症例集 月別: 2010年12月

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

前歯のすき間の治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2010年12月27日

今日は前歯のすき間の治療ケースをご紹介します。

まずは下の写真をご覧下さい。

 

前歯の間に黒いすき間がありますね。

じつはこの前歯2本はセラミックスの被せ物で、

以前はこのようなすき間はなかったとのことでした。

 

どうしてこのようなすき間ができてしまったのでしょうか?

 

そもそも前歯のすき間(正中離開)には、先天性のものから後天性のものまで様々の原因があります。

・正中過剰埋伏歯 (前歯の歯根の間に余分な歯がある)

・歯数の不足

・矮小歯

・小帯付着異常(上唇小帯が前歯の間までのびている)

・ディスクレパンシー (歯の大きさと、顎の大きさの不調和)

・フレアアウト (歯周病、その他の病因に関連するもの)

・異常習癖(舌癖、口唇癖、指しゃぶりなど)                      などの原因が考えられます。

 

しかし、今回のケースでは上のような原因ではなく

矯正治療後の歯の後戻りが疑われました。

 

治療後の写真です。

主訴が改善され満足されたご様子でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約30万円。
セラミックを使用して歯の隙間を埋めた症例。
リスクとしては、過度の衝撃によって割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る