ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

ダイレクトボンディング

2018年07月9日

今回は、ダイレクトボンディングです。

簡単に言うと、コンポジットレジン(CR)で治療をしたという事です。

この方法は、金属ではないので、熱による変形が少ない利点があります。

保険適応の金属の場合、熱変形が大きいので、金属を付けているセメントがはがされる方向に働き、2次的な虫歯や金属が取れるという事が起こります。コンポジットレジンの場合は、上記のようなことはありません。

しかし、強度的には金属ほどの硬さは無い為、適応される部位によってはすぐに壊れてしまうという事もあります。

今回のような形であれば、ダイレクトボンディングの適応となるので、この方法を選択しました。

  

 

今回は、保険を使用せず自由診療で治療させていただきました。

金属の切削粉などが口の中に置いていかないように、ラバーダム防湿(ゴムのマスク)をして、金属を除去したのちに、コンポジットレジンを詰めていきました。

先にも挙げたように、自由診療で治療をさせて頂いたので、1本あたり約3万円と時間は70分ほどかかりました。

このページの先頭に戻る