歯周病治療

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

前歯の虫歯:コンポジットレジンでダイレクトボンディング

2021年08月6日

こちらの患者さんは、右上2番目の歯のプラスチックの詰め物の下に虫歯ができています。

変色や、境目の着色などがあり、保険外の治療で使うコンポジットレジンを使用したダイレクトボンディングを行うことになりました。

保険外で使える材料の利点として、色調を再現しやすい、研磨により長期間光沢が維持されるなどのメリットがあります。

 

一回の処置で終わるため、その日のうちに綺麗な前歯に…

非常に自然な仕上がりに、患者さんも満足していただけた様子でした。

治療回数は一回、税込55000円です。

プライムスキャン

2021年07月9日

今回は最近ナディアパークデンタルクリニックに導入された光学印象の機械についてご紹介します。

みなさんも治療で被せものを作ったことがあると思います。
その際、お口の中にドロドロの印象材を入れて型取りをした経験がありますよね。
光学印象とはそのような印象材を使用せず、機械を使って型取りを行う方法です。
喉の奥に流れてくることもないですし、固まるまで待つ必要もありません!
下の写真のようなカメラをお口の中に入れて型取りします。

以前からこのような光学印象の機械はありましたが、精度が低く時間がかかるためあまり使われませんでした。
しかし、今回導入されたプライムスキャンは、精度が高く型取りが一瞬で終わります!
ただし使えるのはセラミックの治療のみになります…、金属は削り出す機械が対応していないからです。

今までの型取りが苦手だ…という方でも安心して治療が受けられますね。
気になる方はぜひ被せものをセラミックにしてみてください!

型取り代として別途3300円(税込み)いただいております。

正中離開のダイレクトボンディング

2019年04月15日

今回は上の前歯の間が空いている、正中離開に対してダイレクトボンディングを行いました。

上の前歯の真ん中に隙間があります。

治療方法としては歯削らず樹脂を詰めるダイクレクトボンディングか、歯を削ってセラミックを貼り付けるラミネートべニアがあります。

今回は樹脂を詰めるダイレクトボンディングを行いました。

術後です。歯を削らずに終える事ができるのが最大のメリットです。

治療費は保険外で10万円(税別)、治療回数は2回です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約10万円。

ダイレクトボンディングによる治療。

リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お薬と歯周病

2016年11月14日

今回は重度歯周病の方で高血圧の薬を服用してみえる方のケースのお話です。

50代男性で歯ぐきの腫れを訴えて来院されました。

全身的な疾患として高血圧症があり、内科で処方された降圧剤を数年間に渡って服用されていたとのことでした。

歯ブラシをするたびに歯ぐきから血が出るとのことで、お口の中を拝見すると歯ぐきがブヨブヨと腫れあがり、歯と歯の隙間を埋めてしまうくらいになっていました。

歯ぐきは赤みを帯びていて少し触るだけですぐに出血してしまう状態でした。

2016-11-14-1

歯周病ではこのような症状が認められますが、もう一つこの方の場合は大きな問題が潜んでいました。

降圧剤はいろいろな種類が存在しますが、服用されていたものがカルシウム拮抗薬という種類の降圧剤で、この種類のお薬には歯肉増殖という副作用が見られることがあります。必要以上に歯ぐきが腫れあがり、お口の中の清掃性を悪くしてしまうのです。

すべての方で認められるわけではありませんが、副作用による歯肉増殖は歯周治療を困難にし、治療効果も減弱させてしまいます。

2016-11-14-2

この患者さまの内科主治医と相談の結果降圧剤の種類を変えていただき、ナディア式最新歯周治療を受けていただくことでここまで歯ぐきが改善しました。

降圧剤だけでなく、抗てんかん薬、免疫抑制剤でも同じような副作用が認められることが知られています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
価格は、約2万円/回。
薬で歯周病を治療したケース。
リスクは、特にない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上あご総入れ歯(義歯)の作製~名古屋市中区の歯医者・歯科

2015年12月21日

今回は、上の総入れ歯が割れて来院され、新しく作製した症例です。

20151221-1 20151221-2

このように真ん中で二つに割れており、入れ歯の歯の部分もかなりすり減っています。

まずはこの入れ歯修理して、新しく作製させていただくこととなりました。

20151221-3

20151221-4

お口の中は上あごが総入れ歯、下あごにはご自身の歯が残っている状態です。

下図の上あごの模型では、入れ歯を支えている骨がかなり吸収していることが分かります。

また、上あごの前歯の部分の歯ぐき柔らかい状態です。

こういった、上だけ総入れ歯、骨が少ない、前歯の歯ぐきが柔らかい、といった条件では

総入れ歯を安定させることがかなり難しくなります。

 

まずは上下の型取りをして模型を作製し、上下の咬み合わせを決定します。

こういった症例では、咬みあわせを決定し、どこに入れ歯の歯を並べるかがとても重要となります。

20151221-5

20151221-6

入れ歯の試適(仮合わせ)を行っています。

上図が修正前、下図が修正後です。時には、上図のように油性マジックで線を引いて歯の位置の修正を行います。

また、入れ歯の奥歯を内側に入れて、入れ歯が安定するようにしています。

20151221-7

20151221-8

上図が修理した古い入れ歯、下図が作製した新しい入れ歯です。

入れ歯は作製完了した時点で6割完成、あとの4割は使いながらの微調整です。

このように、入れ歯を作製するといっても、画一的に出来るものではなく、

それぞれ口の中の状態に合わせた入れ歯の作製が必要です。

入れ歯でお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約30万円。

総入れ歯による症例。

リスクとして、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る