症例集 月別: 2011年2月

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

前歯の審美修復 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年02月7日

今回は、矯正後に前歯の審美修復を希望された方です。

下の写真は、当院にて矯正が終了した時の写真です。

 

 

わかりにくいかもしれませんが、よく見ると歯の表面に、過去の治療で施された樹脂が入っており、表面の色がまだらになっています。特に気にされていたのが、下の歯がすり減ってガタガタになっていることでした。

その他にも、歯の形や、隙間など、より綺麗に仕上げたいとのことでしたので、オールセラミックを用いた治療法を行っていくことになりました。

 

治療後の写真がこちらです。

 

上の歯の前歯6本をオールセラミックのクラウン(被せもの)で、

下の6本の前歯はラミネートベニヤという、シェル状のセラミックを用いて治療しました。

右上の歯は、もともと3番目の犬歯が無かったため、矯正で4番目の小臼歯を3番目の位置に持ってきていました。

そのため、前から見たときに犬歯に見えるような形に仕上げました。

左右の歯の形が均等に整い、色調も含め整った口元となりました。

 

 

  

矯正治療後すぐでしたので、下の前歯の裏側に矯正の後戻り防止の、ワイヤーが入っています。

この方はおそらく、歯ぎしりの習癖のある方なので、セラミックの破折防止と、矯正の後戻り予防装置の機能を兼ねた装置を使ってもらい、また、しっかりと今後もメインテナンスを行っていこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は、約100万円。

矯正治療をした後に、オールセラミックを使用して審美性を改善した症例。

リスクとして、セラミック治療した箇所が過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る