ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミック治療 奥歯

2018年03月12日

古い銀の詰め物が奥歯に入っていたこの患者様。

これは最近の治療で使われる金属ではなくお口の中で固めるタイプの金属で、歯に着色を起こしたり、周囲の粗造になった部分から2次虫歯を起こしてしまったりします。

最後の一つをセラミックできれいに治したいとのことでやり替えをさせて頂きました。

元々の着色しているところは一部残りますが、削らなくても良い部分なのでセルフケアをしっかりしていただき経過を診ていきます。

セラミックは金属の詰め物とは違い、歯と接着することができるので2次虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

このページの先頭に戻る