ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

前歯の部分矯正とセラミック治療~名古屋の歯医者

2015年11月30日

前歯の被せものをきれいにやり替えたいとのことでご来院された患者様のご紹介です。

写真のように向かって左側の前歯に金属に陶器(セラミック)を焼き付けた被せものが入っており、歯茎の際には金属色が見えてきており色調も調和していない状態でした。

20151130-2

さらに下の前歯の並びが不整なことで上の前歯との当たりが強く、せっかく上の前歯の被せものの治療をしてもそれを割ってしまうような力がかかる可能性が考えられました。

20151130-3

 

そこで下の歯を前歯のみ矯正し、凸凹を無くし、上の被せものを行う治療計画となりました。

矯正は数本といえどもあまり強い力でぐいぐい動かしてしまうと、歯や周りの骨に大きな負担がかかる上、かえってスムーズに動かなくなってしまいます。矯正治療を進める4~6か月の間に上の被せものの神経の治療のやり直しを行い、歯の色を明るくするためのホワイトニングも行っていきました。

20151130-220151130-620151130-5

治療前と治療後の比較です。

下の前歯の歯列不整がなくなり、上の前歯も向かって右上の健康な歯との色調、形、大きさも調和が取れ美しい口元になりました。

オールセラミックで治療しているので歯茎の周りに金属色がでることもありません。

装着から4年、見た目も変わらず患者様は大変喜んで下さいました。

 

 

セラミック治療

2015年11月23日

今日はセラミックによる詰め物の治療の紹介です

この方は下の奥歯(向かって右から2番目)の金属の詰め物の下

またその歯の違う部分に虫歯ができていました

2015.11.28.6

レントゲンでも確認し

セラミックによる詰め物で治療することにしました。

虫歯を除去し、詰め物が入るように形を整え

2015.11.28.2

そしてコンピューター上で設計し、詰め物をセットしました

2015.11.28.3

2015.11.28.4

赤く見える点は咬みあっている部分の確認時に印記されるもので

咬み合わせも確実にチェックし、

2015.11.28.7

こうなりました。

患者様もとても満足されていました。

セラミック治療に興味がある方は是非ご相談下さい。

 

治療期間が短く、歯をほとんど削らない前歯のCR治療~名古屋の歯科

2015年11月16日

今回は、前歯の古い詰め物の形や変色が気になるので治療したいとご希望だった患者さんを紹介します。

20151119-2

前歯の真ん中に樹脂の材料が詰められていますが、変色していることがわかります。

また、詰め物の形が左右非対称であるためそれが余計に目立ってしまっています。

治療法の選択肢を説明して患者さんと相談し、今回は同じ樹脂の材料で詰めなおしを行うこととしました。

まず1回目の来院時に型取りを行い模型を作り、現在の詰め物の状態や詰め直しを行う際の全体的なバランスを診査します。

2回目の来院時に古い材料を削り虫歯がないか確認した後、

20151119-3

詰めなおしを行いました。

2015.11.19-1

治療はこの日の内に終了しています。

この樹脂の材料(コンポジットレジン)を使用した治療のメリットは、歯を削る量を最小限に抑えられることと、治療回数が少なく済むことです。

前歯の古い詰め物の変色や見た目が気になるという方は、一度是非ご相談下さい。

虫歯になってしまった銀歯をセラミックにする治療-名古屋市矢場町駅近くの歯科・歯医者

2015年11月9日

今回はセラミックによる虫歯治療です。

20151109-2

上の写真は上の歯の写真です。向かって右側の銀歯の下が虫歯になっていました。

20151109-3

この写真は下の歯の写真です。左右の奥歯の銀歯の下が虫歯になっていました。

さらに、向かって右側、奥から二番目の銀歯の手前の歯にも虫歯がありました。

セラミックによる治療を希望されたので、銀歯を外してセラミックを装着しました。

20151109-1

20151109-4

上下の銀歯を外してセラミックの詰め物を装着しました。

下の写真の向かって右側、奥から二番目の虫歯はとても範囲が小さかったので、

プラスチックの詰め物をしています。

セラミックの詰め物は、審美面で優れているだけでなく、

銀歯と比較して虫歯になるリスクが低く、歯にとても優しい材料です。

 

虫歯で悩んでる方、銀歯の見た目が気になる方、是非一度ご相談下さい。

 

セラミックインレー(詰め物)治療-名古屋市中区栄の歯科・歯医者

2015年11月2日

こんにちは

今回はセラミック治療の紹介です

この方は初診時、ゴールドの詰め物が入っていましたが

ブログ用テンプレート横1

その後数年経ち、久しぶりに来院された際

虫歯になっていることが分かりました。

そこでセラミックをお勧めし、同意を得たので

このように広がっていた虫歯を

ブログ用テンプレート横2

染め出しをしながら確実に除去し

形を整えてから

ブログ用テンプレート横3

セラミックの詰め物が入った状態がこちらです。

 

ブログ用テンプレート横4

セラミック治療はこのように見た目も問題なく

その後、虫歯にもなりにくいのでお勧めです。

 

 

このページの先頭に戻る