口腔外科

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯の移植 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2013年09月9日

今回は、移植治療を紹介します。

患者様はブリッジのダツリで来院されました。

矢印で示した所の歯が、割れた事によってブリッジがダツリしてきました。

矢印の歯は抜歯になってしまい、部分入れ歯が通常の治療になると思いますが、

患者様の強い希望により部分入れ歯を回避する為の、移植治療を選択しました。

下の写真は、移植手術の時の写真です。

  

移植後は3~4か月間仮歯を使って頂き経過観察を経て、最終的なブリッジの被せ物をしました。

今回、部分入れ歯を回避して、ブリッジにする事が出来ました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約60万円。
歯牙移植をした歯を利用して、ブリッジを施した症例。
デメリットとして、ブリッジの土台形成のために健康な歯を削る必要がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静脈内鎮静法 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年09月21日

今回は、インプラント手術の際に併用することの多い「静脈内鎮静法」のついて紹介します。

静脈内鎮静法とは、意識を失わせることなく不安感や緊張を和らげる方法です。静脈内に鎮静剤や鎮痛剤を投与する事により、術中の痛みや恐怖心などが無くなり、術後の腫れや痛みも少なくなります。ただ、全身麻酔とは違って、意識が完全に無くなる事はありません。

< 静脈内鎮静法の特徴>

・気分が落ち着く

・痛みなどを含め治療中のことを覚えていない(健忘効果)

・治療時間が短く感じられる

・精神的な緊張が和らぐことで血圧や心拍数なども安定し、高血圧や心臓病など全身 疾患をお持ちの方でも安心して治療が受けられる。

・嘔吐反射が強い患者さんも、治療中の吐き気(えづき)を抑え、楽に治療することが出来る。

患者さんの感想として最も多いのが、『いつの間に手術が終わったのか分からなかった』というものですが、 『ひさしぶりによく眠った』『いつの間に始まったのか分からなかった』と言う方もいました。

静脈内鎮静法終了後は自分で歩けますが完全に切れるまで時間がかかりますので、車の運転や自転車での帰宅はできません。

興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

 

自家歯牙移植 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年10月11日

今回は、自家歯牙移植を行った症例を紹介します。

歯牙移植とは、自分自身の必要のない歯(主に親知らず)を、歯を失った場所に移植する方法です。

条件としては、

・親知らずなど不必要な歯がなくてはならない

・移植する歯の根が複雑な形態をしていないこと

・移植する場所の大きさと適合すること

・移植する歯が歯周病にかかっていないこと  等が挙げられます。

条件を満たせば、ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、保険適応となることもあるため、利点が多い処置といえます。

しかし、予後が不安定であるという欠点もあります。

 

今回のケースは、左下の奥歯がう蝕の進行により保存不可能のため、左上の親知らずを移植しました。

これが移植する親知らずです。

移植後は前方の歯とワイヤーで固定し、約3週間ほど安静を保ちます。

今後の経過についてはまた紹介していきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約10万円。

自家歯牙移植による症例。

リスクとして、インプラントと比較すると予後が不安定なことがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自家歯牙移植 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年07月27日

 

口腔外科 名古屋 症例 口腔外科 名古屋 症例

今回は、自家歯牙移植をした症例です。

レントゲン写真の向かって左下(矢印の向かった先の歯)に虫歯でボロボロになってしまっている歯があります。

右の写真でも、真黒になってしまっている歯が見えますね。

残念ながら、この歯をもう一度再治療することは難しいため、抜いていくことにしました。

下の写真が、レントゲン写真のクローズアップです。

矢印の歯が抜く予定の歯です。

口腔外科 名古屋 症例

抜歯した部分には、インプラントや入れ歯などのような治療を行うのが通常ですが、

今回は、上の大きなレントゲン写真で、画面向かって右下の親知らずが残っていたため、この親知らずを抜歯すると同時に移植して使う事にしました。

口腔外科 名古屋 症例

上の写真の矢印の歯が移植に使う予定の親知らずです。

しかもこの親知らず、奥にあって磨きにくく、虫歯にもなっていたため、やはり抜歯が望ましい歯。

これが移植して、親知らずよりもケアがしやすい位置に持ってこられるなら、使えるかもしれません。

つまり、ちょうど、上のレントゲン写真の大きな矢印のように、向かって左の親知らずを、右の抜歯が必要な歯の所へ移動させる

これが、自家歯牙移植です。

インプラントのような、人工物を使うのでなく、自分の別の歯を使う事が出来るので、大きなメリットのある方法です。

移植は、条件がそろわないと出来ない治療方法ではありますが、インプラントの前に一度試してみてもいい方法ではないかと思います。

さて、下の写真が抜いた親知らずです。

乾燥しないように気をつけながら、これを反対側の抜歯後の部位に調整しながら入れていきます。

 

口腔外科 名古屋 症例

この後、しばらく根の治療などを行い、移植した歯が安定するのを待ちます。

これが、約半年後の状態です。

移植した歯が安定し、被せ物を被せることができました。

実は、移植する予定の部分の骨を削るのがとても大変で、術後の写真を見ると、もう少し深く位置づけすることが可能であればよかったかもしれないと思います。

しかし、どちらも抜歯ををしなければいけない歯でしたので、これで少しでも長もちしてくれれば・・・とおもっています。

患者様も、不自由なくお食事が出来ているようで安心しました。

今後は、しっかりとこの歯を少しでも長く残していけるよう、患者様と一緒にケアを続けていこうと思います。

 

口腔外科 名古屋 症例 口腔外科 名古屋 症例

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約10万円。
自家歯牙移植による症例。
リスクとして、インプラントと比較すると予後が不安定ことがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯牙移植 [1] ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2009年05月18日

今日は歯牙移植についてお話しです。

今回のケースの主訴は「右下の奥歯がぐらついて痛む」でした。

診断の結果、残念ながら保存は不可能となりその日に麻酔をして抜歯をしました。

口腔外科 歯牙移植 名古屋 症例

後日、治癒経過の確認と洗浄のため来院された際に、歯を抜いたところの治療方針についてのご相談をさせていただきました。

当院からはインプラント、入れ歯、ブリッジ、移植が適応であるとのご提案をし、この中から移植を希望されたのが今回のケースとなります。

まず移植をする際に必要となるのが、移植歯牙の存在です。この方の場合幸い抜歯適応の親知らずがあったので、それを今回抜いた場所へ移植する計画で進めていきました。下の写真移植歯牙を固定した状態です。

口腔外科 歯牙移植 名古屋 症例

移植の成功ポイントの1つとして、歯茎の緊密な移植歯牙への密着が必要となります。

口腔外科 歯牙移植 名古屋 症例

そして術後のレントゲン写真の状態です。

現在は移植歯牙が安定するのを待っている段階ですので、また経過を追ってお話ししたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

価格は、約10万円。

自家歯牙移植による症例。

デメリットとして、インプラントと比較すると予後が不安定なことがあげられる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯牙移植 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2009年03月2日

審美歯科 口腔外科 歯牙移植 名古屋 症例

今回は、写真から見ていただきます。

後ろに横たわっている親知らずがあることによって、

ブラッシングが十分に出来ず大きな虫歯を作ってしまったと想像されます。

更に、虫歯を取っていったらこの歯が残せない常態になってしまいました。

ココで選択肢は3つです。

①虫歯の歯と親知らずを抜いてインプラントを入れる。

②虫歯の歯を抜いて親知らずを使って移植をする。

③虫歯の歯と親知らずを抜いてブリッジを入れる。

全ての選択肢に利欠点があるのですが、今回は移植を選択しました。

審美歯科 口腔外科 歯牙移植 名古屋 症例

上の写真は移植後3週間の写真です。

この後、根っこの治療をして最終的な被せ物をしていきます。

審美歯科 口腔外科 歯牙移植 名古屋 症例

最終的な被せ物を入れたところです。

今回は患者さんの口の中を考えてオールセラミックを選択しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約20万円。
自家歯牙移植をした後に、セラミッククラウンを装着した症例。
リスクとして、セラミッククラウンが過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る