ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

外傷による破折

2018年11月26日

 

今回は、痛ましい写真からです。

若い女性の方ですが、自転車で転んでしまい前歯を打ったという事で来院されました。

まだ、若い女性だったので、今後の事を考えてできるだけ自分の歯を使っていく治療法を選択しました。

幸い歯根の方は深くまで折れておらず、何とか被せ物ができそうだったので、その説明をし同意を得ました。

まずは、この歯を可及的に型取りが出来るようにしないといけない為に、矯正で歯を引っ張り出しました。

上の写真は、引っ張り出す前の写真です。

このままでは見た目が悪いので、見た目だけですが、このフックが隠れるように仮歯を着けています。

矯正で引っ張り出すと歯茎も一緒に伸びてきてしまうため、メスを使って歯ぐきをカットしました。

そして、歯ぐきの治癒を待って最終的な被せ物をセラミックで治療しました。

歯ブラシが上手くできなかったようで、少し歯ぐきが腫れていますが、パッと見た感じは治療したことが分からないと思います。

今回は、トータルの期間は10か月。費用は20万円ほどかかりましたが、自分の歯を使用して今後もある程度は食事を摂っていってもらえるという事は良い事だと思います。

ただし、周りの歯に比べてこの歯が長く持つことは無いという事はよく説明しました。

 

このページの先頭に戻る