歯牙移植→ジルコニアクラウン

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

歯牙移植→ジルコニアクラウン

2021年12月10日

他院で神経の処置をしている歯が割れたため、抜歯してインプラントと言われたので別の治療方針がないか一度診て欲しいという主訴で来院されました。

割れてしまった歯がこちら↓

当院でも保存不可と診断、CT撮影し親知らずの移植が可能であることを伝えたところ当院での治療を希望されました。

歯牙移植:
主に噛み合せに参加していない親知らずなどを、抜歯した穴に埋め込みます。

利点:
ブリッジや入れ歯と違い、隣の歯を削らなくてすみます。
また、インプラントと異なり、親知らずを抜歯窩に自家移植する場合、移植の処置は保険内治療でできます。(被せ物は別途自費でのジルコニアクラウンを希望されました)

移植前のレントゲン

移植後のレントゲン

移植後、最終的な被せ物(ジルコニアクラウン)が入った状態

今後は定期的なメインテナンス・クリーニングで、移植した歯はもちろんですが、噛み合わせなども含めてお口全体をチェック・管理していきます。

治療回数6回

[被せ物にかかった費用]
土台2,5000円(税込27,500円)
型どり15,000円(税込16,500円)
被せ物170,000円(税込187,000円)

※歯牙移植は保険適用内です。

このページの先頭に戻る