ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

銀歯を白い歯に(セラミック治療)-愛知県名古屋市の歯医者

2015年06月29日

こんにちは

今回は被せ物の際から虫歯が進行してしまった方の治療の紹介です。

2015-07-01-2

2015-07-01-3

向かって左から数えて2番目の

銀の被せ物が入っている歯についてです。

(下のレントゲン画像では白く写っている歯です)

この方は痛みなど症状は無かったのですが

定期健診時にこの被せ物の際の部分が柔らかくなっている

とのことから一度被せ物を外させて頂きました。

やはり大きく虫歯になっていることが分かり

神経の治療をやりなおして

今後、際の部分から虫歯になりにくいセラミックの被せ物をしました

2015-07-01

向かって左から数えて3番目の歯になります。

このように一度神経の治療を行った歯は虫歯が広がっても

痛みなどは出ませんので

定期健診もしっかり通っていただくことをお勧めします。

 

 

奥歯のセラミックインレー(セレック治療)ー愛知県名古屋市の歯科

2015年06月22日

今回はセラミックを用いて虫歯治療を行った患者様を紹介します。

下の写真は、虫歯を削り穴の深い部分を樹脂で埋めて形を整えたところです。

20150629

 

この状態で型取りを行い模型を作成します。

20150629

この模型を専用の機械でスキャンして、コンピュータ上で詰め物の形を設計して、セラミックを削り出します。

出来上がってきたセラミックの詰め物を調整して装着したところです。

20150629-2

セラミックを用いた虫歯治療には金属を用いた治療に比べ多くの利点があります。

当院では、虫歯治療の際は保険の金属を用いた治療と自費のセラミックを用いた治療、それぞれの利点欠点を説明して理解していただいた上で患者様自身に選択していただいています。

詰め物被せ物の材質に関する資料もお渡ししていますので、御興味のある方は一度ご相談下さい。

状態の悪い1本の根を抜歯して歯を残した症例 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年06月15日

今回の症例は歯の一部を抜いて、歯を保存した症例です。

下のレントゲン写真の緑の矢印で示した部分で、歯の根が炎症を起こしていました。

この写真では、膿の出口から、器具を入れて部位を特定するための撮影しているところです。

 

 

20150615

当初は、根の先端の炎症だと思っていたので、根の治療をスタートしようという事になりました。

 

20150615-1

しかし・・・被せ物を外していくと、上の写真の矢印部分に亀裂が発見されました。

20150615-2

顕微鏡で拡大した写真が上の写真です。

幸い、3つあるうち1つの根が割れていただけで、残りの2つの根は問題なかったので、割れていた根だけを抜歯(抜根)し、歯の保存していくことにしました。

20150615-3

上の写真が、仮歯を入れたときの写真です。

根の1つを抜いているので、通常の歯の形とは異なります。

そのため、仮歯のときに、汚れのたまりにくい形を探しながら仮歯を調整しました。

20150615-4

これが、セット後の写真です。

患者様も、歯間ブラシを上手につかって下さっているので、汚れもあまり溜まることなく経過しています。普通のはよりはやはり弱く、予後に不安がある歯なので、これからも患者様と二人三脚でしっかりこの歯を守っていけたらと思います。

前歯の機能 ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年06月8日

今回は、奥歯を守るために必要な前歯の機能について話をしたいと思います。

 

歯は、『前歯によって奥歯が守られ、奥歯によって前歯を守ります。』

前歯と奥歯は持ちつ持たれつという事です。

 

では、その中でも特に重要な糸切り歯の機能についての話です。

 

糸切り歯は咬んだ状態で歯ぎしりしたときにこすれる事によって、奥歯が横から受ける力を逃してくれるという機能があります。

この機能が上手く働かないと奥歯から崩壊を招くことがあります。

この機能を改善するために治療をした方を紹介します。

20150608-1  20150608-2

左の写真の青矢印のところを拡大した写真が右です。

このゴールドの面を下の糸切り歯が上手く滑走することによって、先ほど話しをした機能を達成します。

ただ、今回の場合はこのゴールドと下の糸切り歯が全く咬んでいない状況でした。

20150608-3

ゴールドの詰め物を外したところの写真です。

隣の歯も虫歯になっていたので、一緒に治療をします。

20150608-4

新しく作り直したセラミックの詰め物です。

咬みあわせを調整し、下の写真のように咬んだ状態で歯を横にずらしても奥歯が当たらないように調整しました。

20150608-5

青矢印のところがセラミックを内側に貼り付けた糸切り歯です。

ミドリ矢印が、咬んだ状態で顎をずらしたときに当たっていない事が見て取れると思います。

 

新コンセプト!スポーツマウスガード Neutral(ニュートラル) ー 名古屋 栄 歯科 歯医者

2015年06月1日

全てのアスリートがもっとスポーツを楽しむために誕生したスポーツマウスガードのNeutral

20年にわたり人間工学に基づく研究とプロスポーツ選手を中心に1000名を超えるアスリートの試行を経て、実用化されたこのマウスガードを当院でご提供することになりました!!

本製品はこの春より販売を開始した、歯を衝撃から守るだけではない、新しいコンセプトに基づいた

完全オーダーメイド型のハイエンド・スポーツマウスガードです。

 

人間は5キログラムもある頭を支えバランスを取りながら生きています。

そしてその頭に1キログラム近い下あごが筋肉を伴いぶら下がって細い頸椎の上で揺らぎながら体の平衡を保っています。

あごのバランスが悪くなるとそれを是正しようと、筋肉が緊張したり、あらゆる体の部分に負担がかかります。

 

そこで顎を正しいポジションにすることで自然に正しい姿勢を保つことができるようにサポートしてくれるのが

Neutralマウスガードです。

 

従来のマウスガードは上の歯型に合わせてのみ製作するものが多く、下の歯とのかみ合わせまでは考慮していません。

 

Neutralはこのかみ合わせを認定歯科医師が採得し、経験豊富な技工士の優れた技術で作製するので、装着感が極めて良好です。

 

また、上あご全体を覆うワンピースタイプと、奥歯のみを覆うツーピースタイプの両方をラインナップしていることも大きな特徴です。

特にツーピースタイプは話しやすく、非コンタクトスポーツで、発声しなければならない方には非常に快適に設計されています。

 

マウスガード販売開始に当たり、よりたくさんの方にこの装着感を体験していただきたく、2015年6月30日までのキャンペーンを実施しています。

 

年間に2個までお作りいただけるスタンダードコースが

通常48000円(税別)のところ、42000円(税別)でご提供いたしております。

より快適なスポーツライフを楽しみたい方は、どうぞお問い合わせください。

 

 

 

このページの先頭に戻る