ラミネートベニヤ+ホワイトニング ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

ラミネートベニヤ+ホワイトニング ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年03月15日

今回の患者様は、正中に空いた隙間が気になるということでの受診でした。

このような「すきっ歯」の方の治療ケースは、以前のブログでも何度か登場しています。

今回も「ラミネートベニヤ」という方法を用いての治療を行なう事となりました。

審美歯科 ホワイトニング 名古屋 症例

ラミネートベニヤとは、歯の表面を一層削り、そこに薄いセラミックを張り付ける。

ちょうど付け爪のような方法です。

歯の削る量が少ないため、歯に与えるダメージが少なく治療できるのが特徴です。

ホワイトニングのご希望もあったので、

まず、ホワイトニングをしていただき、歯の色を白くします。

貼り付けるセラミックも薄いため、ラミネートベニヤをする歯も一緒にホワイトニングしていきます。 (歯の色を拾うため)

これが術前に色を測定した時の写真です・

審美歯科 ホワイトニング 名古屋 症例 審美歯科 ホワイトニング 名古屋 症例

前歯の色はA1ぐらい、犬歯(糸切り歯)でA3ぐらいの色でした。

(基本的に、犬歯は前歯よりも色が濃いのが普通です)

オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングを合わせたコースでホワイトニングを行いました。

2週間後

審美歯科 ホワイトニング 名古屋 症例 審美歯科 ホワイトニング 名古屋 症例

上の写真のように、前歯については030という、ホワイトニングシェードといわれるかなり白い色まで変化しました。

犬歯についても、A3だったのが、A1という、2段階明るい色になりました。

ホワイトニング終了後、いよいよラミネートベニヤに移ります。

歯の表面を少しだけ削り、下の写真の中央2本にラミネートベニヤ装着されました。

下の写真が装着後の写真です。

審美歯科 ホワイトニング 名古屋 症例

自然できれいな仕上がりとなっています。

ラミネートベニヤはセラミックで出来ているので、着色や変色が生じにくい素材です。

例えば、保険治療で前歯に用いる樹脂は、時間と共に変色をきたします。

ラミネートベニヤは樹脂の詰め物が沢山入っていて、変色し、まだらになってきている方にも有効な方法です。

歯の条件にもよりますが、沢山の歯を削らずにすむ方法なので、お悩みの方は一度ご相談下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約20万円。
ラミネートベニア+ホワイトニングによる症例。
リスクとして、過度の衝撃で割れることがあり、治療中に若干しみることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る