インプラント

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

奥歯のインプラント治療+部分矯正~名古屋市中村区の歯医者・歯科

2015年12月25日

今回はインプラントによって治療を行った患者さんを紹介します。

13806_240402

上の写真の患者さんは何年も前に虫歯が原因で奥歯がなくなり、来院されるまでそのままの状態でした。

長期間この状態で放置されていた影響で歯を入れるスペースが不足していたため、インプラント治療を行うにあたり部分的な矯正治療も一緒に進めていくこととしました。

まずインプラントの土台を骨に埋める手術をおこなった後、

13806_240410

部分的に矯正治療を行い、

13806_262663

最終的な被せ物を入れて治療を終了しました。

IMG_4154

歯を失った場合の治療法はいくつかあります。

そのなかで今回選択したインプラント治療は、費用・期間がかかりますが様々なメリットが得られます。

歯を失ってお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約50万円。
インプラント埋入と部分矯正による治療。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
また、リテーナーを使用しないと後戻りすることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

インプラント治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年04月20日

こんにちは

今回はインプラント治療を受けたい、全体的に診て欲しい

ということを主訴に来院された方の紹介です。

初診時の状態はこのような状態。

歯が抜けているところがところどころあり、被せ物の状態もあまりよくありません

歯周病も深刻だったのでまずは歯周病の治療を行いました。

そして残せない歯を抜き、合いの悪い被せ物を取り

仮歯をつけて根っこの治療のやり変えを行っていきました。

その後上顎にインプラントを埋入していき、その際骨の厚みを増やすため

上顎洞底挙上術という特殊な手術も並行で行いました。

その様子はこちらです。

それからインプラント部は仮歯を作ってかみ合わせ等を作っていきます

上の前歯部、左下の奥はGBRという骨を作る手術を行い

半年ほど待って左下の奥からインプラントを埋入。

こちらも仮歯をいれていきます。

そして同様に前歯もGBRを行った部分にインプラントを埋入し仮歯を入れていきました。

そしてかみ合わせの状態を評価しながら

残った下の前歯にセラミックの被せものを入れ

インプラント部の仮歯を最終的な被せ物にして治療終了としました。

約4年でここまで変わりました。

患者様は見た目も良いししっかり咬めますととても満足されていました。

このように全体的に診て欲しいということがありましたら

是非ご相談下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約200万円。

歯周治療を施した後、上顎洞底挙上術とインプンラント埋入を行なった症例。

リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性があることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯が割れている!? ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年07月19日

今回は、

「他の先生の所で何度も根っこの治療をしたが、疲れてくると腫れる。」

ということで、本院にお越しになりました。

 

レントゲン写真では、根っこの亀裂か破折(割れていること)を疑いましたが、

実際に、土台まで外してみましたが亀裂は見つからなかったので、

本院でも一度根っこの治療を試みることになりました。

 

根っこの治療が終了し、セラミックの被せものも終わって、半年経ったころまたこの歯が腫れてきました。

 

半年という短い期間を考えると、亀裂の疑いが強くなったので、

患者様と相談しインプラントにすることにしました。

 

手術の写真を載せることができませんが、歯を抜いてみると根っこの先から亀裂が入っていました。

 

    

 

手術後、4か月の写真です。

 

歯が割れてしまう原因は、歯にものすごい力がかかった時に起こります。

どのような時に、ものすごい力がかかっているかというと、

集中している時や強い力を出そうとしているときはもちろんですが、寝ている時にも強い力がかかっています。

 

 

上の写真は、食いしばりや歯ぎしりから歯を守るためのものです。

 

寝ている際は、当たり前ですが意識がないので、

「歯で強く噛んでるから、やめよう!」

なんて、できません。

そのために、寝る時には上の写真のマウスピースをして寝ていただくようにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約40万円。

インプラント埋入による治療後、歯ぎしりの予防としてマウスピースでケアをする治療。

インプラントの治療のリスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インプラント治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年04月9日

こんにちは。

今回は、保険の詰め物が取れたという事で来院された患者さんです。

 

一見すると単純にとれた所の虫歯を直して、型どりして次回詰め物をして終わり。

と、いう感じに見えますが、患者様の話を良く聞くと

以前の歯医者で良くこの場所の歯茎が腫れて、抗生物質を使った治療を繰り返していたそうです。

 

レントゲンを確認すると、この歯は骨から浮いた状態になっていました。

この歯のみに重度の歯周病が進行していました。

 

患者様と相談の上、この歯は抜歯をしインプラント治療をしていくことになりました。

 

単純に抜歯をするのではなく、治癒促進効果のあるCGFを使用して抜歯していく事にしました。

そうすることにより、歯茎と骨の治癒が促進されます。

 

歯茎の治りを待ってインプラントを骨の中に埋め込み、

インプラントの治癒を待ってから最終的な被せものを作っていきました。

 

  

左の写真の左端の歯がインプラントの上に被せものを作ったものです。

右の写真では青矢印の部分がインプラントの上に被せものを作ったものです。

 

今回はインプラントよりも前の歯も含めてすべてオールセラミックで被せています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
インプラント埋入による治療とセラミックを使用した症例。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
また、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のインプラント治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年01月24日

前回に引き続き、前歯のインプラント治療のケースです。

左上の歯の、被せものが取れたとのことで受診されました。

 

みると、歯は歯ぐきの中の方まで折れてしまっており、

このままこの歯に被せものをすることはできない状態になっていました。

 

 

  

 

患者さまには、治療方法として、

①今残っている歯を使うため、歯の周囲の骨と歯ぐきを下げ(クラウンレングスニング)、セラミック治療をする。

②抜歯しインプラント治療を行う。

この二つの治療計画を提示させていただきました。

カウンセリングの結果、インプラント治療を行っていくこととなりました。

 

インプラントを植えた後の写真です。歯を抜くと同時に、インプラントを植えました。

青くキャップのように見えているのがインプラントが入っている部分です。

インプラントは、植えてから、骨としっかりくっつくまで力を加えずに置いておく時間が必要です。

そのため、このように裏側がくりぬいてある仮歯を入れて力がかからないようにしてあります。

 

今回は、インプラントを植えてから3カ月ほどおいて、下のように、インプラントから直接立ち上がる形の仮歯に変えました。

この仮歯で使ってみて問題がないかどうか、などを確認したのちに最終的な被せものを作っていきます。

 

 

下の写真が最終的に、インプラントの上に、セラミックの被せものが入ったところの写真です。

自然な仕上がりに、患者さまも喜んでいただきました。

また、今は、メインテナンスにしっかり通ってくださっています。

今後は、このインプラントをきれいに長持ちさせるよう、一緒に頑張っていかなければなりませんね

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
インプラント埋入とセラミックの被せ物による治療。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
また、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インプラントの上部構造(被せ物)について ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年06月14日

さて、最近このブログの中で、何度か奥歯のインプラント治療のケースを出してきましたが、

今回はインプラントの上部構造(一番外に来る、歯の形をした被せ物)素材による違いを説明していきます。

インプラントの上部構造で、白いセラミックを用いたものというと、

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)とよばれる、金属のフレームの上にセラミックを盛ったものと

ジルコニアという、人工ダイヤを用いたセラミックのフレームの上にセラミックを盛ったもの

があります。

下の写真のなかで、矢印で指し示してあるのがインプラントです。

こちらの上部構造にはメタルボンドを用いています。

インプラント 審美歯科 名古屋 症例

下の二枚が、以前もブログで紹介している写真なのですが、ジルコニアを用いた、オールセラミックの被せ物です。

(上と同様に、矢印で示した部分がインプラントです)

インプラント 審美歯科 名古屋 症例 インプラント 審美歯科 名古屋 症例

比べてみると、どうでしょう?

写真の明るさにやや違いはあるのですが、上の写真に比べ、下の二枚の写真のほうが、透明感のある自然な歯の色に仕上がっていると思います。

これは、インプラントの上部構造に限ったことではないのですが、ジルコニアのように金属のフレームを使わないオールセラミックスは、より天然の歯に近い色調を再現することができます。

金属の裏打ちのある被せ物は、その金属の色を消すため、色を遮蔽する工程があるからです。

今回のような奥歯は、お口の中では目立ちにくい部分のため、ぱっと見たところ、どちらの材料でも自然に見えるため、大差はないのですが、これが特に前歯の治療のときは大きな差になります。

2010年5月17日のブログでは前歯のインプラントのケースを紹介していますが、これもやはりジルコニアというフレームを使ったオールセラミックで仕上げています。

特に前歯のような審美性が要求される部位においては、このような材料の選択が望ましいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。

インプラント埋入による治療。

リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インプラント治療 奥歯が2本ないケース ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年06月7日

今回の症例は、左下の奥歯が2本なく、インプラント治療を希望されて受診された方です。

下の写真を見ると、確かに奥歯がありません

インプラント 名古屋 症例 インプラント 名古屋 症例

このように、奥歯2本がない場合、主な治療方針は、インプラントか部分入れ歯(義歯)になります。

入れ歯はやはり、取り外しが面倒、装着感が悪い、噛みにくい、食事がおいしくない。。。

などの理由から、嫌がられる方が多くいらしゃいます。

インプラントは、それらの問題点を解決するとてもメリットの大きい治療方法です。

自分自身の歯と同じようにしっかり噛む事ができ、取り外しも必要なく、審美的にも高い満足度の得られる治療です。

ただし、インプラントは、顎の骨に、チタン製のスクリューを植えていく外科処置になるので、

必ずしっかりとした診査診断が必要になります。手術も慎重に、適切に行われる必要があります。

術前にCTを撮影し、シュミレーションを行い、安全に手術を進めていきます。

下のレントゲン写真が、インプラントを植えたときのものです。

顎の骨の中に、ネジのようなものが写っていますが、これがインプラントです。

画面の左の方に写っているのは、お隣の歯です。

インプラント 名古屋 症例

このチタン製のネジの上に、歯を作っていきます。

ただし、インプラントは、すぐに上の歯を作れるわけではありません。

インプラントが周囲の骨に馴染んでくっつくのを待つ時間が必要になります。

ケースにもよりますが、大体2ヶ月~半年くらい待ちます。

インプラントが骨としっかり結合した後に、アバットメントといわれる接合部が入ります。

インプラント 名古屋 症例

右に写っているものがアバットメント、左に写っているものがその上に被せる上部構造(セラミックの被せ物)です。

インプラント 名古屋 症例

口の中に、アバットメンが入ったところです。

真ん中に空いているのは、ねじの穴です。アバットメントはネジで止めます。

ここに、セメントで上部構造を被せていきます。そのため、ネジ穴が表に見えることはありません。

インプラント 名古屋 症例 インプラント 名古屋 症例

これが最終的な被せ物が入ったところです。(写真撮影時には、かみ合わせを見た赤い点が残っていますが…もちろん後で、ふき取ってあります。スミマセン)

インプラントの上部構造においても、様々な種類がありますが、この方は、金属のフレームではなく、ジルコニアといわれる、人工ダイヤのフレームを使っているので、透明感のある見た目にも自然な仕上がりとなりました。

インプラントは機能的にも審美的にも高い満足度の得られる治療といえます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約90万円。
インプラント埋入による治療。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のインプラント治療 抜歯即時埋入 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年05月17日

今回は、前歯にインプラントをした症例をご紹介します。

下の左の写真を見てください。

このかたは、右の前歯の根の先に大きな膿の袋を作ってしまっていました。

矢印でさした部分の歯ぐきが膨らんでいます。何度も炎症をくり返し、歯ぐきに膿の出口がたくさんできています。

右のレントゲン写真では、既に歯はもうボロボロになっていてあまり写ってないのですが、歯の根の先端に、黒く、周囲の骨が溶かされている像が認められます。

インプラント ホワイトニング 名古屋 症例 インプラント ホワイトニング 名古屋 症例

下の写真は歯の先端方向から見た写真です。

矢印で示した部分は歯ぐきが腫れて膨れ上がっています。

インプラント ホワイトニング 名古屋 症例

もちろん、この歯は抜歯しなければなりません。

そこで、今回はこの部分にインプラント治療を行っていくことになりました。

歯は抜くと周りの骨が痩せてしまいます。

インプラントの予後には、植える場所の周囲の骨の量がしっかりあることが大きく関わります。

また、骨が痩せると、歯ぐきも痩せてしまうため、審美的にもかなり厳しい条件になります。

前歯においては、審美的な要素も大問題になります。

しかし、抜歯すると同時に、インプラントを植える方法を用いることで、周囲の骨の減少を防ぐことができるといわれています。

外側の骨が、炎症により随分溶けていたので、インプラントを植えると同時に骨を作る処置もしていきました。

下の写真はインプラントを植えてから、約10カ月後、インプラントが骨としっかり結合するのを待ってから

アバットメントという接合部をつけた時の写真です。

今回は、骨を作る処置をしているため、待ち時間をしっかりとりました。

また、前歯ということで、特に審美性が重要視される箇所であったため、歯ぐきの調整も入念に行っていきました。

矢印の部分を見ると、歯ぐきがきれいに治り、反対側の歯ぐきのカーブとほぼ対称になりました。

このように、歯ぐきのカーブが、左右で対称になることで、さもそこに歯があるように見えます。

インプラント ホワイトニング 名古屋 症例

このアバットメントの上に、セラミックの被せ物を被せます。

下の写真が、正面から見た術後の写真です。

上の向かって右の歯がインプラントの歯ですが、自然な感じに仕上がりました。

インプラント ホワイトニング 名古屋 症例

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約40万円。
前歯を抜歯後、インプラントを抜歯即時埋入した症例。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インプラント治療  ~奥歯が1本ない~ ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年04月26日

今回は、インプラントについての症例です。

50代の女性の患者様。

下の歯の、奥歯が1本なく、入れ歯を使用されていました。この入れ歯が煩わしく、インプラントに変えたいということでご来院されました。

下の写真で、奥歯に一本歯がないのがお分かりいただけるかと思います。

インプラント 名古屋 症例

インプラント 名古屋 症例 インプラント 名古屋 症例

このように、1本だけ歯を失ってしまった方の場合、治療方法は3通りあります。

1つは、インプラント、そして、入れ歯とブリッジという方法です。

入れ歯はやはり装着感が悪く、うまく噛めなかったり、はめはずしが煩わしい、食事がおいしく食べられない、などの問題があります。特に1本の入れ歯を作られた方は面倒になり、そのまま使わなくなってしまうことが多くあります。

ブリッジは、前後の歯をぐるっと削って支えにし、橋を渡すように前後の歯とダミーをつなぐ方法です。前後の歯を削らなければいけないので、歯に与えるダメージは大きく、土台になった歯への負担も大きくなります。

インプラント治療は、これら入れ歯やブリッジの欠点をカバーしてくれる治療方法です。

顎の骨にチタン製のスクリューを埋え、その上に歯を作っていく方法です。

はめはずしも必要なく、自分の歯のように噛む事ができ、左右の歯に負担をかけないところが大きなメリットになります。

しっかりとカウンセリング、CTを含めた診査を行い、インプラント治療を行っていくこととなりました。

インプラント 名古屋 症例

これが、インプラントを植えた直後のレントゲン写真です。

ここから、インプラント体が周囲の骨と結合するのを待ちます。

インプラント 名古屋 症例

通常、2、3カ月ほどで、次の処置に移るのですが、この方は、少し骨が柔らかかったので十分と期間をとり、5カ月程待ってから インプラントの頭出しを行いました。

上の写真は、インプラントの頭を出した後の写真です。

ここにアバットメントといわれるインプラントの接合部をつないでいきます。

インプラント 名古屋 症例

上の写真の左に映っているのがアバットメント(接合部)、右に映っているのがインプラントの上部構造(被せ物です)

上部構造をジルコニアという人工ダイヤを使ったフレームと、セラミックを組み合わせたもので作っているので、透明感のある、自然な色調の被せ物となっています。

インプラント 名古屋 症例

これが接合部のアバットメントが入ったところの写真です。

ここにセラミックの被せ物を入れました。

インプラント 名古屋 症例

インプラント 名古屋 症例 インプラント 名古屋 症例

機能的にも、入れ歯のような煩わしさもなく、自分の歯のように食べることができると、とても大変満足していただきました。

上の被せものを、金属を使わずに、ジルコニアを使って作っているので、審美的にもとても満足度の高い、自然な治療を増した行う事ができました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
インプラント埋入とジルコニアの被せ物による治療。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
また、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る