ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

虫歯で神経を取らない、保護する処置(直接覆髄)

2018年11月12日

左下4番にカリエス(虫歯)を認めます。神経に近いもので、痛みなど症状次第では抜髄(神経を抜く)処置となる可能性が高い状態です。

神経を取ると、痛み自体は引いて短期的にみると良いかもしれませんが、人生という長期的にみると、歯の寿命が大きくさがり、どこかで大変なことになる可能性が大きくなります。

今回は神経を極力残すということで、カリエスを除去し、炎症歯髄(歯の神経)も除去し、そこにバイオセラミックスという生体親和性が高いものを使用する方法を取りました。

以下に術中、術後の写真があります。無事に神経を除去せずに処置が終了しました。もちろん、いづれは神経が壊死、あるいはカリエスなどで壊死する可能性があります。しかし、神経処置を先延ばしにすることで人生における歯の寿命を延ばすことができました。

今回の処置はバイオセラミックスというものを使用しており、保険外診療となります。処置自体はカリエス処置、経過観察時期、最終的な修復補綴処置(型どり)で3-5回くらいかかります(症状と程度で左右します)。費用は神経保護においては3万円です。修復補綴処置は別途かかります。

歯があることは、ご飯を食べられる、栄養が取れるという人生の延命にも繋がります。非常に大切なことと考えます。

 

 

ダイレクトボンディング

2018年07月9日

今回は、ダイレクトボンディングです。

簡単に言うと、コンポジットレジン(CR)で治療をしたという事です。

この方法は、金属ではないので、熱による変形が少ない利点があります。

保険適応の金属の場合、熱変形が大きいので、金属を付けているセメントがはがされる方向に働き、2次的な虫歯や金属が取れるという事が起こります。コンポジットレジンの場合は、上記のようなことはありません。

しかし、強度的には金属ほどの硬さは無い為、適応される部位によってはすぐに壊れてしまうという事もあります。

今回のような形であれば、ダイレクトボンディングの適応となるので、この方法を選択しました。

  

 

今回は、保険を使用せず自由診療で治療させていただきました。

金属の切削粉などが口の中に置いていかないように、ラバーダム防湿(ゴムのマスク)をして、金属を除去したのちに、コンポジットレジンを詰めていきました。

先にも挙げたように、自由診療で治療をさせて頂いたので、1本あたり約3万円と時間は70分ほどかかりました。

ダイレクトボンディングとセラミック治療

2018年05月14日

今回はダイレクトボンディングとセラミックによる虫歯治療です 。

上記の写真の金属の下が虫歯になったため、治療を行いました。

左はダイレクトボンディングと呼ばれる樹脂を用いた治療で、右はセラミックを用いた治療を行いました。

両方とも歯への接着操作をしっかりすることで術後虫歯になりにくくすることが可能です。

治療後です。

歯の色にマッチして終えることが出来ました。

治療回数は3回、保険外診療の為¥80,000(税別)です。

ダイレクトボンディング

2018年04月9日

こんにちは。

今回は虫歯治療の中でも、ダイレクトボンディングと呼ばれる方法で治療を行ったので紹介します。

上の写真の一番右の歯に虫歯ができています。

表層を削ってみると、中に大きな虫歯があります。

詰めて研磨を行った後です。

ダイレクトボンディングの最大のメリットとして、虫歯以外の歯を削る必要がなく、自身の歯を最大限保存できるところにあります。

ダイレクトボンディングについて是非ご相談ください。

 

このページの先頭に戻る