審美歯科

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミック治療後の痛み

2017年11月13日

今回はセラミック治療後の痛みについてです。

 

本院でも、神経のある歯のセラミック治療後の痛みというのがたまに出ます。

原因としては、着ける時に使ったセメントの問題か歯に入っている細かい亀裂が原因となります。

今回は、調べてみたら後者の方が原因だった患者様を紹介します。

本院で本年の3月に少し大きめのセラミック詰め物をしたのですが、痛みが出たようで半年ほど経過を診ていたようです。

 

最近、痛みが生活に影響するようになったようで、原因を調べ治療をしていくことになりました。

まずは、この痛みが着けた時のセメントの問題なのか?

今回は、調べた結果セメントでは無く、亀裂が原因だということが判明しました。

 

歯に細かい亀裂が入っている場合は、時間が長くたっていれば、見えるようになりますが、新しい場合には見えません。

そこで、すぐに仮歯を作りはめてみました。

 

そうすると、次の日から痛みが無くなったということでしたので、亀裂が原因だったということの確定診断としました。

 

次に、仮歯を最終的な被せ物にしないといけないのですが、今回は1回の治療で被せ物を作るという計画にしました。

 

 

セラミックの被せ物の適合を確認しているところです。

この後、高温度で焼くことにより白い被せ物になります。

 

 

1日で最終的な被せ物を入れたところです。

この時には麻酔をしているので、後日麻酔が覚めたところで、再度来院していただき、咬み合わせや最初にあった痛みなどがない事を確認し定期検診に戻っていただきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。
セラミックを使用した症例。
リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奥歯のブリッジ

2017年05月29日

 

不幸にして、歯を抜かなければならなくなった型で、前回は前歯のブリッジを紹介させてもらいましたが、

今回は、奥歯でも同じようにブリッジを行った方を紹介します。

上の写真は、歯を抜いてから仮歯を調整し、ダミー部分の形を作っていっている途中経過です。

最終形態を仮歯でつめて、型どりをしたところです。

この型を歯を作る専門職(技工士)のスタッフが石膏模型にして、セラミックを作ってくれます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
(セラミックを利用した)ブリッジによる症例。
デメリットとして、ブリッジの土台形成のために健康な歯を削る必要がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のセラミック治療

2017年04月3日

今回は前歯の見た目を気になさってご来院された患者様です。

真ん中の前歯2本の中央に白斑が見られます。これはホワイトスポットといい、むし歯ではないのですが歯の一番表層のエナメル質が軽い形成不全の状態のときに認められます。

患者様はこのホワイトスポット、向かって左の歯の黒っぽい歯の変色、向かって右の歯との間の隙間を何とかできないかとご相談にいらっしゃいました。

向かって左の変色歯は神経の治療をやり直し、表面を一層削ってかぶせるオールセラミッククラウン、その他の3本は表側の表面を一層だけ薄く削り、そこに付け爪のようなセラミックのシェルを張り付けるラミネートべニアという方法で治療することになりました。

いずれも歯面と強力に接着することができるセラミック用のセメントで強固につけていきますので簡単に取れることはありません。

歯ぐきとの調和もとれ美しい口元になり、喜んでいただけました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約36万円。

ラミネートベニアを使用した症例。

リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前歯のCR  審美レジン充填

2017年02月27日

今日は前歯の詰め物の色の変色を気になさっていた患者様の症例のご紹介です。

下の真ん中の歯の一部に詰め物がしてあり、もともとの歯の色との調和が取れていません。

白い色で詰めてはあるものの、歯の色は肌の色同様、人によって個性がありなかなかぴったりの色に合わせるのは困難です。

この白い詰め物はコンポジットレジンと呼ばれるもので簡単に言うと光で固まるプラスチックです。

保険の範囲では使用できるメーカーや色の種類などが限られています。

この患者様はより美しくご自身の歯に調和した詰め物へとやり替えたいとのことで、審美レジン修復をご希望されました。

詰め直して磨いた後です。

色のムラがなくなり、隣の歯との色の調和が回復されました。

ちょっとした色の違いも一度気になりだすと何とかしたいと思いますよね。

ナディアパークデンタルクリニックでは小さな悩みにもお応えできるようスタッフ一同研鑽を続けています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約3万円。

コンポジットレジンによる治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガムピーリングで歯ぐきの黒ずみ除去!

2016年09月5日

この患者様は順番に治療を進めていき、歯を白くするホワイトニング、セラミック治療までを終えられました。

いつも見慣れていた銀歯が白くなり、歯の色が明るくなったことで歯ぐきの黒ずみが気になり始めたとのことでした。

歯ぐきの黒ずみの原因はいろいろありますが、この方のケースはメラニン色素の沈着によるものなので、表面を一層薬液で剥がしてあげることにより新しい粘膜のターンオーバーを促すガムピーリングという方法で対応することになりました。お肌の角質を一層剥離させるピーリングと一緒ですね。

ご本人の喫煙はもちろん受動喫煙でもこのメラニン色素の沈着はおこるといわれています。

歯ぐきの色が明るいピンクになって健康的で美しくなり、やって良かったと心から喜んでいただけました。

20160905-2

20160905-1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約2万円。

ガムブリーチング(ガムピーリング)による症例。

リスクとして、治療中に稀に痛みが生じることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯列矯正治療(ハーフリンガル)からセラミック治療(差し歯)へ|名古屋栄の歯医者

2016年05月16日

この男性の患者様は歯並びの悪さを訴えて3年前に当院へお越しになりました。

顎が小さく、歯の並びきるスペースがなかったため、上下4本の第一小臼歯と呼ばれる前から4番目の歯を抜歯し、矯正治療をスタートさせました。

この患者様は、上の歯の裏と下の歯の表に矯正装置を装着するハーフリンガル(半分が舌側)という方法を選択されました。

上が裏に装置があるので目立たなく、下は表に装置があるので、舌感が良く、話したり食べたりに支障の少ない矯正方法です。

この患者様の向かって左の上の2番目の歯はもともとの歯の形が反対の歯より一回り小さい矮小歯(わいしょうし)だったので、最終的に必要なスペースを確保して、つけ爪のようなセラミックのラミネートべニアと呼ばれる方法で見た目の調和を取る治療を行うこととしました。

2016.05.16-12016.05.16-9  2016.05.16-3

矯正治療が終わり、

2016.05.16-5

ホワイトニングをして歯の色調を明るくしました。

治療予定の所が人工物で埋められているのでそこだけ色が変わっていないのが分かります。

2016.05.16-6

以下が治療後の写真です。がたがたしていた歯並びは、きれいになり、前歯も左右のバランスが取れ、患者様にも大変満足していただけました。

 

2016.05.16-4 2016.05.16-82016.05.16-7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約85万円。

矯正による治療後、ラミネートベニアを使用し口腔内の審美的バランスを整えた症例。

矯正のリスクとしては、リテーナーを使用しないと後戻りすることがある。

また、ラミネートニベアは過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セラミック治療

2016年02月8日

 

今回紹介する患者さんは、奥歯の10年以上前に治療した銀歯に虫歯で穴が空いている状態でした。下の写真の矢印の箇所です。

20170215

現在歯科の治療では、以前にはなかった様々な新しい材料が使用されています。しかし、保険の銀歯は何十年も前から変わらない材料が使われており、この銀歯の再治療がとても多いのが現実です。

この再治療を極力減らすため、現在虫歯の治療でおすすめしている材料がセラミックです。

自費での治療となりますが、保険の制約がないため詰め物をする際に必要な接着材も今ある材料で最も優れたものを使用することが出来ます。

今回の患者さんはセラミックによる治療を選択されました。

まず古い金属を外し、虫歯を削って形を整えます。

20160215-2

その後型どりを行い、出来上がったセラミックを装着しました。

20160215-3

セラミックを用いた治療に興味のある方は一度お問い合わせ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約5万円。

セラミックを使用した治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

治療期間が短く、歯をほとんど削らない前歯のCR治療~名古屋の歯科

2015年11月16日

今回は、前歯の古い詰め物の形や変色が気になるので治療したいとご希望だった患者さんを紹介します。

20151119-2

前歯の真ん中に樹脂の材料が詰められていますが、変色していることがわかります。

また、詰め物の形が左右非対称であるためそれが余計に目立ってしまっています。

治療法の選択肢を説明して患者さんと相談し、今回は同じ樹脂の材料で詰めなおしを行うこととしました。

まず1回目の来院時に型取りを行い模型を作り、現在の詰め物の状態や詰め直しを行う際の全体的なバランスを診査します。

2回目の来院時に古い材料を削り虫歯がないか確認した後、

20151119-3

詰めなおしを行いました。

2015.11.19-1

治療はこの日の内に終了しています。

この樹脂の材料(コンポジットレジン)を使用した治療のメリットは、歯を削る量を最小限に抑えられることと、治療回数が少なく済むことです。

前歯の古い詰め物の変色や見た目が気になるという方は、一度是非ご相談下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約3万円。

コンポジットレジンを使用した治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

虫歯になってしまった銀歯をセラミックにする治療-名古屋市矢場町駅近くの歯科・歯医者

2015年11月9日

今回はセラミックによる虫歯治療です。

20151109-2

上の写真は上の歯の写真です。向かって右側の銀歯の下が虫歯になっていました。

20151109-3

この写真は下の歯の写真です。左右の奥歯の銀歯の下が虫歯になっていました。

さらに、向かって右側、奥から二番目の銀歯の手前の歯にも虫歯がありました。

セラミックによる治療を希望されたので、銀歯を外してセラミックを装着しました。

20151109-1

20151109-4

上下の銀歯を外してセラミックの詰め物を装着しました。

下の写真の向かって右側、奥から二番目の虫歯はとても範囲が小さかったので、

プラスチックの詰め物をしています。

セラミックの詰め物は、審美面で優れているだけでなく、

銀歯と比較して虫歯になるリスクが低く、歯にとても優しい材料です。

 

虫歯で悩んでる方、銀歯の見た目が気になる方、是非一度ご相談下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約5万円。

セラミックを使用した治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

歯周病の改善(歯肉の腫れ)と審美歯科治療-名古屋市瑞穂区近くの歯科・歯医者

2015年10月12日

20151012-1

こんにちは、今日の患者様は別の部位の治療でお越しになった方です。

別部位の治療が終わった際に、前歯の歯茎が腫れていたので、歯周病の検査をすると歯茎から出血もしてきました。

この状態は、歯茎に炎症を起こしている状態で、そのまま放置すると歯周病が進行する可能性があったので、治療をさせてもらいました。

最初に書きますが、この歯茎の炎症をとるのに、苦労しました。

苦労というのは、僕たちがというよりは患者様が…

話を戻します。

この部位だけ歯茎が腫れていたので、このセラミックの被せものに原因があると診断し、まずは仮歯にして歯ブラシがしやすい形態にした状態で、衛生士の歯周病治療に入って行ってもらいました。

20151012-2

仮歯にして、衛生士の歯周病治療を始める段階です。

仮歯に変えただけで、最初の状態から驚くほど歯茎の状態が変化しています。

これで、歯周病治療をすれば、もっと歯茎は良くなり、すぐにセラミックの被せものを入れて終われると思いました。

ところがです、

20151012-3

型どりが終わり、いざセラミック冠を入れるとなったら、また歯茎が腫れてきました。

患者様の歯ブラシテクニックは他の歯を見る限りでは問題ないと考えたので、どうしてまた腫れてしまったのか全く見当がつきません。

セラミック冠を仮のセメントで固定した状態で、歯ブラシや糸ようじの指導をしながら、数か月様子を見ていましたが、

歯茎の腫れがスッキリとは治らなかったので、外科処置の提案をしました。

20151012-4

 

20151012-5

手術後3か月の写真です。

本当は、もっと治ってないといけないと思いますが、まだ型どりができるまで歯茎が治っていないので、

この状態で、前回でもやった歯ブラシと糸ようじの使用を徹底してもらいました。

20151012-6

その結果、さらに1か月経過を見た状態です。

ここまでくれば、仮歯よりもセラミック冠にした方が、ばい菌の付着も起こしにくいので、

セラミック冠の型どりをする予定にしました。

20151012-7

セラミック冠を装着し2週間がたったところです。

初診のころ(下の写真)と比べ、かなり歯茎が改善しているのが確認できます。

今後は、定期的なメインテナンスの中で経過を追っていきます。

20151012-1

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約15万円。

歯肉の腫れを改善した後、セラミッククラウンを装着した症例。

リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る