ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

ブラキシズム(歯ぎしり、くいしばり) ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年07月28日

歯を失ってしまう大きな要因として虫歯と歯周病が挙げられますが、ブラキシズムといわれる咀嚼筋(物を咬むための筋肉)の異常な運動も実はその一つと考えられます。

ブラキシズムとはいわゆる”歯ぎしり”や”くいしばり”のことで、自覚なく無意識に行われていることが多いため、本人の気づかないうちに歯や歯を支える骨、顎の関節にダメージを与えてしまう習慣性の”病気”です。ブラキシズムのみが原因で歯に悪影響を及ぼすこともあれば、ブラキシズムが歯周病や虫歯と相まって破壊的な作用をしてしまうこともあります。

ブラキシズムは多因子性の病気と考えられています。ストレス、遺伝、飲酒、喫煙、特定の疾患…など様々な原因が挙げられますが、これを特定するのは難しく、頻度や程度も人それぞれであり根本的にブラキシズムをなくすことはできないといわれています。

なくすことのできないブラキシズムから歯を守るために何をしたら良いのでしょう?

一つは夜間マウスピースを使う事によって歯にかかる力を分散、コントロールしてあげることです。筋肉をリラックスさせる効果や顎の関節にかかる負担を軽減させる効果もあります。

もう一つ、当院ではボトックスといわれる筋の活動を弱める注射を、噛み合わせに働く筋肉に直接うつことでブラキシズムの影響を軽減させる治療も行っています。

歯のすり減り具合や骨格、筋の発達、粘膜や舌の状態など、お口の中を診察でブラキシズムの有無やおおよその程度は推測できます。

睡眠中の歯ぎしりを指摘されたことがある方や、もしかして…と心配な方は一度ご相談下さい。

インプラント治療の最新マテリアル ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年07月21日

こんにちは、今回はインプラント治療の最新マテリアルについてです。

インプラントと被せ物をつなぐ部分(土台)の材料は以前はゴールドを使っていました。

 

昔は、この技術しかなかったので、この材料での土台が主流でしたが、

汚れが付きやすかったりとか、歯茎には炎症を起こしたりと、あまりいいことはありませんでした。

上記の問題を解決するために、登場したのがチタン製の土台です。

問題は色が銀色と言う事で、見た目が目立つと言う事です。

次に登場したのが、ジルコニア(人工ダイヤ)を使用した土台です。

色が白く、口の中で目立ちにくく、歯茎にも炎症を持たせず、材質的にはとてもいい材料なんですが、

硬いので作るのにとても手間がかかります。

そこで、最新のマテリアルとして登場したのが、E-maxというオールセラミックスの被せ物や詰め物に使う材質です。

この材質は、以前から良くこのブログにも登場していますので、特徴などは割愛いたします。

本院でも、E-maxのインプラント土台を作製できる環境が整い、作製する認定をメーカーから得たので、今後は対象となる患者様には提供できる体制が整いました。

今後、主流になるであろうこのマテリアルに注目です。

夏休みの虫歯ケア ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年07月14日

6月の初めにこのブログでご案内した虫歯リスク検査キャンペーン。

これまでにもたくさんの方の検査をさせていただきました。

唾液の中の虫歯原因菌の数、唾液の質、量を検査し、食事や生活習慣に関わる虫歯リスクを診断することで、虫歯予防に役立てることができます。

 

しかし、ここで大切なことは虫歯菌は感染するということ。

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌は存在しません。保護者の唾液を介して感染するのです。

そして虫歯菌は完全に除菌することは不可能ですが、コントロールすることは可能なのです。

つまり、それが虫歯予防(プラークコントロール)になるわけです。

自分のお口の中の細菌の種類や量を知り、適切な対応を行うことで、虫歯リスクを減らすことができます。

 

夏休みは親子で虫歯ケアを考えてみませんか?

今現在お子様に虫歯が存在しなくても、ご家族の中に被せものが多かったり、虫歯リスクの高い方がいらっしゃると、今後、虫歯になっていく可能性も十分にあります。

ご自身が虫歯になりやすいかもしれないと感じたら、この機会に親子虫歯リスクチェックをなさってはいかがでしょう?

もちろん、虫歯リスクが高かった場合の治療メニューもご用意いたしております。

ご好評により、8月末までキャンペーンを行っております。結果お伝えの際には、歯ブラシ指導と改善アドバイスもさせていただきます!

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

 

 

メタボリックドミノ ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年07月7日

こんにちは。

7月になり、蝉も鳴き始め、蒸し暑い日が続くようになりましたね!

ビアガーデンが連日賑わうように、外で飲むビールが格別な季節です。

が、あまり不健康な生活習慣に陥ってはいけません!

世界で最も感染者数の多い感染症と言われる歯周病。

これは歯が抜けてしまうばかりでなく

近年の研究では全身に影響を及ぼす事が分かってきました。

そして悪化させるのは生活習慣が関係してくるため生活習慣病という側面も持っています。

ところで

生活習慣に関わってくる症候群と言えば、メタボリック症候群。

不健康な生活習慣から肥満になり

インスリンの働きが悪くなるインスリン抵抗性という状態になり

高血圧、高脂血症、糖尿病などを経て、腎症、網膜症、神経症、脳血管障害を引き起こし

果ては透析、失明、脳卒中等々へ・・・。

と言う風に比較的軽い病気でも、それを放置しておくと

他の病気や危険因子(遺伝的背景や環境因子等も)と重なり

相互に関係しあってドミノ倒しのように生命が脅かされていく。

これをメタボリック・ドミノといいます。

この中には勿論、歯周病や虫歯もしっかり入っています。

そしてこのメタボリックドミノの考え方では

自覚症状はあまり出てきませんができるだけ早い段階で流れを止めること

つまりなるべくドミノが小さいうちに軽い病気や生活習慣を改善することが重要です。

ドミノが大きくなるにつれ、どんどん回復が難しくなってきます。

 

なので、こんな季節ですが

くれぐれも食生活、生活習慣、そしてお口の健康も気を遣って下さいね。

歯の白班 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年07月1日

 

この写真の患者様はホワイトニング希望で当院に来院されました。

前歯の先端に白いシミのようなものがあります。

これはホワイトスポットやホワイトバンドと呼ばれる生まれつきの歯の構造の異常ですが、虫歯とはちがい病気ではありません。

ですので見た目の問題を除けば歯を削ってまで積極的に治療する必要はありません。

また、場合によっては、歯は削らずホワイトスポット以外の歯の色をホワイトニングによって白くすることで目立たなくなることもあります。

今回はまず患者様の希望通りホワイトニングを行いました。

ホワイトニングによって全体の色が白くなったためホワイトスポットは以前ほどは目立たなくなりました。

患者様と相談した結果、ホワイトスポットはこのままとしたのですが…

しばらく経った後、患者様の結婚が決まり結婚式までにホワイトスポットを治したいと再度来院されました。

ホワイトスポットに対する治療方法は何種類かありますが、患者様の都合上結婚式までに二回以上の来院は難しい状況だったため、今回は即日に修復可能な樹脂の詰め物による治療を行いました。

今後詰め物が着色してくる可能性がありますが、その場合は詰め物のやり変えやセラミックによる治療を行う予定です。

 

このページの先頭に戻る