セラミックからゴールドへ

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

セラミックからゴールドへ

2022年10月7日

患者様は50代女性
セラミックが破折した歯の治療を希望し来院されました。
10年以上前にセットした左上の一番奥の歯のセラミック(cerec)が破折していたため、詰め物の再製を行うことになりました。
材料は1つ前の歯と同じゴールドでのやり替を希望されました。


まずは歯の汚れを除去し、形を整えて型取りをしました。


そして次の来院時にラバーダム装着下でゴールドの詰め物を装着しました。

ラバーダムを外したお口の中で見ると、こんな感じです。

ゴールドは保険外の治療ですが、保険内の合金に比べて以下の利点があります・
・金属アレルギーの可能性が低い
・虫歯が再発しにくい

また、セラミック(cerec)と比較してもゴールドは破折しにくいという利点があります。
しかし現在はE-maxというセラミックやジルコニアが普及し、従来のセラミック(cerec)よりも強度が高く奥歯の咬合力にも十分な強度を持っています。
ゴールドはE-maxやジルコニアに比べて以下のような欠点があります。
・審美性に劣る(金色)
・金属アレルギーの可能性が0ではない

どの材料で治療するかは患者様と相談して決めていくので、虫歯の治療や銀色の詰め物のやり替えなどお気軽にご相談ください。

来院回数 2回
Gold In 88,000円
型取り 3,300円

このページの先頭に戻る