ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミックのブリッジ治療-愛知県名古屋市の歯医者

2015年07月13日

今回はブリッジが取れてしまってやりかえになった症例です。

20150715-3

上の写真の、1本歯のないところに、前後の歯を土台とするブリッジがかけてあり、歯がない部分を補ってありました。前後の歯は、部分的に削ってある状態でした。今回、その前後の歯が虫歯になっていたこともあり、虫歯を除去し、前後の歯をぐるっと覆うタイプのブリッジをセラミックで作製することとなりました。

 

20150715-1

さて、今回の症例では、周囲の歯を見てもらうと、歯の色が濃い目だと思います。ここに真っ白なセラミックを入れると浮いてしまうので、周囲の歯の色に合わせて、ブリッジを作製することとなりました。

 

 

20150715-2

 

術後の写真です。

周囲の歯の色にマッチしたセラミックのブリッジになりました。

患者様も、どこがブリッジかわからないと、喜んでくださいました。

セラミックの細かな色合いを決めるのは歯科技工士の仕事なのですが、ここは技工士の腕の見せ所です。

患者様の口の中の写真をとり、カウンセリングをし、ご希望を伺い色を決めていきます。

当院では歯科技工士が常駐していますので、常により細かに患者様のご要望にお応えすることが可能です。

 

 

このページの先頭に戻る