可能な限りの無痛(痛くない)虫歯治療|ナディアパークデンタルセンター(歯科・歯医者) 名古屋市中区栄 伏見 矢場町 大須

ナディアパークデンタルセンター

キービジュアル

可能な限り

  • 痛くない
  • 削らない
  • 美しく

ナディア式
-可能な限り「痛くない」歯科治療

可能な限り痛くない歯科治療

「痛み」は誰にとっても嫌なものですよね。
最近では歯科医療も進歩し、可能な限り痛くない治療が可能になっています。
ナディア式の「可能な限り痛くない歯科治療」をご紹介いたします。

Step1 表面麻酔

麻酔薬希望があれば、事前に、注射する部分に麻酔液を塗ります。これにより注射時の痛みを無くします。

Step2電動麻酔注射の利用

電動麻酔注射急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。
そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射」を導入し痛みを最小限に抑える工夫をしております。
また、ケースによっては手動の方がよい場合もありますので、「電動麻酔注射」と「手動」を併用しています。

Step3解剖学的なテクニックの駆使

解剖学的なテクニック可能な限り痛みを感じさせないためのテクニックを駆使します。
お口の中には痛みに敏感な部分と鈍感な部分がありますので、鈍感な部分にまず麻酔を打ち、徐々に麻酔の範囲を広げていく方法も行っています。

5倍速コントラまた、患者様が虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の」があります。
当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。
具体的には「5倍速コントラ」という機器を使うのですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、その分、機器の音が格段に小さくなります。

ナディア式
-可能な限り「削らない」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。
そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなります。
当院では、生涯ご自身の歯で健康に生活して頂くために「可能な限り削らない」ことをモットーとしており、設備を整え、治療技術を学んでまいりました。
どのようにして、可能な限り「歯を削らないのか」をご紹介します。

こだわり1.視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

拡大鏡を用いた治療

拡大鏡イメージ

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。
従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では「拡大鏡」や「マイクロスコープ」というものを利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っています。

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然です。

肉眼で見た写真
肉眼で見た場合
拡大ルーペで見た写真
拡大ルーペで見た場合

こだわり2.虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを染める薬剤です。
虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分を完全に除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。しかし、この方法では、感染部位を確実に、そして正確に除去することはできません。
しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が青く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

ナディア式
-可能な限り「美しく」する治療

当院では患者様の「健康」、そして「口元の美」を考慮し、白い詰め物で対応しています(メタルフリー治療)。

  • 治療前 治療後
  • 治療前 治療後

皆さんはあまり認識されていないかもしれませんが、銀歯を付けていると金属イオンが流出し、「体の健康を害する」ことがあります。例えば、「皮膚のかゆみ・かぶれ」「アレルギー性皮膚炎」「じんましん」「頭痛」「肩こり」。
その他、「色が目立つ」こともそうですが、「歯茎に金属イオンが沈着」することで、見た目が悪くなってしまう事もあります。

イメージ画像1イメージ画像2イメージ画像3

見た目、そして身体の健康を意識される方。一度、当院にご相談ください。

ナディア式
-可能な限り「神経を残す」治療

バイオセラミックイメージ

虫歯が進行すると神経まで達します。通常は虫歯菌に感染した神経を除去する必要があります。

しかし、神経を除去してしまうと、歯は「枯れ木」のように徐々にもろくなってしまい、最終的には抜歯の運命をたどることが多くなります。

当院では可能な限り歯を守るため、神経を可能な限り残す処置を「バイオセラミック」という歯科材料を活用して行っています。

虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

かぶせ物かぶせ物かぶせ物

よく知られているのは、「銀歯」と呼ばれているものです。
これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

一方、保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

当院では患者様のお口の状態、お好みなどをお伺いし、もっとも適切な素材をご提案させていただいています。

詳しくは審美歯科をご覧ください。

このページの先頭に戻る