょうか。

 

かぶせ物と歯周病治療の治療も行っております。

 

半年後の経過観察で病巣が消失し、再発していないことがわかります。

樋状根の治療はマイクロスコープとラバーダム、そして専用の器具を適切に駆使すれば治癒に導くことができると考えられます(伝わりにくいですが、歯根に穴が開きやすかったり、感染の取り残しが出やすいため、ドクター泣かせの歯です・・・)。

 

そもそも、抜く必要性のある親知らずを放置しなければ、このような治療は不要になるわけです。

 

親知らず・・・大事になる前に抜歯をしませんか?

 

親知らずで悩まれている方は抜歯の必要性について一度ご相談ください。また、親知らずの虫歯が原因で第二大臼歯の根管治療が必要になった場合もご相談ください。

 

親知らずの抜歯

料金:保険適応内

治療期間:2~3回、必要に応じて経過観察を追加

 

精密根管治療(マイクロエンド,抜髄)

料金:150,000~円

治療期間:治療2~回+経過観察2~3回

日中の咬みしめ(T C H)

2020年10月7日

咬みしめていませんか。

T C H(Tooth Contacting Habit)とは、無意識に歯を接触させる癖のことをいい、日中に食事などをしていないときでもずっと弱い力で上下の歯を接触させ咬み合わせている状態を指します。

顎関節症や歯周病などお口の中の様々なトラブルや肩こりや頭痛、全身の不調との関連が明らかにされてきています。

リラックスした状態であれば、上下の歯は合わさらないものです。

上下の歯は会話や食事のときには接触しますが、24時間中平均17.5分とほんのわずかな時間です。通常、咬む筋肉や口を開ける筋肉が活動していない状態であれば、上下の歯の間にわずかなすき間が生じます。

しかしT C Hがある方は常に上下の歯を接触させてしまうため、咬む筋肉が常に緊張した状態となり、長い時間続いた後にはとても疲労してしまいます。

集中や緊張が引き金になっていることが多いようです。

人間は何らかの作業をする際軽い緊張が持続することがとても多いと思います。

精密な作業、パソコン作業、運転中、裁縫など細かい作業、料理などです。そんな場面で上下の歯を咬み合わせてしまう癖がT C Hです。

口の緊張は全身の緊張をリードしています。

まずは、自分で気づき離す意識をしリラックスすることが大切です。

T C Hで一番大きな力がかかるのが、一番寿命が短い奥歯であり、T C Hがなければ奥歯を失う確率が下がります。

頬に跡がついている、舌に歯型がついている、骨隆起がある場合は要注意です!

 

定期的なお口の中のメインテナンスを行い、健康を維持していきましょう。

歯の根元の変色〜セラミック治療〜

2020年09月25日

上の左右前から二番目の歯にもともと入っていたセラミックの被せ物の歯頚部(歯の根元の部分)が見えてきたとのことでやり替え希望で来院された患者様の術前の写真がこちらです。

歯ぐきの退縮によって、昔入れたかぶせものとの境目が合わなくなり、このように段差が出来てしまうことがよくあります。

まずは治療のため、もともとの被せものを外して仮歯にします。ナディアでは他院で行った根の治療は全てやり直しをしているため、仮歯を入れてまずは根管治療から行いました。

 

支台歯形成後、患者様の希望でナチュラルホワイトニング(ホームホワイトニング)を行い、全体的に色調が明るくなりました。

 

ですが、もともとの土台の歯の色味が濃く、ホワイトニングでは土台の色を変えることが出来ません。

そこで、色の遮蔽効果のあるジルコニアという素材を使用することで周りの歯との色調を出来る限り揃えることに。

術後の写真がこちらです。

自然に周りの歯に溶け込むような色合いになっているかと思います。

 

今回の治療費とかかった回数

マイクロスコープを使った根管治療8万円×2本(3回)

土台としてファイバーコア2万5000円×2本(1回)

ホームホワイトニング4万円(2回)

精密印象(型採り)1万5000円(1回)

ジルコニアセット17万円×2本(1回)

ラバーダム防湿〜確実な歯科治療のために〜

2020年08月7日

金属の詰め物の下で虫歯になった場合には、
その金属を削って取り除く必要があります。

削った金属が口の中に落ちて体の中に入るリスクを
ラバーダム防湿を行えばなくすことができます。
また、口の中の唾液が歯の表面に付くことを防止できるため、セラミック の装着の際にも有効です。

ドライマウス

2020年06月26日

ドライマウスをご存知ですか。
ドライマウスとは、様々な原因により唾液が減少し、口の中が乾燥する病気です。

ドライマウスの原因
①緊張やストレス
②口呼吸
③薬の副作用
④放射線治療による影響
⑤口腔周辺の筋力の低下
⑥その他の疾患(シェーグレン症候群、更年期障害、腎不全、糖尿病など)

ドライマウスの治療法
治療方法は原因により異なるため、日常生活に支障をきたすほどの状態であれば早めに歯科医院を受診し、適切な治療をしましょう。
ドライマウスの予防法
① こまめに水分補給する
② キシリトールガムを噛む
③ 鼻呼吸を意識する

唾液の分泌は口腔内の健康維持に大きく関わっているため、ドライマウスになると、虫歯・歯周病の発症リスクが高まったり、食事が困難になったり、舌の痛みや口臭が悪化します。
その改善方法として、唾液を増やすにはストレスなどの要因を取り除くことも必要だが、よく噛んで食べることで唾液の分泌が促進されます。
歯が抜けたままになっていたり、虫歯や歯周病で痛みや噛み合わせに不調があると、咀嚼が行いにくく噛む回数も減ります。
唾液の分泌量を維持するためにも、定期的なメインテナンスを行い、お口の中の健康を維持していくことが大切です。

歯並びを治す〜舌側矯正→ホワイトニング→ラミネートベニア〜

2020年06月12日

こちらの患者様は、歯並びを治したいと来院されました。

初診時のお口の状態がこちらです。

目立たない矯正を希望されたため、舌側矯正にて約2年半かけて矯正を行いましたが、右上二番目の歯が矮小歯のため、形を整えるため、矯正時にあえてスペースを開けて表面にラミネートベニアをする計画を立てて治療を開始しました。

矯正終了時、青矢印部分に仮歯を入れています。仮歯を入れた状態でホワイトニングを行い、白くなった歯に合わせてラミネートベニアを行います。

歯の形を整えて…

ラミネートベニアをセット。

 

治療後もきちんとメインテナンス・クリーニングに通っていただいており、5年経過した写真がこちらです。

5年が経過してもキレイな状態を保てています。

 

矯正治療…約2年半20回程度、月に一度来院 130万円(税別)

ホームホワイトニング…来院2回、自宅で2〜3週間 4万円(税別)

ラミネートベニア型採り…来院1回 1万5000円(税別)

ラミネートベニアセット…来院1回 17万円(税別)

「その神経は残せませんか?」 ~Vital pulp therapy~

2020年05月29日

「神経ギリギリでした…痛みが出たら神経とりますね」「虫歯が深く、中で広がっていたので次回神経とりますね」・・・というようなことを虫歯治療の際に言われた事がある方もいらっしゃるかと思います。

 

深い虫歯の場合、歯の神経(歯髄)まで感染が及び、歯髄が壊死することがあります。

「歯の神経が死んだ」なんて表現をされますよね。

 

従来の治療(保険診療)では、歯髄の露出(露髄)や歯髄に及ぶ感染があった場合、歯の中の神経を可及的に除去し、生体為害性のない物質で充填することがほとんどです。しかし、歯の解剖学的複雑さから、その治療は100%成功するわけではありません。歯髄がないため、再感染や歯の破折のリスクが高まり、将来的に抜歯に至る場合があります。

 

そのため、歯を生涯大切にするには歯髄をどれだけ残せるかが重要となります。

 

当院では,虫歯治療の際に歯科用顕微鏡を用いることで,神経のどの部分まで感染が及び,神経をどの程度除去する必要があるかということ調べ治療します。これをVital pulp therapy(バイタルパルプセラピー=歯髄温存療法)といいます。

 

Vital pulp therapyを行った2症例を提示いたします。

 

症例1

左下大臼歯の冷水痛を主訴に来院された患者さまです。

前医による治療後から症状が出現したそうです。

歯科用顕微鏡にて観察すると歯の神経が壊死していました。

歯のくびれた部位(歯頚部)で神経を除去するのが通法ですが、今回はその部位では生きた歯髄と壊死した歯髄が混在していましたので、通常より深い位置で神経を切断しております。

処置後、一時的に熱いものがしみる症状が出ましたが、徐々に落ち着き、症状は消失しました。術前のレントゲン写真では歯根の周囲に影(炎症や感染などの際に出現します)がありましたが

これが約3か月後には消失しております。

 

 

 

症例2

右下第2大臼歯の虫歯の治療で来院された患者さまです。特に症状はありませんでした。

歯科用顕微鏡にて観察すると一方の歯髄が壊死し、もう一方は壊死部位の混在した歯髄でした。

 

これは不可逆性歯髄炎という診断になります。神経の壊死範囲が大きく、神経は残せないことがわかりました。

この後、根管治療となりました。

 

 

Vital pulp therapyの成否は歯髄の感染の状況によるため、必ず成功するとは限りません。

 

しかし、歯科用顕微鏡を用いることで、現状を正確に把握することができます。

 

「その神経は残せませんか??」

 

当院では歯を大切にしたいという気持ちを大切にします。神経をとる前にご相談ください。

 

Vital pulp therapy(神経温存療法)

料金:50,000円(顕微鏡での診断のみ:円)

治療期間:治療1回+経過観察2~3回

 

※バイタルパルプセピーをおこなっても、神経を取らなければいけなくなることがあります。その場合、根管治療が必要になったり、神経障害性疼痛の出現が予想されます。その際には適切に診断・治療いたします。

 

ラバーダム防湿でおこなうCADインレー

2020年03月27日

自由診療費用(税別)と治療回数(参考)

削って型採り(1回)、セット(1回)

合計 自由診療費用 5万円 治療回数2回・1週間程度

 

左上4番のエンプレスCADインレーです。
ラバーダム防湿をすることで、唾液と呼気中の酸素と水分を排除しています。
そうすることで、確実な接着を行うことが可能です。


ラバーダムで防湿をして形成


 完成

歯の裏側の歯石・着色

2020年02月28日

 

見えない裏側も思った以上に汚れているときがあります。

自分では気づきにくいので歯科医院への定期的な検診が必要になります。
汚れならいいですが、時に虫歯があることもあります。

虫歯や着色もすぐにはおきませんが、やはり定期的な管理として数か月~半年の受診をおススメします。

誤嚥性肺炎

2020年02月14日

誤嚥性肺炎をご存知ですか。

誤嚥性肺炎とは、食べ物や唾液が、食道ではなく気管に入りそれが原因となって引き起こされる肺炎のことです。

近年、70歳代後半から肺炎による死亡率が急増しています。

要介護高齢者における死因第一位の疾患が肺炎で、肺炎の原因は多くが誤嚥です。

誤嚥性肺炎を起こすのは、高齢の人や、脳梗塞の後遺症やパーキンソン病などの神経疾患を抱えている人が多いです。

また、口腔内に存在している細菌が原因であることが多いとされており、口腔内が十分清潔に保たれていない場合、肺炎の原因となる細菌がますます繁殖し、発症するリスクがさらに高まります。

誤嚥性肺炎の予防法として、お口のクリーニングが有効です。

看護・介護者による毎日の口腔清掃と歯科医師・歯科衛生士による週1〜2回専門的清掃を行った場合、専門的清掃を行わない場合と比べると肺炎の発症が半分になったという調査結果もあります。

お口の中をきれいに保つことが重要であることが分かります。

そして、お口のクリーニングの他にも誤嚥の予防として、食事の工夫やお口のトレーニング(摂食訓練)があります。

歯科医院への通院が困難な方、歯科医師・歯科衛生士が伺います。(訪問診療)

このページの先頭に戻る