ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミック治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年09月29日

こんにちは

今回は奥歯のセラミック治療の紹介です。

この方は奥歯の詰め物のまわりがかなり黒くなっていました。

このような状態。

また詰め物はアマルガムという水銀でできたものが詰まって

器具が引っかかるところも数箇所ありました。

そこで詰め物、虫歯を削って生体に優しいセラミック治療をお勧めし、承諾を得たので

emaxというセラミックで治療を行いました。

そしてこのような状態に。

セットする時は麻酔をしていたので

セット直後にもう一度かみ合わせを微調整しました。

綺麗に詰まり、患者様も満足されていたと思います。

CRと着色、変色 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年09月22日

今回は、CR(コンポジットレジン)という材料で前歯の処置を行った患者様です。

前歯6本に計7ヶ所の詰め物の変色や二次的な虫歯がみとめられました。

歯と歯の隙間や、神経を取ったことによる歯自体の変色など見た目の問題は他にもありましたが、今回患者様が希望されたのは虫歯と詰め物の変色に対する処置だけだったため2回の来院で処置は終了しました。

コンポジットレジンによる治療は歯を削る量を最小限に抑えることができ、なおかつその日に詰め物を行えるため様々な用途で頻繁に使用されますが、時間が経つと着色してきたり、場合によっては欠けてきてしまうこともあるため何年か後に詰め直しが必要になることもあります。

こういった詰め物の状態のチェックや新たな虫歯のチェックは、治療終了後の定期的なクリーニングで行えます。

 

前歯のセラミック ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年09月15日

今回は、前歯のセラミックの被せ物についての本院での「こだわり」を紹介したいと思います。

矢印の歯の色が悪いことが、見て取れると思います。

これをセラミックの被せ物にしていくのですが、この1本だけの被せ物というのが一番難しく、

色や形を隣の歯とまったく同じにしないといけません。

本院では、セラミック治療に関しては患者様が納得されるまで何度でも修正をかけ、時には最初からやり直しをすることもあります。(勿論患者様の同意の上でです。)

今回は矯正治療後、セラミック冠を作って一度目で患者様の満足は得られましたが、術者として若干気になる点があったため、患者様と相談して修正をさせてもらうこととなりました。

ほんのちょっとした差なので非常に分かり難くいですが、

矢印のところの白さが左右で違います。

何度が修正をさせてもらって、納得がいくものができたのが下の写真です。

写真では最初のとの差は本当に伝わりにくいと思いますが、ナディアパークデンタルセンターが、細部までセラミック治療にこだわりを持って取り組んでいることを知っていただけたらと思います。

セラミック治療では(特に前歯)一回で色や形が患者様の希望にマッチさせるのが難しいこともあります。

患者様が納得するものを作るのは勿論、術者も納得したものを患者様に着けていただきたいと思っています。

歯周病の検査 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年09月8日

日本人の成人の約80%が歯周病と言われています。

しかし、歯周病はサイレントキラーやサイレントディジーズなどと呼ばれるように、自覚症状がないまま進んでいく病気です。

 

けがのように自己修復力で完治することもないので、きちんとした診断の下、治療を行わなければ自然に治ることはありません。

 

しかし、現行の健康保険の適応内の歯周病検査は、「歯周病かどうか?重度か軽度か?」程度の把握が限界です。

ナディアパークデンタルセンターでは最先端の歯周病検査技術により、患者様個人個人の歯周病の状態を診査・診断し、その結果に基づき的確な治療方法をご提案することができます。

 

歯周病は細菌による感染症です。どのような菌に感染していて、それがどんな悪さをしていて、現在どういう状態なのか?を知ることが効果的な歯周病治療の第一歩です。

 

・歯周病により歯と歯茎の溝にできる歯周ポケットからそこにいる細菌を実際に採取し、菌の遺伝子を増幅して調べる歯周病原因菌検査

 

指先から微量の血液を採取し、免疫力の元となる抗体の種類と量を測定し、感染している菌の種類や体の免疫機能を調べる血漿抗体価検査

 

呼気を計測し、その中に含まれるメチルメルカプタンという揮発性硫化化合物(生ごみのようなにおい)を検知し、歯周病による口臭を調べるブレストロン検査

 

お口の中からプラーク(歯垢)を採取し、特殊な加工がされた顕微鏡で実際の細菌を観察する位相差顕微鏡検査

 

最先端の歯科用CT撮影を行うことで、三次元的に骨の状態を精密に調べ、歯を支える骨の侵襲の度合いや状態を診断するCT検査

 

これらに加え、従来の歯周ポケット計測、レントゲン写真検査、口腔内写真検査を行い、様々な観点から診査、診断を行います。

 

それによって導き出された結果を「歯周病リスク診断表」としてわかりやすくお手元にお渡しいたします。

 

そして現在の患者様の歯周病の状態に合わせて「ナディア式オーダーメイド歯周病治療」をご提案いたします。

 

詳しくはリーフレットもご用意しておりますので、スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

 

 

審美治療 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2014年09月1日

今回前歯の見た目、色、出っ歯をよくしたいという方を紹介します

初診時の状態はこちら

この後、ホワイトニングをおこなってから

実際にどういう形、色になるかを模型をおこして患者様とカウンセリングし、

前歯を削ってセラミックでできた薄い板状の被せ物

ラミネートベニアをつけました。

このように、色も白く、形、出っ歯も綺麗になりました。

このような治療に興味がある方は気軽にご相談下さい。

このページの先頭に戻る