対談|ナディアパークデンタルセンター(歯科・歯医者) 名古屋市中区栄 伏見 矢場町 大須

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

ドクターメッセージ

  • 飯田吉郎
  • 富田慎
  • 玉田慶宏
  • 山田しのぶ

飯田吉郎

飯田吉郎

先生にとっての「歯科医療」とはなんですか?

歯科医療は、次のように私は定義しています。

「自分にとっての歯科医療」
仕事であり、大きなやりがいを感じることであり、人生でもあります。

「患者様に対して私が考える歯科医療」
医療人として、そして人として、まっとうな治療を届けたい。

歯科医療は、非常に小さな領域での作業となりますので、正直、患者様はその治療の良し悪しを明確に理解することが出来ません。そのため、ごまかそうと思えばいくらでもごまかすことができる領域でもあります。しかし、それをやってしまうと、そもそも「医療人」ではなくなりますし、「人」でもなくなります。

院長

私はこの仕事、そして自分が提供している治療に誇りを持っています。
その誇りを自らの手で汚すことは自分自身を裏切ることになります。

どのような状況であったとしても「ごまかさない医療」「手を抜かない医療」。

非常に当り前のことですが、これが私の行動指針の1つであり、医院としての行動指針の1つでもあります。

患者様とはどのような関係性を築いていますか?

治療になると、やはりどの患者様も最初は緊張されていますので、その緊張を極力緩和させるような環境作りをしています。

その中で特に意識して行っていることは「患者様のすべての言動に敏感になる」ということです。患者様は言葉だけでなく、さりげないしぐさから私たちに多くのメッセージを送ってくれています。もっと言ってしまいますと、雰囲気、立ち振る舞い、身振り手振り、表情の方が、言葉よりも雄弁に患者様の想いを伝えているものです。私たちはそれに敏感に反応し、患者様が本当にして欲しいことを把握する必要があります。

ドクター

また、一昔前までは、暗黙の了解として、ドクターが上、患者様が下というような上下関係が存在していました。これでは患者様の想いが反映されない、術者側の独りよがりな治療になってしまう傾向があります。

それではいけません。

患者様との立場関係に関して、当院は基本的に「対等・同じ目線」での関係性を築いています。
しかし、そこには「医療人としての品位と威厳」は失なわずにという前提があります。
術者側にこの品位と威厳という「意識」が失われてしまうと、「プロ」という認識が希薄になります。
患者様の身体を預かる私たちはそれを失ってしまってはいけません。
また、身体を預けて下さる患者様にとっても、私たちは常に「プロ」であり続けて欲しいと思っています。

ドクター

最近では、「患者様と対等である」という言葉をうのみにしてしまうドクターが多くいます。 しかし、それだけでは患者様との本当の信頼関係は築けないと私は考えます。

これまでの人生でターニングポイントはありましたか?

もちろんあります。
大学卒業後すぐに勤務した院長先生の教えが今の自分の基盤となっています。
この先生からは次のことをよく言われました。

自分が行った仕事の記録を残しなさい。しかも綺麗に。それが自分の足跡となります

その当時は、この言葉の本当の意味は理解せず、ただただ、自分が治療した症例を写真に収め、綺麗に保管していただけでした。

しかし、この習慣を続けていたある時、初めてその言葉の意味を理解しました。

「何事もやりっぱなしだと深く考えることはない。しっかりとした形で記録に残すことで、
自分の治療を見つめなおす機会が与えられ、そこで初めて成長が生まれる」

時間的な制約もあり、詳細な記録を付けることは非常に大変ですので、多くのドクターがこれを徹底的に実践しているのは稀です。

ドクター

しかし、これを継続することで自分のやっていることに対しての意義、やりがい、誇り、面白さが生まれてくるものです。

今現在、私は人を指導する立場にいます。
もちろん、この教えをしっかりと伝えています。
もっと、もっと、この仕事に誇りを持ち、好きになってもらえるために。

患者様に伝えたいこと

当院は、「世界レベルの医療技術・設備」を整えた総合歯科医院です。
これは誇張ではありません。

そして、世界レベルという事は、材料・テクニックなどすべて含め最良の治療を受けられるということでもあります。

これをこのような場で宣言することは医院経営をする上で1つのリスクと考えることもできます。
しかし、それを宣言できないという事は、患者様の身体を預かる医療従事者として失礼に当たります。

患者様にとって我々医療人は最後の砦なのですから。

現状に決して甘んじることなく、万全の態勢を常に維持させること。
これが、心から私たちに頼ってきて下さる患者様への最低限の礼儀と私は考えます。

富田慎

富田慎

この仕事をしていての「やりがい」を教えてください

かなり昔、歯がないおばあさんの治療をした際、「お豆さんが食べれるようになったよ。ありがとう」とおっしゃって頂いたことを今でも鮮明に憶えています。私たちにとって、失ってしまった歯をインプラントや入れ歯などで治療をし、以前のように噛めるようにすることは当然の仕事ですので、その当時は、患者様から頂く感謝の声は、それほど私の大きなやりがいになっていたわけではありませんでした。しかし、このおばあさんから頂いた言葉は、なぜかこれまでと違う重みを私は感じました。

富田ドクター

なぜ、これまでにない重みを感じたかというと、「食事がおいしくたべられる」という事の重大さを本当の意味で実感できたためです。

つまり、私達、歯科医師が行っていることは単なる治療ではなく、「人の人生を少しでも幸せにできる可能性を持った治療」であるということを改めて気づかされ、やりがいと共に大きな責任を感じるようになりました。

これまでの歯科医師人生、大きなターニングポイントはありましたか?

大学の麻酔科にいた時の経験が、今の私の基礎となっています。
その当時の先生は非常に厳しく、やめる人もたくさんいる有名なところでした。

ここでは様々なことを教わりましたが、特に自分の歯科医師人生のターニングポイントとなったことがあります。

それは「科学的なものの考え方とその実践」です。

歯科医療はエビデンス(科学的根拠)に基いた治療でなければなりません。
つまり、様々な検証がされ、効果があると立証された治療でなければならないという事です。医療の世界は日進月歩であり、まだ科学的根拠が立証されない段階で治療に利用されることもあります。しかし、患者様は実験台ではありません。しっかりと科学的根拠に基き「本物を見極める目」を養う大切を学びました。

飯田院長と分析をする富田ドクター

そして、いくら科学的根拠があったとしても、実際に治療をし、その責任を取るのは自分自身に他なりません。そのため、当時の先生からは「必ず自分の目で確かめろ!」と何度も何度もいわれたことを今でも思い出します。

これらは医療人としては当然のことです。
この仕事は、患者様の身体に介入する仕事です。
場合によっては「命」、そして「その人の人生」を預かる仕事ですので、どのような妥協も許されてはいけません。

ここでは私の基礎となる、医療人としての考え方、行動規範を学ばせて頂きました。

歯科医療に携わる上で「譲れない」部分はありますか?

自分に正直に生きる」ということでしょうか。
これは人生を歩むうえでも、医療に携わる上でも同じ考えです。

医療に関してお話しすると、「自分に正直に生きる」ということは「自分に妥協しない」ということと、私の中では同一の意味となります。

そのため、常に、自分の行った日々の診療を振り返り、妥協はなかったかと自問自答します。
「もっとこうやればよかったのではないか・・・」「もっとこうすれば早く治療をすすめることが出来たのではないか・・・」など。

これまで自分自身に100点を与えたことはありません。
自分自身に100点を与えることは1つの妥協だと私は考えます。

私の身体が続く限り、常に100点をめざし、試行錯誤する。
この姿勢が大切だと私は考えます。

ナディアパークデンタルセンターを一言で表現すると?

自分たちの技術に誇りを持ち、日々それを実行できるよう、すべてを怠らない医院』 手前味噌ですが、これが本心です。

患者様へのメッセージ

当院ではどのような状態の患者様でも対応できる総合医院であることを自負しております。そして、どのような患者様でも必ず満足して頂き、かつ、絶対に治すという気持ちで常に向き合っています。

しかし、歯科医療は私たちだけが頑張ったとしても限界があります。
患者様も「絶対に治したい!」という強い想いがあることで本当によい治療が達成できるのです。

笑顔の患者様と富田ドクター

この想いに共感して頂ける方、是非、共にお口の健康、ひいては身体の健康を追求していきたいと思っております。

玉田慶宏

玉田ドクター

なぜ歯科医師を目指されたのですか?

歯科医師である父の影響です。

今でもよく覚えているのですが、小学生の時、前歯を折ってしまい、急遽、父が働く歯科医院に行くことになりました。

そこで、初めて仕事をする父を見たのですが、普段とは全く違う姿に驚いたのを今でも憶えています。

玉田ドクター

患者さんを診ている父は、真剣な眼差しで患者さんと向き合っていました。
そして、小さい子供からお年寄りまで、多くの方に慕われ、感謝されている、そんな姿を見たんです。
普段見せないその姿は、当時の自分にとって、非常に誇らしく、そしてかっこ良く映りました。

時を経て、進路を考える時期になり、「自分は何がしたいのか?」「どんな人間になりたいのか?」を真剣に考えた時、昔見た父の姿が自然と頭の中に浮かんできました。

父のようになりたい・・・・。
父のように、自分の仕事に誇りを持ち、悩まれている方の力になりたい・・・。

この想いが、私をこの道に進ませた一番の理由です。

ナディアパークの魅力を教えて下さい

ナディアパークの魅力は、「技術力と想いの強さ」です。
ここで働くスタッフは、日々、技術研鑽の時間を惜しみません。そして、当然の基準として、モチベーションを高く持ち続け、妥協のない最善の治療すること徹底しています。

玉田ドクター

その背景には、飯田先生(理事長)と富田先生(副理事長)の存在があります。

このお二人の世界レベルの技術を間近で見て、治療に対する想いの強さを感じ、スタッフ全員が「一緒に高いレベルの医療を目指したい」と思うようになりました。

このように皆が高い志を持ち歯科医療に向き合っているので、多くの患者さんから、信頼を得ているのだと思います。
現状に慢心することなく日々、より良い医療を目指せること。そして医師として誇りを持って仕事ができる、この環境に感謝しています。

歯科医師として印象に残っている出来事はありますか?

そうですね、研修医の時の出来事が一番印象的かもしれません。

勤務して間もない頃、急遽でしたが、患者さんの入れ歯を製作することになりました。
当時は右も左もわからない中ではありましたが、患者さんの納得いく入れ歯を製作するために、試行錯誤を繰り返し、「自信を持って大丈夫」と思える入れ歯が出来上がりました。

「具合どうですか?」とお聞きしたところ、「今までと全然違います!これでやっと噛めるようになりそう。本当にありがとうございます。」と言っていただけたのです。
その時の患者さんの笑顔は今でも忘れられません。

患者さんは、1人1人様々な悩みを抱えて当院にいらっしゃいます。その悩みや苦痛を和らげることができるのは、我々しかいないですし、それをクリアにするのが歯科医師としての務めです。

玉田ドクター

自分の治療技術が、患者さんの喜びに直結します。

そのため決して、妥協せずこれからも技術の向上をしていかなければなりません。
また、ただ歯を治すだけの歯科医師でなく、1人の人間として患者さんにしっかり寄り添い、「自分と会うことで少しでも前向きな気持ちになってもらえる」。
そんな元気を届けられる歯科医師になりたいと思っています。

山田しのぶ

山田ドクター

どのような診療を担当されていますか?

私は出産を経験してこの仕事への関わり方が大きく変わりました。

以前までは広く一般歯科診療を担当していましたが、産休と育休を頂いて復帰してからは、妊婦さんや乳幼児、 そしてママのサポート(治療・相談)を行う「マタニティ歯科」をメインで担当させて頂いております。
ずっと脇目も振らずにひたすら歯科の道を走ってきましたが、妊娠して自分のキャリアをストップさせた時、たくさんのことを考えました。

「自分の子どもを早くから預けて働くことはどうなのか・・・」
「どういう形で仕事に戻れるのか・・・・」
「今後、ナディアパークにどう貢献できるのか・・・」

働くということ、そして歯科に対する想いを見つめ直すよい機会でした。

山田ドクター

出産し、家で子どもと過ごしたり、ママ友と話をしたりしていると、子供を持つ親御さんの歯科に対しての知識がまだまだ浸透していないこと、
そして子供の歯の健康を守りたいのにどうしたらいいかわからず、悩んでいる姿を目の当たりにし、
親御さんのため、そして未来を担う子供の為に「もっともっと歯の大切さ、そしてむし歯にならないためにはどうすればいいか」
などを広めなければならないという気持ちが自然と湧き上がってきたのを今でも憶えています。

「もう一度、歯科医師として大切なことを皆さんに伝えていきたい!」
「ママたちの不安な気持ちをサポートしたい!」
「出産や子育てを経験した今だからこそ出来ることを患者様に還元したい!」

今までにない新たな使命感をもって、この「歯科」という世界に戻る決意をしました。

妊娠出産を機に来院しなくなる方がいらっしゃいます。
色々と忙しくなり、そしてどうしても子どもが第一優先になりますので、自分の事は二の次になってしまうママたちが多いのではと思います。

これまでは、「しょうがない」こととして理解していましたが、今は、そのような方をしっかりとサポートしなければならないという強い想いがあります。

歯科の役割は「治療」だけではありません。
事前に「情報をご提供」し、正しい知識を付けて頂くことで、間接的にママとそのお子さんのお口の健康を守ることができるのです。

このことをもっと多くの方に知って頂くことが、今の私の役割だと思っています。

歯科医師として、一番大切にしていることは?

「先生と患者様」という関係ではなく、「人と人」という関係を大切にしています。

山田ドクター

患者様には「治療」以外にも、悩みや願望など、医院に来られた理由があります。
治療する側・される側という関係性では、その「悩み・願望」に気づくこともできないですし、かつ、それを配慮した処置は行う事ができないと思っています。

「治療」をすることは歯科医師であればできて当然です。
私はそれだけの歯科医師にはなりたくはありません。

悩み・願望にしっかりと寄り添い、それらを可能な限り解消してこその「歯科医療」ですし、治療を終えた後の日々の生活を、少しでも笑顔で過ごして頂けるようにすることが「本当の仕事」だと思っています。

読者にメッセージをお願いします

女性には、出産や子育てなど身体の変化・生活の変化がたくさんやってきます。
そして、その時期を迎えると、本当に慌ただしくなりますので、自分のことは二の次のなってしまうことが多いはずです。

しかし、そうなってしまう前に、正しい知識をつけておけば、ご自身の取り組み方や、お子様の健やかな成長を促すことができます。
ですから、妊娠されている方、育児をされている方だけでなく、これから結婚を考えている女性の方も含め、 「歯」についてもっと興味を持っていただきたい。
「歯を大切に育てる事」は、子育てをする上で、みなさんが考えている以上に大切なことです。

山田ドクター

この文章を読んで、少しでも興味が湧いたり、
気になることや不安なことがあれば、
いつでも、そしてなんでも相談してください!
どんなときも、全力でサポートいたします!

それが私のやりがい・生きがいです!!

このページの先頭に戻る