小児歯科

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

子供の歯並び ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年10月6日

こんにちは、今回は子供の歯並びの話です。

歯並びは悪いよりは良いに決まってます。

ただし、子供の場合には『成長』というものがあるため、将来どのような歯並びになっていくのかは分かりません。

そこで、将来矯正治療をするにしても子供のうちに解消できる歯並びの不都合を取っておくという事が、子供のうちの矯正治療だと考えています。

なので、『成長』していくなかで、多少は並びが悪くても、『成長』に不都合を起こさない程度の歯並びであれば、矯正治療をしない事もあります。

ただし、不都合が出ているようであれば、子供のうちに(傷が小さいうちに)不都合を改善しておく事をお勧めします。

下の写真の子は、青矢印の部分の歯並びが問題となり、下の歯の歯茎が下に下がってしまっていました。

この場合、比較的簡単な装置を使い、この部分だけ不都合になっている原因をとってあげる治療を行いました。

治療後の写真になります。

1ヶ月くらいで青矢印の部分のかみ合わせは、改善しました。

今後、また元に戻らないようにすることと、下がっていた歯茎が上がってくるのを定期健診で観察していく必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約40万円。

小児の矯正治療。

リスクとして、リテーナーを使用しないと後戻りすることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子供の歯並び ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2013年07月8日

こんにちは、今回は子供の歯並びについてです。

子供の歯は、食事をすることはもちろんのこと、大人になる為の顎の成長にも関係しています。

上の写真の緑矢印の所の歯に注目して下さい。

他と比べて、上下の歯が反対になっています。

反対になっている事によって、顎の今後の成長に影響を及ぼすことがあります。

この子は3歳ですが、歯科治療に対して特に恐怖心を覚える事もなく、

レントゲン写真や型どりなども難なくこなしていたので、小さいうちから矯正を開始する事が出来ました。

子供の矯正は、大人の歯並びになる前に『いかに正常と言われる成長に近い成長をさせてあげられるか』にかかっていると思っています。

なので、緑矢印のような歯並びでは、将来の顎の成長を正常と言われる成長から逸脱させる可能性がある為、矯正をスタートさせています。

上の写真は、治療途中ですが、緑矢印の所の歯が正常な歯並びに近付いている事が分かると思います。

前歯の歯並びが改善した後、向かって左側の奥歯の矯正に入っていきました。

上の写真は、完全に歯並びが変わったところです。

これからは、上下の歯でしっかり咬むトレーニングに入っていきます。

そして、大人の歯になるまでにしっかり咬むような癖を付けて、

スムーズに大人の歯に移行して行ってくれる事を願っています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約40万円。
小児の矯正治療。
リスクとして、リテーナーを使用しないと後戻りすることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る