虫歯

ナディアパークデンタルセンター

中国語にも対応
キービジュアル

セラミックからゴールドへ

2022年10月7日

患者様は50代女性
セラミックが破折した歯の治療を希望し来院されました。
10年以上前にセットした左上の一番奥の歯のセラミック(cerec)が破折していたため、詰め物の再製を行うことになりました。
材料は1つ前の歯と同じゴールドでのやり替を希望されました。


まずは歯の汚れを除去し、形を整えて型取りをしました。


そして次の来院時にラバーダム装着下でゴールドの詰め物を装着しました。

ラバーダムを外したお口の中で見ると、こんな感じです。

ゴールドは保険外の治療ですが、保険内の合金に比べて以下の利点があります・
・金属アレルギーの可能性が低い
・虫歯が再発しにくい

また、セラミック(cerec)と比較してもゴールドは破折しにくいという利点があります。
しかし現在はE-maxというセラミックやジルコニアが普及し、従来のセラミック(cerec)よりも強度が高く奥歯の咬合力にも十分な強度を持っています。
ゴールドはE-maxやジルコニアに比べて以下のような欠点があります。
・審美性に劣る(金色)
・金属アレルギーの可能性が0ではない

どの材料で治療するかは患者様と相談して決めていくので、虫歯の治療や銀色の詰め物のやり替えなどお気軽にご相談ください。

来院回数 2回
Gold In 88,000円
型取り 3,300円

エキストリュージョン〜矯正的歯根延出〜

2022年05月13日

皆さんは歯医者さんで「この歯は抜歯です」と診断されたことはありますか?

歯を抜かなければいけない原因としてはいくつかあります。
①大きい虫歯で歯がほとんどなくなってしまっている
②歯が割れてしまっている
③歯周病で歯を支えている骨がなくなりグラグラになってしまっている
などの原因が挙げられます。

抜歯と診断された歯は、基本的には他の治療法がないため抜歯するしかないことがほとんどです。
しかし①②の場合は状態によっては抜歯せずに治療することができる可能性があります。

歯が骨より深い部分まで虫歯や破折などでなくなってしまっていると骨の中まで被せものを入れることができないため抜歯となりますが、なかには歯を引っ張り出すことで歯をなんとか骨の上まで出して被せものを入れることができることがあります。
その治療方法をエキストリュージョン(歯根延出)といいます。

今回は歯が割れてしまった患者様の歯を引っ張り出すことで抜歯せずに治療を行った症例をご紹介します。
「ピーナッツを噛んで歯が割れてしまい激痛がある」を主訴に来院されました。

麻酔をして割れた部分を取り除くと、歯が少し骨よりも深い位置までなくなってしまいました。

このままでは被せものを入れることができません。

患者様と抜歯をするか歯根延出をしてなんとか歯を残すか相談した結果、抜歯せずに治療を行うこととなりました。
まず神経がある歯だったので神経の治療を行い、その後矯正的歯根延出を開始しました。

割れた歯の前後の歯にワイヤーを取り付け、割れた歯にはフックを取り付け、ゴムを使って2週間かけて引っ張り出しました。

患者様は2週間の間口の中にワイヤーがある状態なので不快感は少しあるものの痛みはなかったとおっしゃっていました。
患者様によってはゴムを何度か交換する必要がありますが、この患者様の場合はすんなり歯が出てきてくれたのでゴム交換はしませんでした。
引っ張り出したあとは被せものを入れて治療を終えました。
もし抜歯と診断され迷っている方がおられましたら、このように抜歯せずに治療できる可能性があるのでぜひご相談ください。

かかる費用:保険外治療(5万円)←矯正的歯根延出のみの料金
かかる期間:2ヶ月(通院回数6回)(歯を引っ張り出す期間には個人差があります。)

治療は最後まで!歯科治療(根管治療)を途中でやめてしまうと…

2022年04月8日

40代女性の患者様です。
平成30年10​​​​​​月に​右下の痛みを主訴にご来院されました。
当時のレントゲン写真です↓

右下の親知らずの隣の歯が虫歯が進行し、歯の神経の方まで進んでしまっていたので、その日は麻酔を行い歯の神経を取る治療に入りました。

その後平成31年2月に治療の続きでご来院され、7月には歯の神経が入っている根管の長さを測るための器具を入れたレントゲンのお写真まで取る所まで治療が進みました。
その時のレントゲンのお写真です↓

そこから約1年経った令和2年6月に治療の続きを希望されご来院されました。
前回の治療からかなりあいてしまっていたので、前回来院された時には虫歯になってはいなかった歯の部分が虫歯になってしまっており、歯を残すことができないような状態に悪化してしまっていました。
その時のレントゲン写真です↓

1年前のレントゲン写真と比べると赤い矢印のところあたりから広範囲にかけて黒くなってしまっているのがわかります。
約1年治療をせずに放置された状態により虫歯になってしまっていました。
ここまで虫歯になってしまっている歯の部分が増えてしまうと、歯を残すことはできないとお話しましたが、
患者様は歯を抜いてしまうことはできるだけしたくないということで、そのままの状態で帰られました。

その後令和3年12月に残すことができないですと前回お話していた歯が痛みだしたということでご来院され、その日に歯を抜く治療をすることになりました。
その時のレントゲン写真です↓

歯が虫歯でほとんど残っていないことがわかります。

定期的に通って下さっていればこのように残すことができた歯を抜かなければいけないような状態にまで悪化することはなかったでしょう。
治療は継続して通院していただくことが非常に大事になってきます。

治療について流れや通院期間などご不明点がありましたらお気軽にご相談ください。

銀歯の下が虫歯→セラミックで白い歯に

2021年12月25日

患者様は20代男性
銀歯をセラミックに代えたいということで来院されました。


レントゲン写真撮影の結果、銀歯の下に虫歯がある事が分かったので実際の治療では銀歯を外した後虫歯除去を行ってからセラミックを装着しました。

治療前と治療後の写真です。

治療前

治療後

また、治療では写真のようにラバーダムを使用して接着を行っています。

ラバーダムを使用することで唾液など水分を遮断した状態で治療を行えるため、接着力が増します。

セラミックは保険外治療ですが、以下の様々なメリットがあります。
①見た目が良い
②汚れが付きにくい
③銀歯とは接着の仕方が違うため歯との境目ができにくい
④②と③より虫歯になりにくい
また、以下のデメリットもあります。
①保険対象外
②削る量が比較的多い

保険診療は何十年も前の治療をベースに決められており、最低限の治療とされています。
保険外診療では費用はかかりますが、最新の材料や器具などを用いて現状もっとも質の高い治療を受ける事が出来ます。
それぞれのメリットデメリットを知ったうえで選んでみてください。

費用と回数
来院一回目:虫歯除去と型取り 44,000円+3,300円(税込)
来院二回目:セラミックセット 44,000円(税込)

銀歯のブリッジから白い歯へ〜ジルコニアブリッジ〜

2021年07月23日

患者様は50代男性

下の銀歯のブリッジが気になり、綺麗な白い歯にしたいとのことでした。


術前

ブリッジは歯が欠損している両隣在歯に被せ物をし、欠損部のダミーの歯とひとかたまりの修復物を装着し、両隣の歯に欠損歯の分の噛み合わせる力を負担させる治療法です。

後ろの歯は神経があったのでそのまま削り、手前の歯は神経が既に無い歯だったので、神経の再治療を行い、新たな土台を建てました。

セラミック治療の一つ、ジルコニアという奥歯の噛み合わせの力にも耐えられる素材で一塊のブリッジを作り装着しました。

セラミックの表面は非常に滑沢で、見た目だけでなく、歯垢が付着しにくく、普段のブラッシングでの歯垢の除去もしやすく、歯と歯茎にも望ましい状態を保ち易いです。

また、歯としっかり接着することができるので、被せ物の下から2次むし歯を作る可能性を減らすことができます。

 

【費用】

精密根管治療 1本¥88,000〜(税込)

歯の土台(支台築造)1本¥27,500(税込)

歯の型取り 1回¥16,500(税込)

セラミックブリッジ奥歯3本合計¥561,000(税込)※1本17万円×3本

【来院回数】

精密根管治療 3回

歯の土台1回

歯の型取り1回

ブリッジセット1回  合計6回の通院

アマルガム〜保険で出来る白い詰め物へのやり替え〜

2021年05月14日

1990年頃まで、虫歯治療における修復材料として主流であったアマルガムという金属をご存知でしょうか。
アマルガムは水銀と他の金属の合金の総称です。

現在、主に用いられている金銀パラジウム合金と違い、有害性が報告されています。お口の中のアマルガムは長い時間をかけて溶けていき、水銀の成分が体内に蓄積されます。

金属アレルギーのリスクがある他、水銀には神経毒性があるため様々な不快症状(イライラ、頭痛、めまいなど)が発現する可能性があります。

また、アマルガムを詰めた部分から歯が少しずつ変色していく事もあります。
様々な問題を抱えるアマルガムですが、現在ではコンポジットレジンという材料に代替する事もできます。

コンポジットレジンは有害性が無いだけではなく、色も白いため審美的にも良好です。
もちろん保険診療でもコンポジットレジンへのやり替えを行うことは出来ますが、当院ではダイレクトボンディングという、より本物の歯に似せるために材料や器具にこだわった治療を行っています。

具体的には、数多くの種類のコンポジットレジンから自分の歯に合った色が選択出来たり、接着力を上げるために特殊な器具(ラバーダム)を用いたりして、精度の高い治療をしています。

もし、お口の中にアマルガムがありそうで、これを機にやりかえたいとお思いになられた方はお気軽にご相談ください。

 

写真の患者様は、お口の中の黒い金属(アマルガム)の見た目が気になる為、白いものでのやり替えを希望されてご来院されました。
保険内での治療を希望された為、保険のコンポジットレジンで行いました。
治療回数:1回
治療金額:1本当たり約1,000円(3割負担の場合)

セラミックインレー e.max イーマックス セラミック治療 

2021年02月17日

むし歯治療の際、むし歯の範囲が大きいとインレーというかぶせ物をすることでなくなってしまった歯を補います。

当院で扱っているインレーには、メタルインレーとゴールドインレー、セラミックインレーの三種類があります。

・メタルインレーは保険でできて強度もありますが、見た目が悪く再度むし歯になりやすいというデメリットがあります。
・ゴールドインレーは保険がきかず高価ですが、強度が高く歯ぎしりや食いしばりのある方にお勧めです。
・セラミックインレーは見た目が良く虫歯になりにくいですが、保険がききません。

それぞれのメリットデメリットを比較しながら、自分に合った材料を選ぶことができるので担当のDrと相談の上決めると良いでしょう。
今回は、他院にて本来インレーで修復されるべき広範囲をコンポジットレジンで修復して再度むし歯になってしまった患者様です。

治療前がこちら

青矢印で示している歯が今回の治療歯です。もともとあったむし歯が大きかったうえにその下にむし歯が出来てしまったので、とても深いむし歯でした。次この歯がむし歯になってしまうと神経に到達してしまうため、むし歯になりにくいセラミックインレーを選択されました。

セラミックインレーは接着力が大切であり、水分は接着力を阻害します。
そのため当院ではラバーダムというゴムのマスクを装着して、セラミックインレーのセットを行います。

ラバーダムをした状態で、古い詰め物を取り除き形を整えた状態がこちらです。この後型取りをおこない、出来上がって来たe.max(イーマックス)というセラミックをセットします。

治療前は隣に歯にくっつくように詰め物がハミ出ていましたが、きちんとした形態にすることで歯間の清掃もしやすくなります。

ラバーダムを取るとこんな感じです。
見た目もバッチリで患者様は満足していました。

 

来院回数 2回

費用 8万円(税別)お支払いはクレジットカード・デンタルローンもご利用いただけます

 

銀歯を白い歯に〜オールセラミックインレー〜

2021年01月27日

銀歯を白くしたいと来院された患者様

相談の上、イーマックス(e.max)という強いけれど噛み合わせの歯に優しいという素材でやり替えることになりました。


 

見た目の印象を気にしての再治療でしたが、銀歯をセラミックに換えることで見た目以外にも利点がたくさんあります。

今回のようにイーマックスを使うと噛み合う歯に優しいですし、使用するセメント(接着剤)が保険適用では使わない特殊なセメントを使う事で二次的な虫歯になりにくいという利点があります。

銀歯のキワから虫歯になってしまって再治療を行うというケースはとても多いです。

まだ虫歯になっていない銀歯を先に治療しておくというのも、選択肢のひとつかもしれません。

 

来院回数 2回

費用 8万円(税別)お支払いはクレジットカード・デンタルローンもご利用いただけます

このページの先頭に戻る