ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

前歯の隙間が空いてきた ~歯周病治療と審美治療~ ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年06月26日

今回の患者様は、歯周病の悪化で来院された患者様です。

 

上の写真は、当院に初めてお越しいただいた時のものです。

このブログでは、正面からのお写真しか載せていませんが、実はこの方、お口の中全体にかなり歯周病が進行していました。 上の写真でも、歯茎が赤く腫れぼったくなっているのがお分かりいただけるかと思います。

前歯に注目してください。前歯の隙間が開いていますよね??

実はこれも歯周病が関係しています。

歯周病が悪化すると、歯の周りにある歯を支えていた骨が溶かされてきます。

そこに、歯を揺さぶるような力がかかると、歯は移動してしまいます。

この前歯も、恐らく歯周病と揺さぶるような力により、歯が前に押し出され、隙間が空いてきたのだと考えられます。

 

まずは患者様に現在の病状を知ってもらうため、歯周病の詳しい検査をさせていただきました。

その結果をもとに、まずは歯周病治療を徹底的に行いました。

 

 

これが歯周病治療がある程度落ち着いてきた頃の写真です。

患者様も、詰めての来院は大変だったと思いますが頑張って歯周病治療に取り組んでくださいました。

ずいぶん歯茎の様子が変わってきたのがお分かりいただけるでしょうか??

歯茎の赤身やプクプクに晴れた感じが引きました。下の歯と歯の間に、三角形のスペースが見えてきています。

腫れがひき、本来の位置に戻ってきたため生じたスペースです。

ここで、前歯の隙間についても治療を行っていくことになりました。

下の写真は、前歯を横から見た写真です。

 

上の前歯が、1本前に飛び出しているのがお分かりいただけると思います。

歯周病によって、骨が緩くなった歯は、実はこれだけ前に飛び出していたのです。

このためにスペースが開いてしまい、隙っ歯になっていました。

(前に出ている歯の色が濃い色なのは、歯の神経が死んでしまっているからです。)

 

このスペースを閉じるために、矯正、セラミック等の被せ物を使った方法が考えられます。

今回は、患者様との相談の結果、飛び出している1本の歯だけセラミックで治し、スペースを閉じていくこととなりました。

形をしっかりそろえるためならば、2本の歯を被せたほうがきれいに仕上がりますが、歯をあまり削りたくないという患者様のご希望もあり、このような形に決めさせていただきました。

  

これが、仮歯が入った時の状態です。

仮歯で幅や長さ、形を調整しながら、納得のいくところを探します。

また、実際使ってみて問題ないかを確認していきます。

 

根の治療も済み、最終的な被せものが入ったのが下の写真です。

 

  

 

多少、セラミックを被せた歯のほうが幅は大きくなりますが、歯の色調も合い自然な仕上がりとなりました。

患者様にも、満足していただくことができ、また、その後の歯周病のメインテナンスもしっかり通っていただいております。

 

今回は、歯周病治療後に審美治療を行ったケースの紹介でした。

どれだけ、きれいなセラミックが入ったとしても、歯周病治療を怠っていれば、歯茎はどんどん痩せて下がってしまいます。歯周病治療は、患者様にも大変な苦労を強いてしまうものですが、本当に大事な治療です。

当院では、審美治療に先立ち、きちんと歯周病の治療を行ってから始めるよう心がけております。きれいで安定した歯と歯の周りの状態を、できるだけ長く保っていくため、皆さんも一度歯周病のチェックを受けられてはどうでしょうか。

セラミックブリッジ ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年06月21日

こんにちは。

 

今回は、抜歯になりスペースができたところをブリッジを使い治療した方を紹介します。

 

 

上の写真の青矢印の所の歯は、根っこの部分で歯が割れてしまっていました。

根っこが割れてしまった場合、ほぼ残していくことが難しいです。

今回も被せものと土台を外して確認しましたが、残していくことはやはり難しく抜歯を選択しました。

 

歯が無くなった場所には、インプラント、ブリッジ、部分入れ歯を選択して咬み合わせを作っていきますが、

今回はブリッジで行っていくことになりました。

 

セラミックブリッジの場合、抜歯と同時にブリッジ仮歯を入れることによって、

抜歯後の歯茎の形態をコントロールしていく方法があります。

 

今回は下の写真のように、抜歯と同時に仮歯まで入れています。

 

   

 

このまま歯茎が治癒するのを待って、最終的な型どりをし、セラミックブリッジを入れました。

 

   

 

今回は、前後の歯の銀の詰め物も白いものにかわって、患者様も喜んでいらっしゃいました。

 

     

前歯のすき間が気になる ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年06月13日

今回の患者様はすきっ歯が気になるとのことで受診されました。

正中に大きな、空いてしまっています。この空隙は、黒く抜けるので目立ってしまします。

 

考えられる治療方法としては、矯正、セラミックによる治療法があります。

治療のゴールの状態、模型上にワックスで作り、それを患者様にみていただいたり、それぞれの治療のメリットデメリットをお話しし、患者様にとって一番良い治療を相談しました。

その結果、上の前歯4本に、ラミネートベニヤを用いた治療をおこなうことになりました。

 

 

 

ラミネートベニヤとは、このブログの中でもなんどか登場していますが、

歯の表面を少しだけ削り、その上にシェル上のセラミックを接着させる方法です。

歯を削る量が少なくて済むため、歯に与えるダメージをすくなくする事が出来ます。

今回のように、歯の方向を変えたりするのではなく、幅を変えたい場合には、非常に有効な方法だと考えられます。

上の前歯4本に、ラミネートベニヤが入っています。

とても自然に、きれいに仕上がっていると思います

笑った時の印象がずいぶん変わりますね!

ホワイトニング~セラミック冠 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2011年06月5日

今回は、ホワイトニングからセラミック冠まで行った方を紹介します。

 

来院の理由は、「青矢印の歯の治療を先週してから歯がしみていたが、昨日から激痛に変わってきた。」という事でした。

レントゲン写真より、青矢印の歯の前回の治療跡が大きかったので、神経が侵されてしまい痛みが出ていると判断し、

すぐに神経を取る処置をしました。

 

幸いに次回来院時には痛みはなくなっていたので、根っこの治療を最後まで進め、

補強と変色への対応の意味も合わせて被せものをしていく事にしました。

 

人工物はホワイトニングでは白くならないので、まずはホワイトニング先行です。

 

   

左の写真がホワイトニング前で、右の写真がホワイトニングを3週間していただいた後の写真です。

ホワイトニングで白くなりやすかったようで、患者様が満足するくらい綺麗に白くなりました。

 

 

ホワイトニングの後、白くなった周りの歯に合わせてセラミック冠を作っていきます。

   

左の写真が歯を削って型どりをした時の写真で、右の写真がセラミック冠を入れて1週間後の写真です。

 

 

   

左が一番最初に来院された時の写真で、右がセラミック冠を着けて1週間後の写真です。

 

ホワイトニングは歯を白くするだけではなく、口元を明るくしてくれるので、ぱっと見の印象が変わると思います。

また、神経がない歯に対しては漂白という方法もありますが、ここまで周りに調和した色にはなりません。

このページの先頭に戻る