ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

虫歯で神経を取らない、保護する処置(直接覆髄)

2018年11月12日

左下4番にカリエス(虫歯)を認めます。神経に近いもので、痛みなど症状次第では抜髄(神経を抜く)処置となる可能性が高い状態です。

神経を取ると、痛み自体は引いて短期的にみると良いかもしれませんが、人生という長期的にみると、歯の寿命が大きくさがり、どこかで大変なことになる可能性が大きくなります。

今回は神経を極力残すということで、カリエスを除去し、炎症歯髄(歯の神経)も除去し、そこにバイオセラミックスという生体親和性が高いものを使用する方法を取りました。

以下に術中、術後の写真があります。無事に神経を除去せずに処置が終了しました。もちろん、いづれは神経が壊死、あるいはカリエスなどで壊死する可能性があります。しかし、神経処置を先延ばしにすることで人生における歯の寿命を延ばすことができました。

今回の処置はバイオセラミックスというものを使用しており、保険外診療となります。処置自体はカリエス処置、経過観察時期、最終的な修復補綴処置(型どり)で3-5回くらいかかります(症状と程度で左右します)。費用は神経保護においては3万円です。修復補綴処置は別途かかります。

歯があることは、ご飯を食べられる、栄養が取れるという人生の延命にも繋がります。非常に大切なことと考えます。

 

 

このページの先頭に戻る