ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミックを着ける時のセメント

2018年02月12日

今回は、少しマニアックな分野の話です。

セラミックを着ける際にレジンセメントと言われるもので着けると思いますが、

最近、CR(コンポジットレジン)で着ける先生が増えています。

CRで着けるということは、利点が多いですが、その反面扱いにくいということもあります。

本院でも、まだスタッフを対象としてのトレーニング段階ですが、紹介したいと思います。

これは、デンツプライシロナ社から出ている、口腔内スキャナの画像です。

矢印の部分の金属の詰め物をセラミックに変えます。

上下の口の中の動画を特殊なカメラで撮り、セラミックを作るソフトで読み込みます。

このソフト上でセラミック設計をし、ミリングマシーンで削りだします。

削りだしたセラミックの歯との適合を調整しているところです。

真ん中の歯ですが、何か白いものが詰まっているというのが分かります。

CRを用いてセラミックを歯に接着させ研磨をしたところです。

CRが入ることによって、セラミックの塊だったものが歯と馴染み分からなくなりました。

 

CRを使うことによって、いろんな色のバリエーションがあるので色の面では優れています。

ただ、余分に出たCRを除去するのには手間がかかってしまい、慣れていない先生がやると隣の歯とくっついてしまうこともあります。

そのため、本院でもまだトレーニング段階という訳です。

欠点さえ克服できれば、とても歯には良いものなので、今後一般的になってくるかもしれませんね。

このページの先頭に戻る