ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯の移植

2018年05月21日

歯は大前提として残す治療を行いますが、それでも限界があります。

今回下の奥歯が大きく虫歯になっており、もう一度機能回復させるには限界があると判断し、やむを得ず抜歯と診断しました。

ですが、上の奥歯に親知らずがあったため、それを移植するという選択をとりました。移植して終わりではなく、根管治療、補綴治療が必要となります。レントゲンは移植数週間後のもので月日はたっておりませんが、今後治療を通じて移植歯を機能回復させていく予定としています。

このページの先頭に戻る