糖尿病と歯周病

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

糖尿病と歯周病

2019年06月3日

糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されていますが、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。

 

歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

 

総合関係にある糖尿病と歯周病。

歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。

 

糖尿病と歯周病の負のスパイラルを断ち切るには内科医と歯科医の連携がとても大切です。血糖値のコントロールを行い、歯周病治療を行なうことで糖尿病の改善にも繋がります。

まずは内科の主治医に紹介状を書いてもらい歯周病治療をきちんと行っている歯科医院を受診しましょう。

このページの先頭に戻る