症例集 月別: 2009年2月

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯茎が黒い!!! ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2009年02月2日

今回は、歯茎が黒い人の治療を紹介します。

歯茎が黒くなる原因としては、

1:金属の土台を削ったことによるメタルタトゥー

2:金属の土台や金属の被せ物からメタルイオンが溶出したもの

審美歯科 名古屋 症例

審美歯科 名古屋 症例 審美歯科 名古屋 症例

以前、他院で入れたセラミック冠です。

とてもキレイに入れてあると思いますが、歯茎が黒く変色しています。

この患者さんの口の中は被せ物は金属の裏打ちのあるセラミックで土台は保険適応の金属が入っていました。

その結果、土台を削ったときのメタルタトゥーと経年的なメタルイオンの溶出により歯茎に黒変が出てきたものと想像されます。

そこで、被せ物を外して黒変している歯茎をキレイにする手術を受けていただきました。

手術と言っても10分程度のものです。

審美歯科 名古屋 症例 審美歯科 名古屋 症例

上の写真は黒変を取る前と術後2週間の歯茎の状態です。

セラミック冠を取った状態の写真が無かったのですが、かなり広範囲にわたって変色していました。

審美歯科 名古屋 症例

審美歯科 名古屋 症例 審美歯科 名古屋 症例

最初の写真と見比べると黒く変色した歯茎が少なくなっていると思いませんか?

今回は金属を全く使わずに土台はグラスファイバー入りの土台にし、

被せ物はオールセラミック冠にしたので、この先歯茎が変色することはないでしょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

価格は、約60万円。

黒変した歯茎を審美的に改善して、オールセラミッククラウンを施した症例。

リスクとして、オールセラミッククラウンが過度の衝撃で割れることがある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る