ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

セラミック治療

2017年08月28日

矢印の歯にう蝕があるため、セラミックにて修復を行った症例です。

黒くなってしまっている部分にう蝕がありました。

再度、う蝕になりにくい材質であるセラミック治療を選択されました。

 


 

1日でのセラミック治療

2017年08月21日

 

今回は、写真から見てもらいました。

青矢印が付いている部分の治療を希望されて来院されました。

話を聞くと、数カ月後には転居してしまうことと基本的に仕事の都合で土曜日にしか来れないということでした。

 

通常、虫歯治療ですと、1本の歯を治すのに2回づつくらい来院していただいて治療をしていきますが、事情がある場合には集中治療をすることがあります。

 

この方は、神経の治療はする必要がなかったため、詰め物での集中治療を計画しました。

 

上の写真が治療終了後となります。

この集中治療に関しては、全て保険適用外での治療となっている為、前後で見比べても分かりにくいかもしれませんが、セラミックや保険適応外CR(コンポジットレジン)を使用して治療を完了しております。

まずは、虫歯の具合などを診察してみないと、回数と費用が出せない為、ご希望の方は診察前に、本院スタッフまでお問い合わせください。

前歯の破折 インプラント治療

2017年08月14日

この方は前歯のかぶせ物が取れたとご来院されました。


拝見すると被せ物を支えていた歯の根が真っ二つに割れていました。こうなってしまうとこの根をもう一度使って被せ物をやり直すことが出来ず、このままこの歯を置いておくと破折したところから細菌が侵入し、歯の周りの骨や歯茎を悪くしてしまいます。

この方は両隣の歯が健康だったので左右を削らずに見た目と機能が回復できるインプラント治療を希望されました。レントゲンで見るとチタンの杭が骨の中にあるのが分かります。

外観は周りの歯とも調和のとれた仕上がりになりました。


セラミック治療

2017年08月7日

こんにちは

今日はセラミックによる虫歯の治療を紹介させて頂きます。

この方は向かって右から2番目の詰め物の下に虫歯ができていました


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

(下レントゲン画像で緑線内)

そして一番右の歯は金属の詰め物で

右から2番目の歯はセラミックによる治療を選んでいただきました。

これが治療後になります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

向かって左側から2番目になります。

患者様にも満足して頂けました。

このページの先頭に戻る