症例集 月別: 2011年4月

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

インプラント治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年04月9日

こんにちは。

今回は、保険の詰め物が取れたという事で来院された患者さんです。

 

一見すると単純にとれた所の虫歯を直して、型どりして次回詰め物をして終わり。

と、いう感じに見えますが、患者様の話を良く聞くと

以前の歯医者で良くこの場所の歯茎が腫れて、抗生物質を使った治療を繰り返していたそうです。

 

レントゲンを確認すると、この歯は骨から浮いた状態になっていました。

この歯のみに重度の歯周病が進行していました。

 

患者様と相談の上、この歯は抜歯をしインプラント治療をしていくことになりました。

 

単純に抜歯をするのではなく、治癒促進効果のあるCGFを使用して抜歯していく事にしました。

そうすることにより、歯茎と骨の治癒が促進されます。

 

歯茎の治りを待ってインプラントを骨の中に埋め込み、

インプラントの治癒を待ってから最終的な被せものを作っていきました。

 

  

左の写真の左端の歯がインプラントの上に被せものを作ったものです。

右の写真では青矢印の部分がインプラントの上に被せものを作ったものです。

 

今回はインプラントよりも前の歯も含めてすべてオールセラミックで被せています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格は約45万円。
インプラント埋入による治療とセラミックを使用した症例。
リスクとして、外科治療に伴い、痛み・腫れ・出血などの可能性がある。
また、過度の衝撃で割れることがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このページの先頭に戻る