予防歯科

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯根破折

2019年01月21日

インプラントを数本入れている患者様ですが、今回はインプラントではなく自分の歯を保存するように治療しました。

インプラントのように長く持つという保証は出来ませんが、自分の歯で食べていけるという事と骨吸収を起こしてしまった部分の骨の回復を待つのには十分もたすことが出来ると思い、このような治療を選択しました。

 

患者さまは、数年前に当院で根管治療をしております。

とてもまじめな方できちんとメンテナンスに通って頂いていた方ですが、左上の歯が腫れてきたという事で急患で来院されました。

レントゲンで歯根を取り囲むような黒い像が認められたため、抜歯を前提に話を進めていましたが、最終判断は実際に歯根を見てから決めるという同意を得て手術に臨みました。

実際の手術の写真は載せられませんが、歯根破折を起こしていたのは、3本あるうちの1本だけでしたので、プランBへ治療方針を変え、歯根を1本だけ抜去することにしました。

歯茎が治癒し型取りをする前の写真です。

土台となる歯がいびつな形をしているので、被せ物を作る技工士と相談しながら進めました。

 

被せ物が入ったところです。

まだ被せ物が入って時間が経っていないので、この先どのようになるのかを慎重に見守っていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。

セラミックインレーによる症例。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のCR修復 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年03月13日

今回はCR(コンポジットレジン)といわれる樹脂の材料で虫歯の治療をした患者様を紹介します。

CRは現在の歯科治療には欠かせない材料です。特に前歯の虫歯の治療には多く使用されます。

しかしこの材料は経年的に劣化するため、何年かに一度やり変えが必要になることもあります。また、汚れがたまるとCRのきわから二次的な虫歯が広がってしまうこともあります。

今回の患者様は、前歯の古いCRのきわから虫歯が広がり穴が開いている状態でした。

また、歯ぐきの際にも新たに虫歯ができており、歯の表面には着色がついています。

CRでの治療はほとんどの場合、その日に短時間で治療を終えることができます。

その日に計3ヶ所を詰め物して治療を終えました。

 

今後は再度虫歯が広がらないよう、健診で詰め物の状態の確認と、必要であれば定期的に詰め物の研磨を行います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約9万円。
CR(コンポジットレジン)充填にて治療した症例。
リスクとして、長期利用で変色することがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3DS(スリーディーエス)ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年12月8日

この言葉を初めて耳にされた方も多いのではないでしょうか?

これはDental Drug    Delivery   System の略です。

「歯に薬を届けるシステム」と直訳できますが、虫歯や歯周病の予防効果を高めるために行われる予防歯科治療のことです。

 

お口の中には600~700といわれる種類の細菌が何億といます。お口は消化管の入り口ですから、腸内細菌と同じく菌がいること自体は悪いことではないのですが、その中には虫歯菌や歯周病菌などの悪さをする菌が存在します。

 

虫歯も歯周病も菌が原因の感染症なので、「除菌する」ということが治療や予防に効果的です。

しかし、お口の中には常に唾液があり、薬を付けてもすぐに流れてしまいます。

そこで個人個人のお口に合った専用のマウスピースに薬剤を注入して装着することで、歯や歯茎の周りに薬をとどめることができて、虫歯菌や歯周病菌に直接作用させて除菌する。

この非常に効果的で画期的な予防方法が3DSなんです!!

 

虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌は、歯だけに付着して増殖するという性質があります。

歯の周りを直接除菌する3DSですが、歯の表面には細菌がバイオフィルムという膜を作ってへばりついているので、その上から除菌しようとしても効果がありません。

そこでPMTCという歯科で行う丁寧なクリーニングをしてバイオフィルムを物理的に破壊・除去した状態で3DSを行います。

 

虫歯で苦労してきた。

 

ご自身の口腔ケアに自信がない。

 

被せ物や詰め物などの治療痕が多い。

 

などの心当たりがある方には特におすすめしたい治療です。

まずはお気軽にご相談ください。

セラミック修復 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年10月22日

下の写真の患者様は、矢印の部分に虫歯がありました。

一ヶ所は古い詰め物の下の二次的な虫歯、もう一ヶ所は歯と歯の間の虫歯でした。

詰め物の材質(金属かセラミック)によって削る形や量、また二次的な虫歯による再治療のリスクが違うことを患者様に説明したところ、今回はセラミックでの治療を希望されました。

虫歯を除去して型取りを行い、後日出来上がってきたセラミックをつけて治療終了となりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約12万円。
詰め物にセラミックを使用し、虫歯を治療した症例。
リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

位相差顕微鏡 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2013年02月18日

 

今回は、歯周病治療における検査の一つである「位相差顕微鏡」検査を紹介します。

口腔内には500~700種類もの細菌が生息しているといわれています。

こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっています。

位相差顕微鏡では、これらの細菌の種類や量を直接観察することが可能です。

歯垢をごく微量採取し、位相差顕微鏡で観察すると、その人の口の中にどのような歯周病菌がいるか、ま

た、どの程度活動性をもっているか判定することができ、それにより治療効率も格段と高くなります。

当院では、存在する細菌によりさまざまな治療法を選択することができます。

歯周病でお悩みの方、歯周病の治療を受けてもなかなか改善しない方は是非お尋ね下さい。

キャンペーン ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年11月5日

11月、12月とナディアパークデンタルセンターではキャンペーンを行っています。

『 Go!Go! Clean up キャンペーン』〝プロフィー〟をお得に受けて頂く事ができます。
今年の汚れは今年のうちに!
お口の中の大掃除をしましょう。

プロフィーとは 通常のクリーニングとは違い、歯の表面についている プラークや
タバコのヤニ、茶渋、コーヒーなどによる頑固な着色を、特殊なパウダーを吹き付けることにより 取り除くことができる方法です。
これによって、歯が本来持っている白さを引き出します。
また普段のブラッシングや通常のクリーニングでは行き届かない細かい所のクリーニングをする事が可能で、いつもとは少し違った爽快感が得られます。
これがプロフィーを行う前の状態です

術後です

気になる方は、お電話にて御相談下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約7000円。
クリーニングで歯の汚れを除去した症例。
デメリットとして、自費治療なので保険治療よりも高額になることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内部で広がる虫歯 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年02月6日

今回の患者さんは、強いズキズキする強い痛みがあり来院された方です。

お口の中を見ると、痛みの原因はここの部位。

パッともたところでは、小さな金属の詰め物と、真ん中に黒くなっている小さな虫歯があるだけのように見えます。

大きな穴も開いていないのに、こんなに痛みが出るものなのでしょうか・・・

 

レントゲンを撮ってみると・・・

矢印の示す歯に、神経に近い所まで広がる大きな黒い影が写っています。

この大きな虫歯が、歯の神経を侵すまで進行してしまったと考えられます。

 

このように、虫歯は入口は小さくても中で大きく広がっていることが良くあります。

歯の表層のエナメル質は硬いのですが、中の象牙質という部分は軟らかく、虫歯が進行しやすい構造になっています。

パッと見はわかりにくいので、やはり必ずレントゲンを撮ってみないとその広がりが分かりません。

このように、神経の症状が強く出てしまった場合は神経を取る処置をしなければなりません。

これが虫歯を取っているところの写真です。

軟らかい虫歯を取ったところですが、左のほうの黒い部分がまだ残っていますね。

ここの虫歯が深くて、おそらく神経にまで到達することになってしまったんだと思います。

 

 

これが神経を取っていっているところの写真です。

神経の入っているスペースまで穴をあけ、中の神経を細い器具を使って掃除していきます。

 

この患者様も、もしもう少し早く受診して頂いていれば、

レントゲンを併用し早期に虫歯を発見し、神経を取るまでには至らなかったかもしれません。

「何もしないでもズキズキ痛い」

この状態は、もう神経が強い炎症を起こしてしまったあとの症状なのです。

すなわち、神経を取らざるを得ない状況。。。

症状が出る前の、早めの受診、定期健診、クリーニングはとても重要です。

みなさん、定期健診は受けられていますか??

早期発見早期治療が健康なお口の第一歩です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

保険適用。

歯の神経にまで達したむし歯を治療した症例。

リスクとして、稀だが再発することがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯石、タバコのヤニの除去 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年09月5日

今回は、歯石とタバコのヤニを除去した症例をご紹介します。

どんな人もそうなんですが、下の歯の前歯の裏には、歯石がたまりやすいです。

この方はそれに加えてタバコを吸う方でしたので、このように歯石の上に濃い茶色のタバコのヤニが付着しています。

このままでは、どんどん汚れがたまり、歯周病の悪化につながります。

また、表側にも黒くヤニがついてくるので、見た目にもとくありません。

大きな歯石は手用の歯石取りの器具や、機械をもちいて除去していきます。

ただこのように、べったりとついてしまったヤニや着色は、きれいにするのがとても大変です。

 

そこで、細かい粒子の粒を歯の両面に機械であて、ヤニや歯石をとっていきます。

この方法だと、歯の表面をいたずらに傷つけることなく、ヤニを除去することができます。

これが術後の写真です。

歯の輪郭すらしっかり見えていなかったのが、本来のきれいな歯の表面が見えてきました。

これだけたくさんの歯石やヤニがついていた方でしたので、もちろん一度の歯石取りでは歯石をとりきることはできません。

この後、この患者様にはしっかりと歯周病治療を受けていただきました。

患者さんも、お口の中がスッキリと変化したのをとてもよく感じる事ができるので、患者さん自身のモチベーションも上がり、しっかりと治療に通っていただくことができました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

保険治療。

クリーニングで歯の汚れを除去した症例。

リスクは、特にない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯が割れている!? ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年07月19日

今回は、

「他の先生の所で何度も根っこの治療をしたが、疲れてくると腫れる。」

ということで、本院にお越しになりました。

 

レントゲン写真では、根っこの亀裂か破折(割れていること)を疑いましたが、

実際に、土台まで外してみましたが亀裂は見つからなかったので、

本院でも一度根っこの治療を試みることになりました。

 

根っこの治療が終了し、セラミックの被せものも終わって、半年経ったころまたこの歯が腫れてきました。

 

半年という短い期間を考えると、亀裂の疑いが強くなったので、

患者様と相談しインプラントにすることにしました。

 

手術の写真を載せることができませんが、歯を抜いてみると根っこの先から亀裂が入っていました。

 

    

 

手術後、4か月の写真です。

 

歯が割れてしまう原因は、歯にものすごい力がかかった時に起こります。

どのような時に、ものすごい力がかかっているかというと、

集中している時や強い力を出そうとしているときはもちろんですが、寝ている時にも強い力がかかっています。

 

 

上の写真は、食いしばりや歯ぎしりから歯を守るためのものです。

 

寝ている際は、当たり前ですが意識がないので、

「歯で強く噛んでるから、やめよう!」

なんて、できません。

そのために、寝る時には上の写真のマウスピースをして寝ていただくようにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約40万円。

インプラント埋入による治療後、歯ぎしりの予防としてマウスピースでケアをする治療。

インプラントの治療のリスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯の隙間が空いてきた ~歯周病治療と審美治療~ ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年06月26日

今回の患者様は、歯周病の悪化で来院された患者様です。

 

上の写真は、当院に初めてお越しいただいた時のものです。

このブログでは、正面からのお写真しか載せていませんが、実はこの方、お口の中全体にかなり歯周病が進行していました。 上の写真でも、歯茎が赤く腫れぼったくなっているのがお分かりいただけるかと思います。

前歯に注目してください。前歯の隙間が開いていますよね??

実はこれも歯周病が関係しています。

歯周病が悪化すると、歯の周りにある歯を支えていた骨が溶かされてきます。

そこに、歯を揺さぶるような力がかかると、歯は移動してしまいます。

この前歯も、恐らく歯周病と揺さぶるような力により、歯が前に押し出され、隙間が空いてきたのだと考えられます。

 

まずは患者様に現在の病状を知ってもらうため、歯周病の詳しい検査をさせていただきました。

その結果をもとに、まずは歯周病治療を徹底的に行いました。

 

 

これが歯周病治療がある程度落ち着いてきた頃の写真です。

患者様も、詰めての来院は大変だったと思いますが頑張って歯周病治療に取り組んでくださいました。

ずいぶん歯茎の様子が変わってきたのがお分かりいただけるでしょうか??

歯茎の赤身やプクプクに晴れた感じが引きました。下の歯と歯の間に、三角形のスペースが見えてきています。

腫れがひき、本来の位置に戻ってきたため生じたスペースです。

ここで、前歯の隙間についても治療を行っていくことになりました。

下の写真は、前歯を横から見た写真です。

 

上の前歯が、1本前に飛び出しているのがお分かりいただけると思います。

歯周病によって、骨が緩くなった歯は、実はこれだけ前に飛び出していたのです。

このためにスペースが開いてしまい、隙っ歯になっていました。

(前に出ている歯の色が濃い色なのは、歯の神経が死んでしまっているからです。)

 

このスペースを閉じるために、矯正、セラミック等の被せ物を使った方法が考えられます。

今回は、患者様との相談の結果、飛び出している1本の歯だけセラミックで治し、スペースを閉じていくこととなりました。

形をしっかりそろえるためならば、2本の歯を被せたほうがきれいに仕上がりますが、歯をあまり削りたくないという患者様のご希望もあり、このような形に決めさせていただきました。

  

これが、仮歯が入った時の状態です。

仮歯で幅や長さ、形を調整しながら、納得のいくところを探します。

また、実際使ってみて問題ないかを確認していきます。

 

根の治療も済み、最終的な被せものが入ったのが下の写真です。

 

  

 

多少、セラミックを被せた歯のほうが幅は大きくなりますが、歯の色調も合い自然な仕上がりとなりました。

患者様にも、満足していただくことができ、また、その後の歯周病のメインテナンスもしっかり通っていただいております。

 

今回は、歯周病治療後に審美治療を行ったケースの紹介でした。

どれだけ、きれいなセラミックが入ったとしても、歯周病治療を怠っていれば、歯茎はどんどん痩せて下がってしまいます。歯周病治療は、患者様にも大変な苦労を強いてしまうものですが、本当に大事な治療です。

当院では、審美治療に先立ち、きちんと歯周病の治療を行ってから始めるよう心がけております。きれいで安定した歯と歯の周りの状態を、できるだけ長く保っていくため、皆さんも一度歯周病のチェックを受けられてはどうでしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。

歯周治療を行なった後に、セラミックを使用して治療した症例。

リスクとしては、セラミックの被せ物が過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る