ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯の移植(親知らず)

2018年07月30日

今回は ”歯の移植” についてです。親知らずの手前の歯が虫歯になっており、親知らずが倒れてきています。放置することによって手前の歯の上に寄りかかってきてました。

この段階では親知らずが邪魔で被せ物が入りません。

治療の選択肢として

①親知らず抜歯、手前を補綴治療

②親知らずを後ろへ動かし(矯正治療)、手前を補綴治療

③手前の歯を抜歯、親知らずを移植

④手前の歯を抜歯、親知らずを手前に動かす(矯正治療)

があります。ここに➊矯正治療の費用、月日 ➋失活歯の予後 ❸移植の成功率 ❹患者様の通院可能期間 など、様々な要因が加わり、治療の選択が決定します。今回の場合はそもそも❺歯の大きさが移植できる大きさか、ということも検査する必要がありました。

今回は相談結果、歯のサイズも許容範囲ということと、相談の結果、抜歯して親知らずを移植という選択をとりました。

移植後は➀歯が定着するか②咬合力に耐えれるか(機能)などを経過観察していきます。もちろん、移植したものの、定着せず抜けてくるときもあります。このリスクにもご理解いただく必要があります。

今回は歯の移植後、動揺も少なく、後に歯内療法、補綴治療へと移行していきました。(歯を一度抜くことによる中の壊死した神経を取り除く必要があります)

治療期間は移植から歯内療法、補綴治療まで、回数は約10回、約半年(歯の定着をまつため)は経過を診ていきます。回数に関しては治療時間や歯の状態次第で回数が前後しますので、おおよその回数と月日になります。歯の移植に関しては親知らずに関しては保険適応の範囲です。もしカリエスなどで抜歯となったとき、親知らずがあれば処置の選択肢に入ります。

このページの先頭に戻る