ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

1回の治療

2018年06月4日

今回は、根っこの治療の後の被せ物を1回の治療で済ませた方です。

レントゲン写真で、矢印のところの歯の神経の治療が終わったところです。

このまま、歯が多く残っているからと言って、被せ物をしないと歯が割れてしまい、最悪な割れ方の場合抜歯となる可能性がある為、出来るだけ可及的に歯を残して、必要なところを被せる治療を行いました。

今回は、遠方より来院していただいている関係で、1回での治療をご提案し承諾を得たので、その方法で行いました。

口の中を撮影できる特殊なカメラで撮ったデータを3Dにして、コンピュータで被せ物の設計をし、セラミックブロックからセラミック冠を削りだします。

その削り出したセラミック冠を口の中で調整させてもらい、セメントで着けたところです。

セラミックの素材の為、金属と比べてしまうと欠けるというリスクはありますが、汚れが付きにくく、歯には優しい素材となります。

費用は10万円(税別)を越えてきますが、それよりも1回で治療が終わるという事で選択して頂けたと思います。

奥歯のセラミック治療

2018年05月28日

この患者様は奥歯の神経の治療後の痛みが取れずご来院され、最終的に6本のセラミック治療を行われました。

向かって右の一番奥と奥から2番目は神経の治療(根管治療)の必要があったためそれぞれ3~4回の根管治療を行い、その後型どりをしてセラミックの被せ物を行いました。向かって右側は神経まで達していない虫歯が銀歯の下にあったので、しっかり取り切り手前と奥と2本ずつに分けて型どり1回、装着に1回、全部で4回の治療を行いました。

奥歯のセラミック修復物の費用は

小さい詰め物で50,000~80,000円(税抜き)

被せ物で150,000~170,000円(税抜き)です。

歯と接着することで2次虫歯を予防することがセラミック治療の大きな利点です。

前歯のオールセラミック

2018年04月23日

前歯2本の根の治療の相談にお越しになった患者様です。

真ん中の2本の被せ物の形の非対称や歯ぐきの際の黒ずみも気になるとのことで、精密根管治療を行った後、オールセラミックにて被せ直しをされました。

もともと入っていた被せ物もセラミック治療がしてありましたが、このタイプのものは金属の裏打ちの上にセラミックを焼き付けてあるもので、金属色を隠すために透明感を出すことが困難です。

当院で使用するセラミックはオールセラミック。土台に金属を使用しないので自然な歯の色を再現することができます。

一日即日でセラミック治療

2018年04月16日

一番左の歯を、その日で治療したものです。

通常、歯型をとり、後日詰め物を作ります。

今回はその場でコンピュータで歯を読み取り、作り、一日で装着しました。患者の負担が減ります。

前歯白くしたい

2018年04月2日

新年度になりました。

今回は、前歯の神経が死んでしまったことにより、

変色が起った歯です。

まず、根の治療を行い、歯の中に薬液を入れ、白くした症例です。

前歯のセラミック治療~その後~

2018年03月26日

先週に引き続き、セラミックについてです。

先週の患者様は、その後数年来院が無くなったのですが、ある時「歩いていて転倒してラミネートべニアが欠けた」ということで来院されました。

 

急患で来院された時にはラミネートべニアだけではなく、自分の歯も一緒に欠けていた為、CR(コンポジットレジン)を使用して応急処置をしました。

 

さて、ラミネートべニアが欠けてしまった際に多くの場合、再度ラミネートべニアで対応できますが、今回は自分の歯も一緒に欠けていたので、ラミネートべニアは適応外となりセラミックの被せ物で対応することとなりました。

 

唇にも裂傷があり、傷が治るのを待って型取りをさせてもらいました。

 

そして、出来上がった被せ物を付けた写真です。

ラミネートべニアと違いセラミックの透けるのが少ないので、つけた当日でも左右の歯の色の違いなどは認められません。

前歯のセラミック治療

2018年03月19日

こんにちは、今回は今週と来週にわたって前歯のセラミック治療についてです。

 

患者様は、「自転車に乗っていて転倒し、前歯が折れた」ということで来院されました。

 

初診時の写真です。

初診の時には応急処置となりますので、CR(コンポジットレジン)を使用して見た目と神経の保護を行いました。

 

数週間の後に神経症状が出なかったので、ラミネートべニアというセラミックで治療する計画を立てました。

ラミネートべニアは、つけ爪のようなもので、歯の表側をわずかに削らせてもらって型取りをします。

 

わずかに削らせてもらいますので、出来上がってくるセラミックは薄いものとなります。

その為、写真にあるように石膏の模型の色が透けています。

裏側からの写真が良くわかると思います。

 

ラミネートべニアを付けた当日です。

色が合っていません。

これは、つける時に乾燥させたりしているせいでこのまま時間が経つと色が合ってきます。

 

数週間経って、来院された時の写真です。

他の歯と分からないくらいに馴染んでいます。

 

今回のように、欠けてしまって神経が残っているのであれば、ラミネートべニアで対応することが一番多いです。

セラミック治療 奥歯

2018年03月12日

古い銀の詰め物が奥歯に入っていたこの患者様。

これは最近の治療で使われる金属ではなくお口の中で固めるタイプの金属で、歯に着色を起こしたり、周囲の粗造になった部分から2次虫歯を起こしてしまったりします。

最後の一つをセラミックできれいに治したいとのことでやり替えをさせて頂きました。

元々の着色しているところは一部残りますが、削らなくても良い部分なのでセルフケアをしっかりしていただき経過を診ていきます。

セラミックは金属の詰め物とは違い、歯と接着することができるので2次虫歯になりにくいという大きなメリットがあります。

セラミック治療

2018年02月26日

今回はセラミックによる虫歯治療です。

奥歯二本に虫歯ができています。

 

それをセラミックで治療すると

このようになります。これはe-maxという材料で、メリットとしては従来のセラミックよりも強度があります。

審美的にも良好で、さらに虫歯にもなりにくいです。

是非一度ご相談ください。

インプラント治療

2018年02月19日

インプラントにより失った前歯の見た目、機能を回復させた症例です。

向かって左の前歯に見た目ではわかりにくい取り外しできる入れ歯を使用されていました。

 

その部位にインプラントを埋入しました。

向かって右の隣の歯の根の治療もやりなおしました。

土台を作り、

最終的なかぶせものが出来上がった状態です。

このページの先頭に戻る