ナディアパークデンタルセンター|名古屋市中区の世界標準の歯科医院・歯医者 栄 伏見 矢場

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

歯の移植(親知らず)

2018年07月30日

今回は ”歯の移植” についてです。親知らずの手前の歯が虫歯になっており、親知らずが倒れてきています。放置することによって手前の歯の上に寄りかかってきてました。

この段階では親知らずが邪魔で被せ物が入りません。

治療の選択肢として

①親知らず抜歯、手前を補綴治療

②親知らずを後ろへ動かし(矯正治療)、手前を補綴治療

③手前の歯を抜歯、親知らずを移植

④手前の歯を抜歯、親知らずを手前に動かす(矯正治療)

があります。ここに➊矯正治療の費用、月日 ➋失活歯の予後 ❸移植の成功率 ❹患者様の通院可能期間 など、様々な要因が加わり、治療の選択が決定します。今回の場合はそもそも❺歯の大きさが移植できる大きさか、ということも検査する必要がありました。

今回は相談結果、歯のサイズも許容範囲ということと、相談の結果、抜歯して親知らずを移植という選択をとりました。

移植後は➀歯が定着するか②咬合力に耐えれるか(機能)などを経過観察していきます。もちろん、移植したものの、定着せず抜けてくるときもあります。このリスクにもご理解いただく必要があります。

今回は歯の移植後、動揺も少なく、後に歯内療法、補綴治療へと移行していきました。(歯を一度抜くことによる中の壊死した神経を取り除く必要があります)

治療期間は移植から歯内療法、補綴治療まで、回数は約10回、約半年(歯の定着をまつため)は経過を診ていきます。回数に関しては治療時間や歯の状態次第で回数が前後しますので、おおよその回数と月日になります。歯の移植に関しては親知らずに関しては保険適応の範囲です。もしカリエスなどで抜歯となったとき、親知らずがあれば処置の選択肢に入ります。

セラミック治療

2018年07月23日

今回はセラミックによる虫歯治療です。

樹脂の詰め物の下に虫歯ができたため、セラミックによる虫歯の治療を行ないました。

セラミックのメリットとして、長期的に安定しており、審美的に優れています。また、接着させることで虫歯になりにくくすることができます。

治療回数は2回、治療費は8万(税別)です。

何度も虫歯になり悩んでる方、ご相談ください。

セラミック治療

2018年07月17日

こんにちは。

今回は金属をセラミックに変えた症例です。

写真の→の歯を変えました。

セラミックのメリットとして、汚れが付きにくく虫歯になりにくい、金属アレルギーの心配がないなどのメリットがあります。

費用は1本8万円(税別)

回数は2回となっております。

気になる方はぜひご相談ください。

ダイレクトボンディング

2018年07月9日

今回は、ダイレクトボンディングです。

簡単に言うと、コンポジットレジン(CR)で治療をしたという事です。

この方法は、金属ではないので、熱による変形が少ない利点があります。

保険適応の金属の場合、熱変形が大きいので、金属を付けているセメントがはがされる方向に働き、2次的な虫歯や金属が取れるという事が起こります。コンポジットレジンの場合は、上記のようなことはありません。

しかし、強度的には金属ほどの硬さは無い為、適応される部位によってはすぐに壊れてしまうという事もあります。

今回のような形であれば、ダイレクトボンディングの適応となるので、この方法を選択しました。

  

 

今回は、保険を使用せず自由診療で治療させていただきました。

金属の切削粉などが口の中に置いていかないように、ラバーダム防湿(ゴムのマスク)をして、金属を除去したのちに、コンポジットレジンを詰めていきました。

先にも挙げたように、自由診療で治療をさせて頂いたので、1本あたり約3万円と時間は70分ほどかかりました。

銀歯のやり替え セラミック治療

2018年07月2日

全体をセラミックで治療なさった患者様。

上下ともに過去に治療を受けたところの銀歯の下に虫歯が出来てきていました。

銀歯は歯と接着することが出来ないので、歯と銀歯との間にあるセメントが劣化してくると隙間が出来て2次虫歯を誘発します。

セラミックは歯と接着させることが出来、表面も滑沢なので2次的な虫歯を起こしにくいことが特長です。

セラミック治療

詰め物             ¥50,000~120,000(税抜き)

被せ物    ¥100,000~170,000(税抜き)

治療回数   1歯当たり2回程度

となります。詳しくはご相談ください。

このページの先頭に戻る