ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

前歯のセラミック治療~その後~

2018年03月26日

先週に引き続き、セラミックについてです。

先週の患者様は、その後数年来院が無くなったのですが、ある時「歩いていて転倒してラミネートべニアが欠けた」ということで来院されました。

 

急患で来院された時にはラミネートべニアだけではなく、自分の歯も一緒に欠けていた為、CR(コンポジットレジン)を使用して応急処置をしました。

 

さて、ラミネートべニアが欠けてしまった際に多くの場合、再度ラミネートべニアで対応できますが、今回は自分の歯も一緒に欠けていたので、ラミネートべニアは適応外となりセラミックの被せ物で対応することとなりました。

 

唇にも裂傷があり、傷が治るのを待って型取りをさせてもらいました。

 

そして、出来上がった被せ物を付けた写真です。

ラミネートべニアと違いセラミックの透けるのが少ないので、つけた当日でも左右の歯の色の違いなどは認められません。

このページの先頭に戻る