症例集

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

治療は最後まで!歯科治療(根管治療)を途中でやめてしまうと…

2022年04月8日

40代女性の患者様です。
平成30年10​​​​​​月に​右下の痛みを主訴にご来院されました。
当時のレントゲン写真です↓

右下の親知らずの隣の歯が虫歯が進行し、歯の神経の方まで進んでしまっていたので、その日は麻酔を行い歯の神経を取る治療に入りました。

その後平成31年2月に治療の続きでご来院され、7月には歯の神経が入っている根管の長さを測るための器具を入れたレントゲンのお写真まで取る所まで治療が進みました。
その時のレントゲンのお写真です↓

そこから約1年経った令和2年6月に治療の続きを希望されご来院されました。
前回の治療からかなりあいてしまっていたので、前回来院された時には虫歯になってはいなかった歯の部分が虫歯になってしまっており、歯を残すことができないような状態に悪化してしまっていました。
その時のレントゲン写真です↓

1年前のレントゲン写真と比べると赤い矢印のところあたりから広範囲にかけて黒くなってしまっているのがわかります。
約1年治療をせずに放置された状態により虫歯になってしまっていました。
ここまで虫歯になってしまっている歯の部分が増えてしまうと、歯を残すことはできないとお話しましたが、
患者様は歯を抜いてしまうことはできるだけしたくないということで、そのままの状態で帰られました。

その後令和3年12月に残すことができないですと前回お話していた歯が痛みだしたということでご来院され、その日に歯を抜く治療をすることになりました。
その時のレントゲン写真です↓

歯が虫歯でほとんど残っていないことがわかります。

定期的に通って下さっていればこのように残すことができた歯を抜かなければいけないような状態にまで悪化することはなかったでしょう。
治療は継続して通院していただくことが非常に大事になってきます。

治療について流れや通院期間などご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

ホワイトニング〜ラミネートベニア

2022年03月25日

ホワイトニング後に右上1のラミネートベニアを装着した症例です。

本症例の患者様は矯正治療は望まれず、右上1が内側に見えるのを左上1とできるだけ揃えたいという希望です。
右上1は歯質の削合をわずかにだけ行い、ラミネートベニアを装着しました。

術前

術後

ホワイトニング期間2カ月(オフィスホワイトニング2回+ホームホワイトニング)
ラミネートベニア治療回数3回(型取り・試適・装着)

費用:ホワイトニング 税込88,000円
ラミネートベニア・型取り 税込16,500円
ラミネートベニア1本 税込187,000円

セラミック治療〜ラバーダムを使って〜

2022年03月11日

患者様は40代男性
虫歯の治療を希望し来院されました。


レントゲン写真の赤丸で囲ってある分に虫歯があります。

当患者様は白い詰め物での治療を希望された為、保険の銀歯ではなく、保険外のセラミックで治療を行うことになりました。
レントゲン写真撮影の結果、右下の奥歯の虫歯が進行していることが分かったので虫歯を除去し、型取りをしてからラバーダム装着下でセラミックの詰め物を装着しました。

ラバーダムの使用には以下のような利点があります。
・歯やセラミックに唾液、血液などの水分の付着を防ぐ
・歯とセラミックの接着力低下の防止
・薬液がお口の中に入らない
・器具や材料の飲み込みを防止
・舌や頬を傷つけない

セラミック装着後のお口の中の写真です。

セラミックは保険外の治療ですが、保険の金属による治療と比べて以下のような利点があります。
・審美性に優れる
・金属アレルギーの心配がない
・歯との接着力が強い
・虫歯が再発しにくい
・経年変化が少ない
・再治療になるリスクが低い

虫歯をセラミックで治療したい方、銀歯をセラミックに替えたい方、金属アレルギーの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

通院回数 2回
セラミックインレー(セレック)55,000円
型取り 3,300円

昔に根管治療した際のファイル(治療器具)除去

2022年01月28日

マイクロスコープを使った精密根管治療で、昔に根管治療した際のファイル(治療器具)除去をします。


舌側根管に長いファイルが入っています(矢印部分)


顕微鏡治療時の写真、光を反射しているとことが金属製のファイルです(矢印部分)

マイクロスコープで確認しつつ、器具を除去してみると…

約7㎜ほどの器具が入っていました。

その後ファイルが入っていたところの感染物を取り除き、治療終了です。

顕微鏡を使うことで今まで裸眼では見ることができなかった世界が見えるようになりました。
マイクロスコープを使った根管治療をご希望の方は一度ご相談ください。

治療回数…3回
【治療費用】
CT撮影 16,500円(税込)
根管治療 165,000円(税込)
ファイル除去 33,000円(税込)

銀歯を白く!〜セラミック治療〜

2022年01月15日

患者様は50代女性
以前より気になっていた下の歯の左右の銀歯を白くしたいとのことでご相談にみえました。

治療前の写真

左右の3本続きの銀歯は真ん中の歯が無く、前後の歯を削ってそれを橋渡しして3本分を一塊の金属で作り被せて修復するブリッジが入っています。

前後に歯がある真ん中の歯がなくなった場合、取り外し可能な一本入れ歯、上記のブリッジ、前後の歯を触らず抜いた場所の骨に直接チタンの人工歯根を入れるインプラントの3ケースより治療法を選択します。

この患者様は前回削ってある歯をそのまま利用して被せをセラミックブリッジにして欲しいとのことでした。

治療後の写真

左右の銀歯がセラミックになり、お口の中の印象が明るくなりました。
セラミックは表面がツルツルなので表面に歯垢が付きにくく、ご自身の毎日の歯ブラシケアもしやすくします。

まずは一度ご相談ください。

 

 

神経を取ってない生活歯のセラミックブリッジ
通院回数約3回

仮歯一本 ¥3,300〜(税込)
型取り  ¥16,500(税込)
セラミックブリッジ ¥187,000(税込)×本数

銀歯の下が虫歯→セラミックで白い歯に

2021年12月25日

患者様は20代男性
銀歯をセラミックに代えたいということで来院されました。


レントゲン写真撮影の結果、銀歯の下に虫歯がある事が分かったので実際の治療では銀歯を外した後虫歯除去を行ってからセラミックを装着しました。

治療前と治療後の写真です。

治療前

治療後

また、治療では写真のようにラバーダムを使用して接着を行っています。

ラバーダムを使用することで唾液など水分を遮断した状態で治療を行えるため、接着力が増します。

セラミックは保険外治療ですが、以下の様々なメリットがあります。
①見た目が良い
②汚れが付きにくい
③銀歯とは接着の仕方が違うため歯との境目ができにくい
④②と③より虫歯になりにくい
また、以下のデメリットもあります。
①保険対象外
②削る量が比較的多い

保険診療は何十年も前の治療をベースに決められており、最低限の治療とされています。
保険外診療では費用はかかりますが、最新の材料や器具などを用いて現状もっとも質の高い治療を受ける事が出来ます。
それぞれのメリットデメリットを知ったうえで選んでみてください。

費用と回数
来院一回目:虫歯除去と型取り 44,000円+3,300円(税込)
来院二回目:セラミックセット 44,000円(税込)

歯牙移植→ジルコニアクラウン

2021年12月10日

他院で神経の処置をしている歯が割れたため、抜歯してインプラントと言われたので別の治療方針がないか一度診て欲しいという主訴で来院されました。

割れてしまった歯がこちら↓

当院でも保存不可と診断、CT撮影し親知らずの移植が可能であることを伝えたところ当院での治療を希望されました。

歯牙移植:
主に噛み合せに参加していない親知らずなどを、抜歯した穴に埋め込みます。

利点:
ブリッジや入れ歯と違い、隣の歯を削らなくてすみます。
また、インプラントと異なり、親知らずを抜歯窩に自家移植する場合、移植の処置は保険内治療でできます。(被せ物は別途自費でのジルコニアクラウンを希望されました)

移植前のレントゲン

移植後のレントゲン

移植後、最終的な被せ物(ジルコニアクラウン)が入った状態

今後は定期的なメインテナンス・クリーニングで、移植した歯はもちろんですが、噛み合わせなども含めてお口全体をチェック・管理していきます。

治療回数6回

[被せ物にかかった費用]
土台2,5000円(税込27,500円)
型どり15,000円(税込16,500円)
被せ物170,000円(税込187,000円)

※歯牙移植は保険適用内です。

上唇小帯異常

2021年11月26日

上唇小帯の異常についてご存知ですか?

上唇小帯とは、上唇内面から前歯を支える骨前面の粘膜に移行する部位の真ん中を走行しているものです。
乳歯が生えてきたり前歯を支える骨の成長とともに、小帯の位置は上方に移動、3歳頃には正常な位置になります。
この正常な発育過程が妨げられたものを上唇小帯異常といいます。

生まれてから1歳になる前までは、乳首の捕捉・吸啜時に著しい影響がなければ経過観察となりますが、上唇小帯の異常により、哺乳障害、萌出障害、正中離開、前歯の位置異常、発音障害、歯周疾患や口腔内清掃困難によるう蝕などを招いている場合などに関しては治療が必要です。

小さい頃からお口の中を歯科医院でみてもらうことは早めにお口の中の異常な場所をみつけることもできますし、治療が必要となれば的確な時期に行うことができます。
指しゃぶり、つめかみ、くちびるかみ、身の回りのものを口に入れる、舌の癖、と言った歯並びが悪くなるような口の癖を歯科医師が診ることで早めに見つけることができます。

小さな頃から歯医者さんに来ることに慣れてもらうためにも、お子様のお口の中で気になることがありましたらお気軽にご来院ください。

術前の写真

術後の写真

マイクロスコープ根管治療で歯を抜かずに残す

2021年11月12日

初診来院時

こちらの患者さんは、左下緑矢印の歯を他院で3年根管治療を続けているが違和感が消えないということで来院されました。

この歯が今どんな状態なのか?残すことが出来るのか?診断をするために歯科用CT撮影を行いました。

CTを撮って確認したところ、根尖病巣(根っこの先に炎症や膿がある状態)はなさそうだったので保存可能と判断し、患者さんの希望もありマイクロスコープを使った根管治療を開始することになりました。

治療の際、ラバーダム(歯だけを露出させて唾液などから守りながら治療ができるゴム製のマスクのようなもの)を使用するのですが現状の歯では歯茎の上に出ている部分が少なすぎてラバーをかけるための器具を固定することができません。

そのため樹脂で歯の周りにぐるりと壁を作り、ラバーダムを付けて治療が行えるようにしました。

マイクロスコープでしっかりと「見て確認をしながら」根管内の汚れ等を除去。


1度の治療で違和感が消失したため、2回目の治療で根管充填を行いました。

【費用と回数】
来院一回目 相談とCT撮影 (税込)16,500円
来院二回目 マイクロスコープ根管治療・小臼歯 (税込)55,000円
来院三回目 マイクロスコープ根充・小臼歯 (税込)33,000円

歯牙移植〜ブリッジ・入れ歯・インプラント以外の選択肢〜

2021年10月29日

虫歯などが原因で保存できない歯を抜いて、そのスペースに親知らずなどの歯を移植する治療法がある事をご存知でしょうか。
歯を抜いた後のスペースを補う方法として、ブリッジ、入れ歯、インプラントはよく聞くが、歯牙移植は聞き馴染みが無いかもしれません。
他の方法と比較した歯牙移植の利点としては
・隣の歯を削らなくて良い
・歯根膜感覚(物を噛んだ時に歯に伝わる感覚)がある
・移植治療後に矯正治療を行うことができる
などが挙げられます。

歯牙移植は1950年頃から行われ、1970年以降に本格的な研究が重ねられるようになり、現在では一般的な治療法として確立されており、保険適応内で治療を受けられる可能性もあります。保険適応になる条件としては以下の2つを満たしている必要があります。
①提供歯(抜歯部位に移植する歯)が親知らずであること
②移植治療を開始した段階で提供歯、受容歯(保存困難で抜歯される歯)がどちらも存在し移植できる大きさであること

移植に興味のある方はお気軽にご相談ください。

では、実際に歯牙移植を行った症例のご紹介です。
こちらの患者様は左下の奥歯が割れて痛みがある為、治療を希望されてご来院されました。
割れてしまった奥歯は保存不可能な状態であり、抜歯後の治療方法を説明したところ移植を希望されました。
抜いた奥歯のスペースに左上の親知らずを移植しました。
その後は、歯の神経を取る治療、被せ物の治療をしていきます。
治療期間:3〜6ヶ月(最終的な被せ物が入るまで)
治療回数:1回(移植)、8回程度(最終的な被せ物が入るまで)
治療金額:約8,000円(移植、3割負担)、別途神経を取る治療や被せ物の費用がかかります。

〜治療の流れを写真で紹介〜

移植前


移植後


移植3週間後


仮歯装着時


移植前レントゲン写真


移植後レントゲン写真

このページの先頭に戻る