ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

前歯の色と出っ歯! ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年05月28日

今回は、前歯の変色と出っ歯の改善を希望されて来院されました。

 

     

 

上記の写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、前歯2本のかなりの変色と出っ歯がわかると思います。

このまま、前歯だけを被せる方法で改善することも可能ですが、下から見ている写真を見ると下の前歯が前に出ている事によって、上の前歯が出っ歯になってしまっていると診断をし、被せるだけでは出っ歯を引っ込めるのに限界がある為、矯正治療による出っ歯の改善を行っていくことにしました。

 

下の写真の左側は矯正開始時で、右側は矯正終了時の写真になります。

前歯の位置が上下ともに改善しています。

  

  

  

  

  

矯正治療の場合、歯の根っこごと移動させる事が出来るので、唇の突出感から改善する事が出来ます。

横からの写真を再度見て頂けると、前歯の歯と歯ぐきの位置が矯正の前後で変化している事がわかると思います。

この状態から、今度は変色の改善のため、審美治療を行います。

 

変色の改善には、セラミック冠を被せるか、漂白を行うかの選択になります。

今回は、前歯4本をまとめて審美治療をしてくことになりました。

  

緑矢印はオールセラミック冠で、青矢印はポーセレンラミネートべニアで治療しています。

オールセラミック冠は分かるけど、なぜポーセレンラミネートべニアを行ったか?と思われると思います。

矯正治療前に模型上で左右の青矢印の歯の幅を測ったら向かって右側の歯の幅が左側の歯の幅に比べて0.7ミリ程度小さかったのです。

なので、矯正前に矯正医と相談し矯正後に審美治療で左右のバランスをとるように計画し、その分スペースを開けて矯正を終了してもらっています。

そのため、矯正が終了した時点では少しすきっ歯になっています。

 

下の写真は全ての治療前後の写真になります。

  

  

  

  

  

 

今後は、この状態を維持して頂くためにメンテナンスをして行く予定です。

ホワイトニングキャンペーン ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年05月21日

現在、ナディアパークデンタルセンターではホワイトニングの割引キャンペーンを行っております。

いつもの値段から30%OFF!!かなり大きな割引です。5月末まで行っております。

ホワイトニングとは、歯を削ったりなどのようなダメージを与えることなく、緩やかに歯を漂白する方法です。

左の写真が、術前、右の写真が術後です。

 

 

 

術後の写真では歯の色が、白く、明るい印象になっています。

実は、歯の色が白くなるだけで、顔の印象は大きく変わります。

 

ホワイトニングの方法は、まずそれぞれの口の中に合わせたマウスピースを作ります。

ご自宅で、このマウスピースにホワイトニングジェルを入れ、1日2時間2週間使用してもらいます。

オフィスホワイトニングと言って、医院で行うホワイトニングを組み合わせるとより効果的です。

最初は面倒なのですが、ご自分の歯が白くなってくるのが体感できると、どんどん楽しくなってきます!

 

とても簡単にできる方法ですので、ご興味がある方はお声掛け下さい。

緑爽やかな季節に、白い歯と素敵な笑顔で過ごせたら、素敵ですね♪

cerec ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年05月15日

今回も、セレックを用いた治療の紹介をします。

この患者様は、金属を白いものに変えたいということで来院されました。

まず上の写真の中央の2本をセレックを用いて治療することになりました。

 

          

 

左の写真は銀歯を除去し、型どり前の写真です。右はセレックをセット後の写真です。

セラミックは金属と比較して汚れが付きにくく、虫歯になりにくいという利点もあるため、見た目の向上だけでなく口腔内環境も向上させることが可能です。

インプラント ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2012年05月8日

 

こんにちは。今回は根っこの中で歯が割れてしまい保存が不可能だったため抜いてインプラント治療をする事になりました。

CT検査などの結果、抜いた当日にインプラントを埋入する手術の方法を選択しました。

 

 

歯を抜いた後のわずかに残った骨にインプラント埋入用のドリルで穴を形成していくと、

ドリルが骨の上で滑ってしまうので、今回は超音波で振動する道具を使用し、

インプラント埋入用の穴を形成しました。

 

 

インプラント埋入後の写真です。

以前はインプラントの周りに人工骨を敷き詰めていました。

個人的には、現在はあまり人工骨をいれずにCGFという血液から作る成長因子を入れるようにしています。

その方が傷の治りもいいように思います。

 

 

他の部位の治療もあったので6カ月が経った頃にチタンでできた土台をインプラントとネジ止めし、

 

 

その上からオールセラミック冠をセメントでとめています。

現在は、インプラントの被せものにもE-maxを使用しています。

まだ、壊れてきた人がいませんが、もし壊れてもデータがあるので、

当院で直ぐに削り出して作り直すことができるようになりました。

また、E-maxの材質が歯に近いので、もしインプラントに余分な力がかかるようになった場合には、

E-maxが壊れることによって力を補正し、インプラントは無傷で済むという利点もあります。

このページの先頭に戻る