審美歯科

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

セラミックインレー e.max イーマックス セラミック治療 

2021年02月17日

むし歯治療の際、むし歯の範囲が大きいとインレーというかぶせ物をすることでなくなってしまった歯を補います。

当院で扱っているインレーには、メタルインレーとゴールドインレー、セラミックインレーの三種類があります。

・メタルインレーは保険でできて強度もありますが、見た目が悪く再度むし歯になりやすいというデメリットがあります。
・ゴールドインレーは保険がきかず高価ですが、強度が高く歯ぎしりや食いしばりのある方にお勧めです。
・セラミックインレーは見た目が良く虫歯になりにくいですが、保険がききません。

それぞれのメリットデメリットを比較しながら、自分に合った材料を選ぶことができるので担当のDrと相談の上決めると良いでしょう。
今回は、他院にて本来インレーで修復されるべき広範囲をコンポジットレジンで修復して再度むし歯になってしまった患者様です。

治療前がこちら

青矢印で示している歯が今回の治療歯です。もともとあったむし歯が大きかったうえにその下にむし歯が出来てしまったので、とても深いむし歯でした。次この歯がむし歯になってしまうと神経に到達してしまうため、むし歯になりにくいセラミックインレーを選択されました。

セラミックインレーは接着力が大切であり、水分は接着力を阻害します。
そのため当院ではラバーダムというゴムのマスクを装着して、セラミックインレーのセットを行います。

ラバーダムをした状態で、古い詰め物を取り除き形を整えた状態がこちらです。この後型取りをおこない、出来上がって来たe.max(イーマックス)というセラミックをセットします。

治療前は隣に歯にくっつくように詰め物がハミ出ていましたが、きちんとした形態にすることで歯間の清掃もしやすくなります。

ラバーダムを取るとこんな感じです。
見た目もバッチリで患者様は満足していました。

 

来院回数 2回

費用 8万円(税別)お支払いはクレジットカード・デンタルローンもご利用いただけます

 

銀歯を白い歯に〜オールセラミックインレー〜

2021年01月27日

銀歯を白くしたいと来院された患者様

相談の上、イーマックス(e.max)という強いけれど噛み合わせの歯に優しいという素材でやり替えることになりました。


 

見た目の印象を気にしての再治療でしたが、銀歯をセラミックに換えることで見た目以外にも利点がたくさんあります。

今回のようにイーマックスを使うと噛み合う歯に優しいですし、使用するセメント(接着剤)が保険適用では使わない特殊なセメントを使う事で二次的な虫歯になりにくいという利点があります。

銀歯のキワから虫歯になってしまって再治療を行うというケースはとても多いです。

まだ虫歯になっていない銀歯を先に治療しておくというのも、選択肢のひとつかもしれません。

 

来院回数 2回

費用 8万円(税別)お支払いはクレジットカード・デンタルローンもご利用いただけます

歯の根元の変色〜セラミック治療〜

2020年09月25日

上の左右前から二番目の歯にもともと入っていたセラミックの被せ物の歯頚部(歯の根元の部分)が見えてきたとのことでやり替え希望で来院された患者様の術前の写真がこちらです。

歯ぐきの退縮によって、昔入れたかぶせものとの境目が合わなくなり、このように段差が出来てしまうことがよくあります。

まずは治療のため、もともとの被せものを外して仮歯にします。ナディアでは他院で行った根の治療は全てやり直しをしているため、仮歯を入れてまずは根管治療から行いました。

 

支台歯形成後、患者様の希望でナチュラルホワイトニング(ホームホワイトニング)を行い、全体的に色調が明るくなりました。

 

ですが、もともとの土台の歯の色味が濃く、ホワイトニングでは土台の色を変えることが出来ません。

そこで、色の遮蔽効果のあるジルコニアという素材を使用することで周りの歯との色調を出来る限り揃えることに。

術後の写真がこちらです。

自然に周りの歯に溶け込むような色合いになっているかと思います。

 

今回の治療費とかかった回数

マイクロスコープを使った根管治療8万円×2本(3回)

土台としてファイバーコア2万5000円×2本(1回)

ホームホワイトニング4万円(2回)

精密印象(型採り)1万5000円(1回)

ジルコニアセット17万円×2本(1回)

歯並びを治す〜舌側矯正→ホワイトニング→ラミネートベニア〜

2020年06月12日

こちらの患者様は、歯並びを治したいと来院されました。

初診時のお口の状態がこちらです。

目立たない矯正を希望されたため、舌側矯正にて約2年半かけて矯正を行いましたが、右上二番目の歯が矮小歯のため、形を整えるため、矯正時にあえてスペースを開けて表面にラミネートベニアをする計画を立てて治療を開始しました。

矯正終了時、青矢印部分に仮歯を入れています。仮歯を入れた状態でホワイトニングを行い、白くなった歯に合わせてラミネートベニアを行います。

歯の形を整えて…

ラミネートベニアをセット。

 

治療後もきちんとメインテナンス・クリーニングに通っていただいており、5年経過した写真がこちらです。

5年が経過してもキレイな状態を保てています。

 

矯正治療…約2年半20回程度、月に一度来院 130万円(税別)

ホームホワイトニング…来院2回、自宅で2〜3週間 4万円(税別)

ラミネートベニア型採り…来院1回 1万5000円(税別)

ラミネートベニアセット…来院1回 17万円(税別)

ラバーダム防湿でおこなうCADインレー

2020年03月27日

自由診療費用(税別)と治療回数(参考)

削って型採り(1回)、セット(1回)

合計 自由診療費用 5万円 治療回数2回・1週間程度

 

左上4番のエンプレスCADインレーです。
ラバーダム防湿をすることで、唾液と呼気中の酸素と水分を排除しています。
そうすることで、確実な接着を行うことが可能です。


ラバーダムで防湿をして形成


 完成

前歯の審美障害〜セラミック治療〜

2020年01月24日

自由診療費用(税別)と治療回数(参考)

仮歯の型採り 千円(1回)

仮歯のセット 3千円(1回)

マイクロスコープ根管治療 8万円(3回)

ファイバーコア築造2万5千円(1回)

シリコン印象1万5千円(1回)

イーマックスクラウン20万円(1回)

合計 自由診療費用 32万4千円 治療回数8回・約半年

 

来院時

左上前歯の変色・審美障害と右上前歯が欠けていることを悩まれて来院されました。左上は元々他院で根管治療済、神経がないため変色してしまっている状態です。

 

治療後

 

右上の欠けていた部分は保険治療内(コンポジットレジン修復)にて治療し、人前で笑うのが恥ずかしくなくなったと喜んでいただけました。特に上の前歯は大きく目立つので、周りの歯との協調が大切と考えています。

来院日時に制限のある方だったため、合計8回でしたが半年以上の期間がかかってしまいました。セラミックの被せ物がはいる前の治療期間中は、最初に型採りをしてセットした仮歯の状態で過ごしていただいています。

ナディアパークデンタルセンターでは、仮歯で最終的な被せ物の形や機能を確認しながら調整し、納得していただいてからセラミックの被せ物を作ります。

 

セラミック治療後の痛み

2017年11月13日

今回はセラミック治療後の痛みについてです。

 

本院でも、神経のある歯のセラミック治療後の痛みというのがたまに出ます。

原因としては、着ける時に使ったセメントの問題か歯に入っている細かい亀裂が原因となります。

今回は、調べてみたら後者の方が原因だった患者様を紹介します。

本院で本年の3月に少し大きめのセラミック詰め物をしたのですが、痛みが出たようで半年ほど経過を診ていたようです。

 

最近、痛みが生活に影響するようになったようで、原因を調べ治療をしていくことになりました。

まずは、この痛みが着けた時のセメントの問題なのか?

今回は、調べた結果セメントでは無く、亀裂が原因だということが判明しました。

 

歯に細かい亀裂が入っている場合は、時間が長くたっていれば、見えるようになりますが、新しい場合には見えません。

そこで、すぐに仮歯を作りはめてみました。

 

そうすると、次の日から痛みが無くなったということでしたので、亀裂が原因だったということの確定診断としました。

 

次に、仮歯を最終的な被せ物にしないといけないのですが、今回は1回の治療で被せ物を作るという計画にしました。

 

 

セラミックの被せ物の適合を確認しているところです。

この後、高温度で焼くことにより白い被せ物になります。

 

 

1日で最終的な被せ物を入れたところです。

この時には麻酔をしているので、後日麻酔が覚めたところで、再度来院していただき、咬み合わせや最初にあった痛みなどがない事を確認し定期検診に戻っていただきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。
セラミックを使用した症例。
リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥歯のブリッジ

2017年05月29日

 

不幸にして、歯を抜かなければならなくなった型で、前回は前歯のブリッジを紹介させてもらいましたが、

今回は、奥歯でも同じようにブリッジを行った方を紹介します。

上の写真は、歯を抜いてから仮歯を調整し、ダミー部分の形を作っていっている途中経過です。

最終形態を仮歯でつめて、型どりをしたところです。

この型を歯を作る専門職(技工士)のスタッフが石膏模型にして、セラミックを作ってくれます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
(セラミックを利用した)ブリッジによる症例。
デメリットとして、ブリッジの土台形成のために健康な歯を削る必要がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のセラミック治療

2017年04月3日

今回は前歯の見た目を気になさってご来院された患者様です。

真ん中の前歯2本の中央に白斑が見られます。これはホワイトスポットといい、むし歯ではないのですが歯の一番表層のエナメル質が軽い形成不全の状態のときに認められます。

患者様はこのホワイトスポット、向かって左の歯の黒っぽい歯の変色、向かって右の歯との間の隙間を何とかできないかとご相談にいらっしゃいました。

向かって左の変色歯は神経の治療をやり直し、表面を一層削ってかぶせるオールセラミッククラウン、その他の3本は表側の表面を一層だけ薄く削り、そこに付け爪のようなセラミックのシェルを張り付けるラミネートべニアという方法で治療することになりました。

いずれも歯面と強力に接着することができるセラミック用のセメントで強固につけていきますので簡単に取れることはありません。

歯ぐきとの調和もとれ美しい口元になり、喜んでいただけました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約36万円。

ラミネートベニアを使用した症例。

リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のCR  審美レジン充填

2017年02月27日

今日は前歯の詰め物の色の変色を気になさっていた患者様の症例のご紹介です。

下の真ん中の歯の一部に詰め物がしてあり、もともとの歯の色との調和が取れていません。

白い色で詰めてはあるものの、歯の色は肌の色同様、人によって個性がありなかなかぴったりの色に合わせるのは困難です。

この白い詰め物はコンポジットレジンと呼ばれるもので簡単に言うと光で固まるプラスチックです。

保険の範囲では使用できるメーカーや色の種類などが限られています。

この患者様はより美しくご自身の歯に調和した詰め物へとやり替えたいとのことで、審美レジン修復をご希望されました。

詰め直して磨いた後です。

色のムラがなくなり、隣の歯との色の調和が回復されました。

ちょっとした色の違いも一度気になりだすと何とかしたいと思いますよね。

ナディアパークデンタルクリニックでは小さな悩みにもお応えできるようスタッフ一同研鑽を続けています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約3万円。

コンポジットレジンによる治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る