エキストリュージョン〜矯正的歯根延出〜

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

エキストリュージョン〜矯正的歯根延出〜

2022年05月13日

皆さんは歯医者さんで「この歯は抜歯です」と診断されたことはありますか?

歯を抜かなければいけない原因としてはいくつかあります。
①大きい虫歯で歯がほとんどなくなってしまっている
②歯が割れてしまっている
③歯周病で歯を支えている骨がなくなりグラグラになってしまっている
などの原因が挙げられます。

抜歯と診断された歯は、基本的には他の治療法がないため抜歯するしかないことがほとんどです。
しかし①②の場合は状態によっては抜歯せずに治療することができる可能性があります。

歯が骨より深い部分まで虫歯や破折などでなくなってしまっていると骨の中まで被せものを入れることができないため抜歯となりますが、なかには歯を引っ張り出すことで歯をなんとか骨の上まで出して被せものを入れることができることがあります。
その治療方法をエキストリュージョン(歯根延出)といいます。

今回は歯が割れてしまった患者様の歯を引っ張り出すことで抜歯せずに治療を行った症例をご紹介します。
「ピーナッツを噛んで歯が割れてしまい激痛がある」を主訴に来院されました。

麻酔をして割れた部分を取り除くと、歯が少し骨よりも深い位置までなくなってしまいました。

このままでは被せものを入れることができません。

患者様と抜歯をするか歯根延出をしてなんとか歯を残すか相談した結果、抜歯せずに治療を行うこととなりました。
まず神経がある歯だったので神経の治療を行い、その後矯正的歯根延出を開始しました。

割れた歯の前後の歯にワイヤーを取り付け、割れた歯にはフックを取り付け、ゴムを使って2週間かけて引っ張り出しました。

患者様は2週間の間口の中にワイヤーがある状態なので不快感は少しあるものの痛みはなかったとおっしゃっていました。
患者様によってはゴムを何度か交換する必要がありますが、この患者様の場合はすんなり歯が出てきてくれたのでゴム交換はしませんでした。
引っ張り出したあとは被せものを入れて治療を終えました。
もし抜歯と診断され迷っている方がおられましたら、このように抜歯せずに治療できる可能性があるのでぜひご相談ください。

かかる費用:保険外治療(5万円)←矯正的歯根延出のみの料金
かかる期間:2ヶ月(通院回数6回)(歯を引っ張り出す期間には個人差があります。)

このページの先頭に戻る